新型サーフェスはマンガ家のために!

  • 投稿日:

5月26日、Microsoftの発表会に行ってきました。

IMG_5981.JPG
Surfaceの新型(Pro5ではなくSurfaceProという名前)が水曜に香港で発表されまして、遅れて日本でも発表するんだろうな。もう知ってるよ。
というテンションの低さで見ていましたら、いきなり違うやつが出ました。
Surface Laptop
薄いノートPC。DSC01628.jpg

おおー? 
Surfaceのデスクトップ用のでっかいやつの新型も。

DSC01620.jpg

そしてタブレットのSurfacePro、の3つがファミリーとして登場しました。
どれも指先一本で動くほどスムーズにモニターの位置や角度を調整できる。ノートとタブレットはバッテリーが13時間、ということでほぼ1日使えるものになってます。

DSC01677.jpg

そのあたりは今月末に発売するゲットナビでマンガを描くので、詳しくはそちらで。

ポイントはこの新型につく「ペン」ですよ。DSC01650.jpg
何度も描いてきましたが、Surfaceは3からペンが糞でした。もうほんど酷かった。
Surface2までのワコムと手を切って、イスラエルのN-trigというメーカーと一緒になりまして、しょぼいペンになってしまいました。そのために絵描きはわざわざワコムが使えるサーフェス2を買ったりしたものです。
3で糞だったものが、4ではかなりマシになりました。ボールペンくらいの書き味があるので、ビジネスマンがメモをとったり、簡単な図を描いたりカラーでマーキングしたりと、相当使えるようになったんですが、プロのマンガ家がクリップスタジオでペン入れをする。という用途にはとてもとても、というものでした。

そして今回のペンですよ。

IMG_5982.JPG
4000いくつ(正しくは4096)という階調。めちゃくちゃSurfaceのスタッフはペンを重視しているのがわかるプレゼンでした。
この新しいペンはかなりいいんじゃないだろうか。ということでクリップスタジオで描かせてもらいましたよ。

DSC_0117.JPG

おおおー。
結果的には、まだちょっと堅い感じがあります。
もっとファーストタッチが敏感であって欲しい。間の階調が4000あろうが10万あろうが、一番優しく触ったときに引ける線の細さが大事ですよね。
でも4までとは明らかに違う。十分使えるレベルまで来ましたよ。N-trigなのに(笑)
ここからクリスタなどのアプリとの調整をするそうで、相当期待できます。

そしてもうひとつ、発表会では言っていなかったんですが、直接トップに聞きました。
「自分はマンガ家でSurfacePro4ユーザーです。新しいペンはSurfacePro3まで対応する。という発表をウェブの英語サイトで見ました。それは新しいペンでもSurfacePro4で使える。という「ただ使える」というレベルの上位互換なのか、今回の4000階調というクオリティで使える完全互換なのか。どちらですか」

「おお、それはとてもいい質問だよ。君のSurfacePro4でも、これから更新されるファームウェアアップデートをすることで、新しいペンを使うことができるよ。4096階調でね」「ただし、古いペンは同じままなので傾き検知などは使うことはできないから注意だ」

やったー! これでSurface最大の弱点だった糞ペンが、素晴らしい機能に生まれ変わる! 
(そしてもう一つすごいニュースを小耳に挟んだんですが、まだ内緒なので、しばらくしたら書きますね。マンガにかけるかギリギリだなー)
もうマンガ家はマックじゃなくてサーフェス使えばいいと思うよ。
コミスタもクリスタも軽々立ち上がるし、画面に直接描けるし、物理的に薄くて軽い。旅行先でも大丈夫。これさえあれば他に何もいらない。が本当に来ました。DSC_0120.JPG
後はUSB-Cで充電できたら完璧だったんだけどなあ。