日記046 戦いすんで日が暮れて

6月21日(火)
5時半起床。平和がやってきたことにまだ体が慣れていないので、長く寝ていられない。
とりあえず英会話の本を読んでみたり。

髪の毛が伸びっぱなしなので床屋へ。
高地キャンプから降りてきた登山者のように、歯ブラシや石鹸などドラッグストアで消耗品を買う。
ゴキブリを凍らせて殺すゴキジェットを見つけた。
これ発売禁止になったと思ったら、また出てきたんだ! とレジに持って行くが1800円もすることに気づいて、すいませんこれやめます。とひっこめた。
だったらスリッパではたくわ。

TSUTAYAにふらっと入ったら、新作含めて5枚で1000円。とあったので、「スターウォーズ」「オデッセイ」などをごっそり借りてしまった。1週間で見ることができるだろうか。
オデッセイは3Dバージョンが2枚あったがどちらもレンタル中。
1週間貸出し、というのはソフトが空かない、ということでもある。数が少ない3Dは2日くらいで返却してほしい。
ちなみに3Dの映画は、ソニーのヘッドマウントディスプレイで見てます。

これ3Dメガネで分離しているのではなく、両目それぞれに画面を映すしくみなので、普通の映画館よりくっきり飛び出して大変に美しいです。

嫁も息子もこのヘッドマウントディスプレイが苦手で、数分見ると気持ち悪くなってしまうそうで、無理やり2時間の映画を見せたら俺のベッドで吐き戻したからね(笑)
VRの普及はそこにも弱点がありますなあ。

吉祥寺あたりまで出かけようかと思ったが、思ったより体力が落ちていて、やけに眠いので、家に帰ってビールを開ける。眠くて2時間の映画を見るのはつらいので、真田丸を見る。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月22日(水)

朝からザーザー雨が降っている。
今日はテニスの予定だったのに。と舌打ちしながら英会話。
アップルウォッチを見ると午後から雨が上がるという。おや? もしかしてできる?
やる。
とフェイスブックで連絡があり、テニスにゴー。
初めてTHETAを持って撮影してみた。

一枚で全部撮れるカメラは注目度が高い。フェイスブックが360度撮影画像を表示できることも大きい。

アップしてみたらnoteは動かせる写真としてはアップロード出来ない仕様ですね。これをスマホの特定のアプリで動かすと、VRになる。
まわりに見せると評判もいい。
VRは何万円もするPSVRやヘッドマウントディスプレイより、スマホを装着するだけの数千円のゴーグルから火がつくかもしれない。
VRエロ画像が置いてあるところはだいたい把握したが(笑)、日本で買うと高いね。やっぱり撮影に何人も必要だからかしら。早く数百円でダウンロードできるようになればいいのに。

テニスの後は銀座へ。
さいしょ。というお店でうに三昧。
1万5千円で飲み放題ついて、うにがしこたま出てくる。

昔の銀座のイメージだと、この肉巻きうに「うにく巻」ひとつで、この値段になったんじゃないですかね。いろんなものがお安くなっているのは、悪いことばかりではないのです。
当分うにはいらない。というくらい堪能。360度カメラも撮りまくった。
某売れっ子漫画家さんが「テレビのドラマが終わると作品が終わってしまったと思う人が増えて困る」とこぼすと、某売れっ子漫画家さんが、「ほんっとそう! 映画もそう。漫画は何年もかけてキャラクターを育てていくのに、テレビや映画は3ヶ月単位で消費していくからつらい」と次元の高い会話をしていた。
この前島本先生も「ドラマになっても漫画の単行本は全然売れない」とこぼしていたが、そんなもんなのか。
帰り道、下北沢のバーでちょっと飲んでから帰宅。もちろんバーも撮影した。
カメラ撮りたい欲は十分満喫した。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月23日(木)

英語2時間。「ぜったい音読続挑戦編」難しいなー。途中から難易度が跳ね上がる感じ。まあまだ1周めだからぼちぼちやろう。
ジョギングやってボイトレやってのんびりしているとすでに午後2時を回っている。あー、のんびりした日常だ。
とりあえず、借りた映画を消化しなければと「オデッセイ」

うん! やっぱり面白い。
雰囲気は「ゼロ・グラビティ」に近い。そこに「アポロ13」をまぶした感じでとても好物。
ブルーレイ3D買おうかなやんだけど、まあ買わなくても借りればいいかな。
「ゼロ・グラビティ」は買って見て、とてもおもしろかったけど、1度しか見てないからなー。もう昔のように同じ映画を何度も見る元気はなくなっている。「ルパン3世カリオストロの城」は20回以上見ているし、「未来少年コナン」も数えられないほど見た。宮崎アニメばっかりか。
「12人の怒れる男」「アマデウス」「エイリアン」「ブレードランナー」「シャイニング」あたりも、ビデオが珍しかった時代に人に見せるたびにいっしょにみたのでほとんどのセリフを記憶してしまっている。
もういまは見たかったらその度に借りた方が安上がりだ。
ビール飲んで転がったらすぐに夜中になった。
平和だ。

イギリスの国民投票でEU離脱が過半数を超えたというニュース。へええ、どうなるんだろう。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月24日(金)

英語1,5時間、ジョギング1時間。ボイトレ40分。そんなこんなで午前が終わる。
筋トレも始めたいが時間がない。やることいっぱいあって困るわ。
「スターウォーズ7/フォースの覚醒」

映像のクオリティは期待以上。おー、画面綺麗。と思ったが、お話があまりにエピソード1に似すぎじゃね?
ずっとどこかで見たような既視感との戦い。
ファンはこういうのが見たいんだろうけど、うーむ。
公開と同時に劇場に行った「ジュラシック・ワールド」も、CGはものすごいんだが、お話が「ジュラシック・パーク」(パート1)の焼き直し感が漂いすぎててがっかりした。
もっと新しいお話が見たいのに。と描いていて、そういう新作が好きな人はシリーズもの見て文句言っちゃいけないのかもと思い直した。
所詮シリーズものなんだから、同じ雰囲気で作らないといけないんだろう。
映画館で見なくて正解。ジュラシック・ワールドなんてAmazonプライムで見れるしね。

続けて「イミテーションゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」

タイトルが無駄に長いので期待していなかったのだが、これは傑作だった。
時間軸が3つあり、主人公アラン・チューリングの学生時代、戦争中、戦争後。
それぞれのエピソードががあっちこっちへ飛び回る。
実話に基づくストーリー、という重ったるそうな話なのに、緊張感にあふれていて、謎がだんだん解き明かされていく経過に鳥肌がたった。素晴らしい脚本。
これどこまで本当なのか、映画終わって思わず検索しまくった。いやあ、そうなのかー。実際もすごかったんだなー、と思ったが映画の見せ方はそれを超えてうまかった。

満足してワインを半分開けた。半分で止めて偉い俺。
株がべらぼーに下がって、ほとんどない資産がまた少し減った。
大人になったら年齢と同じ率で分散投資しなければいけない。50歳なら株や証券に50%あるのがバランスのいい資産の分配方。という意見にころっと騙されたわ(笑)
最近は全部塩漬けにしているが、ここらで損切りしてやり直したほうがいいのか。などと言っても100万ちょっとしか株は買ってないんで大したことはないのであるが。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月25日(土)

英語2時間。
嫁に「イミテーションゲーム」を見せるためにPS3をお茶の間に運んだ。家でブルーレイが再生できるのはPS3だけなのだ。そろそろこれを上に置いて、下の仕事場にPS4を導入するのはどうだろうか。って誰に聞いているのだ。嫁も娘も読んでるからなこの日記(笑)

「イミテーションゲーム」嫁も面白かったそう。
オレは「ビューティフル・マインド」に似てると思ったが、彼女はそうでもなかったらしい。

ビューティフル・マインドの主人公、数学者のジョン・ナッシュの描き方は、十分に境界線を踏み越えた人だったが、イミテーションゲームのアラン・チューリングの描き方は甘くない? と嫁。
学生時代にいじめられるのは、あちらの人たちによくあることで、人とうまくやっていけない、境界線上の人たちは、びっくりしすぎてしまって、リアクションが普通ではないので、それを面白がる人たちにいじめられることがとても多い。
イミテーションゲームは、その書き込みが少なかったよね。と嫁はそこのリアリティが物足りなかったよう。あれじゃ、いじめられた説得力もないし、いじめによって能力を発揮したようにも見える。
それが原因で恋愛感情を得た。ようにも見える。
本質的に生まれつき持っている異質な才能を、後から獲得したように描いていないか? というところが気になったよう。
なるほど。それはその通りだが、もっとぶっ飛んだキャラだったはず。というのもある意味思い込みなんじゃないかな。というような意見を交わしながらディスクチェンジ。

続けてスピルバーグとトム・ハンクスの「ブリッジ・オブ・スパイ」

これも、実話に基づくストーリー。と最初にキャプションが入った。
東ベルリンに壁が作られた時代、アメリカで逮捕されたロシアのスパイと、ロシア軍に捕まった米軍のスパイパイロットを交換するネゴシエーションを描いた映画。
地味ながら面白い。たまたま時代背景が似ていたので続き物のよう。スピルバーグとトム・ハンクスのコンビで外れるはずがないが、イミテーションゲームのほうが断然面白かった。
そういえば「ターミナル」はこのコンビで実話を元にしていていまひとつだったっけ(笑)

映画を2本見て、ビールを飲んでいたら、日本映画チャンネル(だったかな)で大泉洋の「駆込み女と駆け出し男」をやっていたのでちょっと流してみた。

1日3本映画を見るのはしんどいので、ちょっとさわりを見るだけのつもりだったが、やけにマニアックなセリフ回しとこってりとしたキャラクターに引きこまれてしまった。
これも「実話に基づくストーリー」実話三連発!
最近流行っているんですかね。
いつでもやめるつもりで、つい最後まで見てしまった。なかなかの名作でした。
「殿、利息でござる!」も見たい。今は数ヶ月でレンタルになるので、ちょっと待つだけだ。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月26日(日)

そろそろ仕事しないといけない。と思ってマシンを立ち上げてみたが、どうもiMacに入れているWindows7の調子がよくない。
ペンが引っかかって、タブレットから離しているのに、線がつながってしまう現象が度々おこる。原因がわからないのだが、Surfaceにタブレットをつなぐと、特に不具合がない。
というわけで、Windowsを入れ直すことにした。
またぞろ失敗するかもしれないので、今回は慎重に。
しっかりバックアップをとって、上書きではなく10のクリーンインストール。

ここで大失敗。
iMacの「BootCampアシスタント」で消さなければいけないところを、「ディスクユーティリティ」で消してしまった。
ほんのちょっとの違いなんだが、パソコン的には大きな違いだった。
あれ? なんで消えないんだろう。と思ったがそのままマックの書式でフォーマット。そして全てがコントロールできない領域に行ってしまった。
起動ディスクなので、消したり足したりゆでたり蒸したりすることはできない。茹でることは度胸があれば不可能ではないがやらないほうが安全。
ここから3日間。実に24ページの作品が完成するほどの時間がかかって、元に戻すことはできなかった。
もう進むしかない。
検索して試す。検索して初期化。散々繰り返す。
いろいろ試してみてわかったことは。検索して出てくることはたいていあてにならないということ。ノイズが多くて困るのが今のネットである。
何度、後から「こうすればよかった」という答えを発見してホゾをかんだことか。

MacOSは、起動ディスクをいじれないのは当然だが、USBメモリや外付けHDDから起動しても、ディスクユーティリティからではBootCamp領域を消すことはできない。
それをできるのは「ターミナル」なのだが、うちのiMacはフュージョンディスクを使っていたので、通常のターミナルコマンドで消すことができない。これがわかるまで2日かかった。解決したのは火曜日深夜。
ちなみに家での正しい順番は以下のとおり。

1,Macのバックアップを外付けHDD「タイムマシン」で記録(保険)
2,16GB以上のUSBメモリにMacOSをインストール(8GBでもいいらしいが家ではエラーを起こした)
3.Altを押しっぱなしにしてUSBメモリから起動(糞遅いのでUSB3対応が望ましい)
4,ターミナルで「diskutil cs list」(フュージョンドライブの場合このcsが重要)
 消したいディスク領域の論理ディスク、UUID(32桁)をチェックする。
5,ターミナルで「disuutil cs delete <UUID>」で不必要なディスクを消す。
6.ディスクユーティリティで見えるようになったディスク領域を「消去」
これでMacが単独フォルダになるので、そこから「BootCampアシスタント」を使ってWindowsを入れる。

わかってみたらくそ簡単。
英語サイトしか説明がない部分もあり、英語勉強しててよかった。と心から思った。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月26日(月)

セブ漫画を描かなければいけないのだが、メインマシンのトラブル対応で時間ばかりが過ぎていく。
いじってみてダメならアップルに送って初期化してもらう手が残っているので、仕事の時の切羽詰まった感はまったくない。
これもうまくするとネタになるかなー、なノリで、一日マシンの前であーだこーだやっても苦痛に感じない。オレはPC関係の仕事をしていたらよかったんじゃないだろうか。
今頃大変だったとは思うけどね。

いじっているうちに、Macも立ち上がらなくなってしまって、もうただの黒い壁になりつつあるiMac。
翌日(火曜)は東大キャンパスでVRを見に行く。「内定ゲーム」の単行本発売は近いのに書き足しは間に合うのか。広告漫画は?
たくさんの仕事を残しつつ、6月が終わって夏がやってくる。
みーんみーん......。
まだセミは鳴いてないな。
以下来週。

  • 投稿日:
  • by
2年くらい前にflick!誌に載った「鞄の中身を見せる」特集記事。ちょっと見てみたらもう中身が相当入れ替わっていた。1年半くらい前にflick!誌に載った「鞄の中身を見せる」特集記事。
ちょっと見てみたらもう中身が相当入れ替わっていた。
ホワイトボード手帳はSurfacePro4に完全に置き換わった。iPhoneは6へ。スキャナiX100は便利に使ってます。
ホワイト手帳は飲み屋に忘れて来て、まだ取りに行っていないんだけど、半年くらい経ったから捨てられたかなー。
左上の録音するカメラは「GoPro」に。
アンドロイドはあまり持ち運ばなくなった。このレノボキーボードとのセットはとても使いやすいので、机の上で時々使ってます。
KindleVoyageはどこにあるのか最近見ないw.ソニーのカメラは現役。
デバイスをつなぐ十得コードはiPhoneコードが切れたので捨てた。
このページのガジェットはまだ現役。ビータはマイクラにハマっている時に持ち歩いていた。
ここに今はプラス「THETA」「GoPro」「Surface」「WALKMANm505」がプラスされている。自転車も違うやつに乗ってる。BROMPTON盗まれそうで怖くてwww。

左手デバイス

  • 投稿日:
  • by

fanc_51.jpg

左手キーボードをいろいろ調べていたが、よさ気なものはすでに発売中止になっていて、どれも帯に短し状態。
で、セルシスの左手デバイス、TAB-MATE CONTROLLERを色々弄くってみた。
今まで何度か挫折していたのは、ジョグスティックで画像を動かしていたせいだった。
手前のボタンを「スペース」にして、押して動かすようにすると、通常のキーボードと同じように違和感なく使える。ジョグスティックは、上下にブラシの拡大縮小、左右にブラシ選択を当てた。

そしてフォトショップでは反応しなかった問題を「JoyToKey」というアプリをかませると同じように使えることも判明。これでいいじゃん。
「JoyToKey」がポイントだった。このアプリとても賢い。
一つのボタンに「コマンド+D」で選択範囲削除。というコマンドも入れられる。こういう複数のキーを同時に押す入力も簡単に設定できる。素晴らしい。
これなら旅行にも持っていける。
あとひとつだけ、サイドにシフトボタンを設定できたら完璧だったのになあ。ボタンの数がちょっと足りない。

6月13日(月)の続き

夜2時半まで下書き。まだペンに入れない。

風呂に入って布団に転がる。

軽くめまいがする。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

6月14日(火)

朝6時半起床。疲れているのにドキドキして長い睡眠に入れない。

しかたなく机に向かうと、どんより眠くてだるくて、ただ起きているだけの泥人形状態。

ネームで神経使いすぎた。

ここからがペン入れ本番なのにもうMPが残ってない。宿屋でもっと寝て回復させないといかんのに時間がない。なにかいい薬物はないかな。

午前中頑張ってゲットナビの下書きをいれる。作業くそ遅い! 昼インスタントラーメンでお腹がくちくなったところでソファで仮眠。30分の予定だったがまったく回復しないので、1.5時間に延長。

なんとか起き上がった。

植物に赤と青のLEDライトを当てると収穫二倍。という記事をシェアする。オレも赤いライトを当ててお仕事二倍。とならないものか。ならんか。

THETAをネットで注文。同時にハコスコ(VRを映せる簡単なビューワー)とストラップと自撮り棒を注文。

お買い物をしている間は魂が癒される。こうして忙しい漫画家は買い物中毒になってしまうのだろう。このカメラ使えるのはいつだろう。再来週くらいか。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

6月14日(水)

頭がぐるぐる回りだして動悸がおさまらない。

色々限界なので風呂で汚れを落とし、夜11時に布団に潜り込む。

8時まで寝た。

久しぶりにたっぷり睡眠。体のあちこちが痛い。

頭がパニックから少し立ち直った。寝るって本当大事ね。

仕事を残してしまったゲットナビペン入れと仕上げ。午前で終わらず夕方までかかった。そこからkatana(内定ゲームを連載しているウェブ雑誌)の最終号となる表紙のイラスト。夜アップ。

マックファンの下書きアップ。

ここでじっくり時間を見てみると、とても間に合わない。うーむ。どうすればいいかな。とりあえずマックファンを上げてから考えよう。

昨日注文したハコスコが届いた。

カメラがまだ来ないが、このハコスコにiPhoneを差し込むだけでVR映像が楽しめるはずなので、いくつかアプリを入れてみた。

「ハコスコ」

「mobileVRstation」

おおー、すげえ。2千円ちょっとでこの玩具めっちゃ遊べる。

エロの立体VR映像もあるんじゃね? とウェブを検索してみたが、メアドを登録しろだの、まだ試験中だの。でめんどくさい。今時間のかかることはやってられない。

(もうすでにかなりやっているがw)

簡単にワンクリックでダウンロードさせてほしいのに。

月曜朝に出したSurfaceが、もう帰ってくるとMicrosoftからメールが。めっちゃ仕事早い。

これは新品に変わったのでは!? 明日届くので楽しみに待とう。

カメラ(THETA)も発送したとメール。あー、これで締切さえなかったらカメラ持って自転車であっちこっちでかけるのになー。温泉行きたいなー。温泉に入るVR映像はないか。

そんなの見て癒されるかどうかはわからないが。

マックファンの下書きをしながら限界を迎えた。今日はここまで。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

6月15日(木)

2時半に寝て8時半起床。6時間睡眠。

これくらいは寝ないと後半持たない。土日は2時間くらいしか眠れないはずなので、今は体力を回復させながら進めないと。

昼、マイクロソフトからSurfaceが届いた。

画面に貼ってあったノングレアの保護シールと、裏面につけたゴープロのステッカーは無くなったが、ピカピカの新品に生まれ変わっている。すぐにバックアップデータを同期させようとしたが、それほど多くのデータは入っていないので、クリーンインストールしてあるこれをそのまま使うことにした。

アプリをちょこちょこ入れながら様子を見ていると、とても安定している。スクロールがスムーズで、以前のSurfaceにあった、引っ掛かる感じがない。これは!

Chrome、ClipStudioを入れてみたが、まだ落ちない。何度もカバーをしてスリープさせてみても、問題なく瞬時に立ち上がる。

おおー、このマシンの安定具合は何者か! ペンの書きごこちも試してみたいが、そんなことよりペンを使って書かなければいけないものが山積みなので、お仕事用マシンに向かう。

夜までかかったが、なんとかマックファンの原稿を書き上げた。

Surface、スリープを繰り返しているがまだ一度も落ちない。すげえ。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

6月16日(金)

5時半就寝、7時半起床。って2時間しか寝てないわりには頭が元気。最後のアドレナリンが放出されているのだろう。

ClipStudioで下書きが進んだ前半22ページと手元にある紙のネーム24ページを眺める。とてもじゃないけどもあと3日で終わる量ではない。どうしたものかと考える。

逆に何ページだったらできるだろうか。

36ページも厳しい。いいところ28ページぐらいだろう。

2つのやり方が考えられる。

1つは前半22ページだけをきっちりアップして残りを次号に回すという方法である。

と言ってもkatanaは最終号なので次号がない。とりあえず最初の発売日は前編だけを入れて、数日後に最終話をアップロードするという「時間差入稿」は可能なはず。

これならば全46ページを完璧に入れることができるが、最アップロードするまでに1週間ぐらい間が空いてしまう。

それを読者は、編集者は待つことができるだろうか。というのが問題。

もう一つは、再構成して短くまとめてしまう方法。

削りに削って最終的に26ページぐらいに落とし込むやり方である。

物理的に書く時間が少なくてすむメリットがあるが、どうしても内容が薄くなってしまう。

さてどちらを選ぶべきなのか、自分で決めることはできないので、大きく深呼吸をして編集に電話をした。

どうしましょうか。

突然そういういわれても編集も困るのであるが、編集部で相談した結果「後者でいきましょう」という話になった。

単行本化のときには、オリジナルの長いバージョンで出すことにしましょう。と言うことなので、前半を完全に作り直してしまうと、単行本の時に1から書き直さなければならない。それはそれで大変に手間である。

コマや見開きはそのまま使えば残りを書き足すだけですむ。映画で言えば、撮影のし直しではなく編集を変えるだけだ。

やってみると、思ったより簡単で、ざくざくとページが減っていく。それでも話の筋が通るように、1部の吹き出しのセリフを変えていく。絵を変えるのは大変だが、文字はいくら変えても大丈夫。

前半22ページあったものが、あっという間に10ページになった。

むしろ無駄なコマがなくなってリズムがよくなっている。

さぁここからが勝負だ。

後半はネームの密度も高く、切る場所が少ない。クラウドファンディングで「漫画に出る権利」を10万円で買ってくれた人が、あとひとり残っていて、彼も重要な役柄として漫画に出さなければいけない。

使えるページ数があと14ページしかない。

集中してネームを切り直す。息を止めて物語に入る。残り8p、残り4p。やっぱり話が終わらない。ちょっと増やすしかない。2p増やして、なんとか収まりをつけた。

再構成した最終回26ページができあがった。

ふうううう。

いやなかなかよくできてる。まるで最初から26ページの予定だったかのよう。

出来上がったとは言っても、真っ白なページにコマが割られて文字が載っているだけのものである。ここから2日半で26ページを書かなければいけない。よしやるぜやるぜ。

Surfaceまだ落ちない。ソフトが立ち上がる時間も感覚的に早い。まったく別のマシンだ。原因はもはや知ることはできないが、メモリが怪しい気がする。

ともかく、今までSurfacePro4を散々腐してしまったが、名誉回復させる義務があるので、ツイッターとフェイスブックに書き込んだ。

ーー

絶賛不眠ペン入れ中ですが、これだけ書いておかないと。

Surface、月曜に修理に出したら、木曜に新品になって帰ってきました。

画面を触った瞬間に、あれ? スクロールがひっかからない。と驚いたんですが、それから実験的にスリープを繰り返してますが、一度もフリーズしない! アプリが使用中に落ちない。

あの暴れ馬が!

つまりひどいと思っていたのはSurfaceの設計や思想ではなく、初期不良品だったからでした。

(初期不良に関してはかなり疑っていたんですが、「Pro4はスリープでフリーズするけれど、これで治った」「マシンを交換したけれど改善しなかった」

という書き込みをネットのあちこちで見たため、仕様なのだろうと諦めてしまいました)

いろんな部分を試してみないとわからないのですが、今までの「Surfaceクソハード」発言をここに謹んで訂正させていただきます。

大変失礼しました。ハードの回収から代替機の発送まで全て無料で素早い対応。Microsoftを相当見直しました。過去の発言を遡って注釈をつけます。

ーー

下書きをしている時間がないので、ほとんど真っ白の状態でペン入れ。3ページまで進んだところで12時を回ったのでシャワーを浴びて布団に潜り込んだ。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

6月17日(土)

見通しの立たなかった状態から、ペン入れ作業まで進められた安心感で、久しぶりにぐっすり眠った。

朝6時半起床。今日半分まで行かないと相当厳しい。でもいけるはず。

食事とトイレ以外のことはほとんどしていない。pcだけが外界と自分をつないでいる。Windows(窓)とはよく言ったものである。

ここを超えれば、英語をやりジョギングをしてボイトレもできるようになる。映画も見れるし温泉も入れる。という未来を夢見ながらひたすらペン。

夜。つらさがピークを打った感じがした。なんだろう。だんだんつらくなくなって来た。少し楽しく感じすらある。ランナーズハイか。どこか脳みその一部が壊れたのだろうか?

ストックホルム症候群のように、将来なにか見つかるかもしれない。長いこと軟禁状態にある漫画家は作業が辛くないと信じる心理状態になる。みたいな。

深夜2時まで作業。さすがにぐったりしたので1時間仮眠。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

6月18日(日)

iPhoneのタイマーが1時間を告げるが、体が起きることができず1時間睡眠延長。この延長は5000円になります。と言われても払わざるをえない。どこのキャバクラか。

一応予定通りに作業は進んでいる。後半になるほどコマが小さくなって人物の絵が増えるので時間がよりかかる。

ただ、どう見ても後半の方が絵がいい。しりあがりに良くなっている。

そうか。今回は、いつもより人物をじっくり書き込んでいるので、描いていて楽しいのだ。慌てて粗い絵を続けると落ち込んできて、描くつらさが増えるが、これはうまく描けたと思うとつらくない。

まだうまくなれる、と思って工夫すると、何十時間ペン入れを続けても苦痛に感じないのかも。我ながら自分の学習好きに驚いた。

朝3時。

いつまでも書き続けられるような気がしていたが、体力の限界がやってきたらしく、目を開けていられない。30分仮眠。

を3セット。1,5時間も寝てしまった。間に合うのか。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

6月19日(月)

まだ真っ白なページが8ページ。でも18ページまではできた。頑張れ後少し!

デッドラインの時間はどのあたりだろうか。

主人公の五月の髪型をもっと簡単にしておけばよかった。とペン入れ中に何度も思う。次からは全員丸坊主のキャラにしようと固く誓う。寺か。

3時半。

ペン入れ終わった。ここからトーン処理そのほかに突入。もう9合目まで来た!

金曜以降は恐ろしく予定通りに進んでいる。この読みが一週間前にもあれば! 

夜9時原稿アップ! 

終わった。全部終わった。

髪の毛もひげもボーボーで、体重だけが増えている。食べることくらいしか楽しみがなくなるので、仕事が厳しくなるほど体重が増えてしまう。まあ、いいや。終わったから。

久しぶりのビールをカシュ。あー、嬉しくて涙が出そう。

そういえば先週ゴミを出した嫁が「酒瓶が少ない!」と驚いていた。今週も少ないぞー。

ビールを飲みながら何度も頭が眠りにかかる。

こんな生活そろそろやめる。ちゃんと時間を区切って仕事するんだ。次からは。

これで月刊誌のお仕事が終わるので、次のお仕事をとらないといけない。夏過ぎたら考えよう。今は、とりあえず、寝る。ではみなさんおやすみなんしょ。

本当のSurfaceに初めて触れました

  • 投稿日:
  • by

絶賛不眠ペン入れ中ですが、これだけ書いておかないと。
Surface、月曜に修理に出したら、木曜に新品になって帰ってきました。
画面を触った瞬間に、あれ? スクロールがひっかからない。と驚いたんですが、それから実験的にスリープを繰り返しでますが、一度もフリーズしない! アプリが使用中に落ちない。
あの暴れ馬が!
つまりひどいと思っていたのはSurfaceの設計や思想ではなく、初期不良品だったからでした。

(初期不良に関してはかなり疑っていたんですが、「Pro4はスリープでフリーズするけれど、これで治った」「マシンを交換したけれど改善しなかった」
という書き込みをネットのあちこちで見たため、仕様なのだろうと諦めてしまいました)

いろんな部分を試してみないとわからないのですが、今までの「Surfaceクソハード」発言をここに謹んで訂正させていただきます。
大変失礼しました。ハードの回収から代替機の発送まで全て無料で素早い対応。Microsoftを相当見直しました。過去の発言を遡って注釈をつけます。

6月7日(火)

朝8時半起床。最近は8時前に起きれなくなってきた。
英語1時間半。
昼過ぎからマックファンの取材。リコーにTHETAの開発話を聞きに行く。

THETA(シータ)は前と後ろにレンズが入っていて、シャッターを押すとぐるりと360度全てを写すことができるカメラである。業界人やギーグの友達がいる人は見たことがあると思う。これは新型THETA S
一人グーグルカーである。
このカメラいいなー、と思っていたけど、話を聞いてみると、考えていたよりもずっと面白い。今までとまったく違った世界であって、新しい機種は動画もとれて、レンズをメガネの部分につけたダンボールの箱をiPhoneにつければ、VRとして遊ぶこともできる。ものすごいすぐれもの。
これは買わないといけない。かもしれない。
カメラばっかり机の中に増えているのであるが(笑)仕事で使うからしょうがないよなー。
2時過ぎに取材が終わると、猛烈な睡魔がやってきた。毎日昼寝をしているので、この時間眠くてしょうがない。
帰りは環7を北上するバスでショートカットだ。と乗り込んだが、バスは来ないわ、進みが遅いわで、40分以上無駄に時間がかかった。寝過ごして行き過ぎることが怖くて寝ることもできずこの選択は失敗だった。
小雨の中とぼとぼ帰る。世間はいつの間にか梅雨入りしていたらしい。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月8日(水)


ひたすら仕事場に潜ってネーム。
仕事は進まず、「えいぽんたん」(英語学習ソーシャルアプリ)の記録だけが伸びていく。これちょっとした時間にやっちゃうんだよなー。

田舎の姪からLINEで電話。
「先週の日曜に、実は大変なことがあったんだよ」
なになに? と詳しく聞いたら、本当に大変だった。
うちの実家はちょっとした崖の上に建っている。新しくしたばかりの離れに駐車場があり、その駐車場のどん詰まりは数メートルの崖になっていて、その下にみかん畑が広がっている。
姉の旦那。今の田舎の家の主人で、オレの義兄が今年62〜3歳なんだが、軽トラックでみかんを運んでおりました。
ここで本人はブレーキを踏んだつもりで、アクセルを思いっきり踏み込んだ。そう、お年寄りによくある事故ですね。
車は下り坂の勢いもついて、すごいスピードで駐車場へ。
サクを突き破り、ドーンと空中へ飛び出した。普通ならここで下の道にドスンと落ちて、前がぐちゃぐちゃになるところ、勢いがあったので道を飛び越えてみかん畑まで飛んでいった。

空中で半ひねり。横転したためエアバッグは開かず。
みかんの木がクッションになったのが不幸中の幸い。ハンドルに打ち付けられた義兄は右の鎖骨骨折で済んだ。
ただ、駐車場を超える時、隣にあったプロパンガスのでかいボンベを2つ引っ掛けていた。
プロパンガスボンベも車と一緒にダイブ!
どこんと落ちたボンベの一本からガスがシューシュー。
車は横がぐちゃぐちゃ、そしてガソリンが漏れてしまっていた。もうもうと上がる煙。一刻の猶予もない。
車に乗るつもりで見ていたうちの婆さん、慌てて警察に電話をしたが、山の上なので救急車が来るにも30分はかかる。
「うわー、それでどうしたの?」
「たまたまガス屋さんがそばにいたので、プロパンを締めてもらったから爆発しなかった」と姪。
ええー、なんだそれー。どんな決死隊だよ。
その時下田の町は救急車と消防車と警察車両2台がサイレンを鳴らして山に向かっていたという。
えらいことだった。
もう一週間前だから笑って話せるけどさ、ってそんな大事なことはすぐ連絡しろよ。
のんびりしてるなー。連絡は狼煙か?
車は当然全損。いやあ、生きててよかったわ。
そういえば、亡くなった姉もバックで崖から落ちて車を全損させた(怪我はなし)親父も犬を捨てていた橋の上のカーブで、崖から落ちて車全損。アバラを骨折させた。
今電話している姪も、車を一回転させてつぶし、その妹はバックでヘイを壊した。

車運転してはいけない一家なんじゃないだろうか。
オレは免許なくてよかったわ。
でも一番事故が多いのは、うちのヨメなんだけどね。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

6月9日(木)

ネーム22ページまで来た。よし。ここで1話として、残りを見据えながらペンを入れ始めないと。
英会話ぜったい音読が5周終わったので、新しい本「英会話ぜったい音読「続挑戦編」」
を買ってみた。
そんなに難しくなった感じはしないが、分量が増えた。フルで2時間これにかかってしまう。手書きを3回やった後、キーボードで英文打つのはやめてみようかな。

「内定ゲーム」に集中する前に、ゲットナビとマックファンを片付けないといけない。またこの季節がやってきた(笑)それも今月までです。来月には溜まっていた仕事をバリバリとやりますからみなさんお待ち下さい。

ゲットナビのネーム完了。
続いてマックファンのネームにとりかかったところで夜になった。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月10日(金)

朝8時40分起床。ちょっと遅くなってきたので、明日から早起きをしよう。英語1時間。「ぜったい音読続挑戦編」が面白い。
ライティングをしている途中で、隣との家のスキマの木の剪定をしていたヨメからヘルプが。
足の甲に切り落とした樹の幹を直撃させてしまったらしい。太い木だったら潰れるレベルであるが、見てみると骨までは行ってない様子。
ヨメは自分ではこういう作業が上手だと思っているが、山育ちのオレから見ると危なかしくてしょうがない。のこぎりの引き方も怖いし、枝の切り方も怖い。こういう奴が木の上に立って自分の立っている足元の木を切って、外国のアニメのように下に落ちていくんである。
しょうがなく、切り落とした木を細かく分断。
バリバリのこぎりをひいていたら、うわー、早い! 本当そういうの上手ね。と感心された。
昔、秘密基地作らなかった? と聞いたら、埼玉の人口密集地域は、自由に切り落とせる木なんてなかった。という。
間違えて迷うと命が危ないくらい鬱蒼とした山奥とはかなり違っている。のこぎりやナタは基本装備である。
みんな小刀を持ってたっけなあ、トランシーバーが欲しくて買ったもの。と言うとまるで昭和初期の話のよう。今でも山の中は携帯の電波が届かないので、トランシーバーが活躍している。
枝を落として燃えるゴミとして袋に詰めた。先週もこれやったな。この忙しい時に。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月11日(土)

7時におきて、英語1時間。
そして下書き。まずます。
続きを考えていて、イメージが閃いた。そうかこれか。ポイントのシーンと会話だけを先に書きだしてみた。
これに続けていけばなんとなく格好がつく感じ。あと20ページ。うまくいくかな。
書き出してみるけれど、うまく繋がらない。
うーん。やっぱり具体的なシーンと会話を設定しないと、オレの場合話が進まないんだよな。
残り時間とページ数を考えると脂汗が流れる。これは相当なピンチである。
ここから10日あまりで50ページ描くのかー。しかもネームがまだ半分ときた。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月12日(日)

あー、もうだめ。死ぬかもしれん。
日記書くことももうできない。とりあえずソファで仮眠。
寝ながらネームしている夢を見る。
夢ではかなり進んでホッとしたのに、起きてみるとまったく進んでいない。当たり前だ。話も面白いと思ったのに、全然使えない。
そろそろ海外に逃亡する支度をしたほうがいいかもしれない。
と思っていたら、セブ島英語学校から、広告マンガはどうなってますか。と催促がやってきた。
うわわ、えええと、これが終わったらやります! 大丈夫です! 
今月中には!

ということでますます追い詰められた。
「真田丸」を見る。もうこれだけが楽しみ。オレの気分はもちろん高嶋政伸のやってる北条氏政ですよ。
このチックが目にはいらぬかー。
土気色の顔色が見えないようにおしろい塗っとるのがわからんかー。
体臭くても風呂入らず机に向かっとるんじゃああ。
はあ、はあ。蹴鞠をする気持ちがとても良くわかる。

またSurfaceがハングアップしたので、床に叩きつけたくなった。
ぐっと押さえてバックアップを取る。ちょうどここからしばらく外出することも取材もない。初期化してMicrosoftに修理を依頼することにした。これ初期不良品じゃないかと思うんだよねえ。いくらなんでもハングしすぎ。
Microsoftのサイトでいくつか質問に答えると、送料無料で回収してくれるというので、申し込んだ。来週くらいに治ってくるといいなあ。

とりあえずマックファンのネームに集中。
深夜にアップした。いい集中はできているんだけどなあ。4時半就寝。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月13日(月)

8時起床。
英語も中断。すべてを止めて「内定ゲーム」のネーム。今日上げないと終わる。
もう話は頭ではできていて、それを並べていくだけ。キレイに終わらせようと考えすぎていたので、もうなるようになれと勝手に転がるままに話をすすめる。
ここまでずっと水面下で脳みそが働いてくれていたおかげだろう。5時間後、2ページオーバーしただけで、ばっちり話が出来上がった。
うわー。まるで計算したかのよう! すげえ。信じられないけどできたわ。
籠城してたら伊達政宗が援軍としてやってきたかのような奇跡。
椅子の上で小躍りしてる犬の動画があったが、ちょうどあんな感じですよ。やったやったできたできたー。
いつまでも喜んでる場合じゃないので、もう一度PCでブラッシュアップさせて、ペン入れに入らないと。

ここからが勝負どころですよ。誰かバック手伝ってくれないかなー。通信アシでいいんですけどねー。とここで投げてみる。連絡はメールでお願いします。

今週はここまでー。メールとかなしー。ごめん今週はもうペン入れするだけでいっぱいいっぱいなので、日記もほぼなしだと思う。
がんばるー。うーっす。

日記043 追いつめられました...

5月31日(火)

9時起床。ハンターハンター32巻まで結局読んでしまった。
やっぱりコムギの最後のシーンは素晴らしくて、何度も読み返してしまった。真っ黒だけど。
「内定ゲーム」のネームにとりかかるが、かなり難しい。44ページという分量の多さと、これで最後というプレッシャーが。
通常の連載は、最後は来月がなんとかしてくれる。という見切りで発車してしまって、最悪途中でも次号に続くで逃げられるのだが、最終回は逃げようがない。汗がにじむ。
うーむ。半分までなんとか作って、残りの半分を来週に頑張ってもらうしかないか。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月1日(水)

なってしまった6月に。
英語を始めてから、頭を使うためか時間の流れがゆっくりになった、と何度かこの日記に書いてますが、ここのところ昔のスピードに戻りつつある。
英語の本が同じものの繰り返し(5周目)なので脳みそが飽きてきたのではなかろうか。他の本もやってはいるけれど、刺激が足りていない。うーむ。なにかしないといかんなー。筋トレか?
お昼すぎに30分の仮眠を取ることにした。
夜の睡眠不足を補って、昼の頭を切れさせるために。どうだろう。

テニスにも行かず机に張り付いているが、進まない。
東村アキコさんはネームがとても速い。それは描きたいシーンを先に決めて、そこに繋いでいくだけだから。と中川いさみさんのマンガで言っていたが、オレの漫画はそういうタイプじゃないからなー(笑)
入れる情報をつめ込まないと。
でもここぞというシーンを先に考えるのはありかもしれない。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月2日(木)

8時起床。起床時間がジリジリ遅くなっているのは夜中に読むマンガのせい。
昨日読んだのは「おれは鉄兵」の21巻から28巻まで。本当面白くて止まらない。
時間をきっちり切って運用できないのは、このずるずる楽しいことがやめられないことから来ているのだが、こういう集中も漫画家にとっては大事なことかもしれないので、しばし悩む。うーむ

50分ほど英語をやっている間に出発時刻になってしまった。取材へ出発。
かき氷を、有名刃物メーカー「貝印」が作ったというのでその発表会へ。
サニーサイドアップの人からたくさん挨拶をされたが、これは中田英寿のバックアップをしているので有名なあのサニー・サイド・アップですか。と聞いたらそうだと言う。
和菓子にかき氷を合わせたものや、アボカドかき氷などが出てきた。
アボカドはどうやって削ったんだろう。と思ったら、氷を作るときに一緒に固めてアボカド氷を作り、それを削りだしたものだった。なるほどー。

とても細かくて美味しい氷が作れるのは素晴らしいが、大きくて値段もそこそこする。料理好きな奥様がホームパーティを開くときにはとても重宝するだろうが、一般家庭には難しいかなー。
歩いて秋葉原に。町を少しぶらついたが、何も欲しいものがなく、ラーメンを食べてすぐ戻った。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月3日(金)

机の前にいるものの、あまり進みが良くない。もうページ数を考えて余裕はないので、集中しているんだが、どうもうまく動かない。もっと最後までお話を考えて作るべきなんだろうなあ。毎回行き当たりばったりで作るので、話の辻褄を合わせていくのが大変。入れる情報は決まっているが、ダラダラつなげると読むのがつらくなる。
あー、マンガって難しいわ。次に投げたらいいんだが、今回でたたまないといけないのが難しい。ちゃんと終われるかなー。うー。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月4日(土)

いよいよ火がついてぐっすり眠れなくなった。こうして体力が落ちていくことは避けねば。昼寝がいけないのかな? 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月5日(日)
もうだめな感じ。
仕事場のソファでふて寝をしていたら、ちょっとアイディアが出た。
描く時間を考えると、もうギリギリなのに、やばい。北海道の原野に逃げてしまいたい。
朦朧とした頭で半分ほどネームをすすめるが、気に入らないのでボツにした。うー。
沖縄もいいなー。
どこか温泉に行きたい。
ペンを握りながらソファでうたた寝。するとなんと!
ベッドの下のスキマにヘッドフォンのコードがチラリと見えた。
あ、なくしたと思っていたウォークマン見つけた! やったー! すげえ嬉しい!
こんなところに落としていたのか。よく見つけたわオレ。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月6日(月)
赤い目をさせてネーム。
お、今日は調子がいい。12ページまできた。あれ?もう一週間経ったの? 早すぎる。やばい。英語をもっと勉強しないと。違う。
今週の日記、ほとんど書くことがない。いいや。じゃあそんな感じでまた来週。
来週にはペンが半分くらい入っていますようにー!

5月24日(火)

6月2日売り「ファミ通30周年マンガ」朝までペン入れ。
寝てから色塗りをしようと思ったら、今日テニスがあるという。ひさびさにラケット振りたくなったので、1時間だけ仮眠して色つけ。
2時にアップしたので送信。コートへゴー。2時間テニス。
その後、メンバーの追い出し飲み会でいつもの中華へ。
山本直樹は眠らずに来たという、マンガ家はみんな眠る時間を削って遊ぶのです。とり・さんは参加するとFBで表明したが仕事が上がらず断念。
「来る来る詐欺」などと言われているが、それはマンガ家労働の苛酷さがわかってないのです。せめて「くるくるくりん」と呼んであげたい。
テニスメンバーから「みそさんものすごく太った? なにそのお腹」と言われる。
やっぱり目立つかー。下手に筋トレで鍛えていた分、余分なカロリーは全部蓄えてしまう。

2次会で行ったお店で「明日葉(あしたば)」が出てきた。
天ぷらが一般的だが、ここの店はごま油で焼いて出してくる。
ちょっと食べたが、やっぱり超エグい。
明日葉はオレの田舎の伊豆ではいたるところに生えていて、非常にポピュラーな山菜だ。癖っぽいので苦手が人が多いが、栄養豊富で、精がつくと言われている。
下田の須崎には御用邸があって、天皇陛下が毎年やってくる。
植物博士でもある昭和天皇が明日葉を初めて見て、近くにいる農家のおばちゃんに「これはなんという葉っぱかね」と尋ねた。
「おんやまあ、陛下。これ知らねえがけ? これは"ちんだちそう"だ」
「ちんだちそう?」
「ほうさ。これ食うとチンチンがおっ立つんで、チン立ち草、ってここらじゃ呼ばれてんがさ」
「そうですか」
と陛下が笑った。

という逸話が下田ではよく話されていた。本当かどうかは知らない。
明日葉が一部エリアでちんだち草と呼ばれているのは本当。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
5月25日(水)

7時半起床、英語2時間。
なんとなく一段落ついた。
連続で3時から猿テニス。ああ、楽しい。
10年前は毎日クラブで打っていて、実に充実していた。
いつでも今が一番いいと思っているので、過去に戻りたいと思うことはまずないが、テニスクラブの会員だった時代に戻れるなら戻って、壁打ちしたい。壁打ちかよ(笑)
あの懐かしいメンツでダブルスをしたい。
テニスは一か八かで強く打ち込むゲームではなく、相手の返しにくいところに6割の力で置くように打ち、甘く帰ってきたリターンを、もう少し早い球で、もっと返しにくい場所に打ち、完璧に浮き上がったリターンを無人の場所に叩き込む。
時間と場所を追い詰めていくゲーム、だということを知ったのがクラブだった。
一瞬の時間を奪い合うあのラリーの最中は、どんなに忙しくても仕事のことは微塵も思い出さなかった。それも甘美な思い出になっているんだろう。
イージーミスを連発してしまう今の自分では、参加させてもらうこともできないが。
本当に楽しいことは継続したハードなトレーニングの上に存在しているのだ。
今はまずこのお腹をひっこめることからかな。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
5月26日(木)

8時起床。英語2時間。
日記をまとめて書く。かなりの分量を思い出しながら書くので3時間くらいかかる。
この日記、時間かけすぎじゃないだろうか。もうちょっと余芸でやれそうな量にしないと。まあ、たくさんの人が読んでいるので、いまさらやめるわけにもいかない。
息子が昨日から学校の旅行に行っている。それで真人間になってくれればよい(笑)
飯から開放された嫁がカラオケに行こうと言い出した。
久々に嫁とカラオケ。ずっと英語ばっかり聞いていて、新しい曲が入っていない。
しかも高音がでない。ボイトレは筋トレと同じなので、サボるととたんに落ちてしまう。
絵も同じなので、一日20分くらいでデッサン力を強化するトレーニングとかはないものか。まあ、描けばいいんだけどね。
あ、Tシャツ書かないと。これ何ヶ月も言ってるなー。もうやろう。
英語マンガの下書きにも入ろう。
来月、内定ゲームの最終回44ページをそろそろ見据えて仕事やらんとね。

ベッドでふと「ハンターハンター」をクリックしてしまった。
朝まで読まずに5巻でいったんストップ。このあたりまではそんなに中毒性のあるマンガではなかった。
やばいのは10巻を超えてからで、20巻を超えると止める場所がなくなる。今はどこまで行ったのだろう。ジャンプ読んでないのでわからないが。

「MONSTER」は頭からやばそうなので夜読まないようにしないと。
「柔道部物語」も、1話を読むと必ず最後まで読んでしまうので注意したい。そういえば小林まこと先生の新作は始まったのであろうか。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
5月27日(金)
朝8時半起床。英語2時間半。
のんびりした午前を過ごす。ああ、このくらいのペースで仕事をすればとてもいいのだが、それだと月に10ページくらいしか描けないので家族を養えない。もっと効率よく描くことはできないかな。デッサン力を上げるというのは一つの方向かもしれない。練習するか。

息子が合宿から帰ってきた。クタクタだと言っているが、ヨメは容赦なく洗い物を命令している。

ワインを一本開ける。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
5月28日(土)

緊張感なく8時起床。そのままベッドでFacebookなどをダラダラ見る。
今週は3ヶ月ぶりくらいにのんびりしている。
英語「ぜったい音読」の4週目が終了。ついにラスト1週。
ほとんど覚えた気がしているが、音だけを聞いて書き出してみると、the が抜けたりwas とhasを聞き間違えたり、Ther'er をtheirと聞いたり、かなり聞き間違える。
これはグラマーが間違っているからで、英語の文章として動詞がなかったり、過去分詞なのかどうかを判断しないといけないということなんだなあ。あー難しい。
この前ヤフオクで買ったウォークマンがどこにもない。ここ2〜3日探しているんだが、おかしい。もしかしてテニスの後の飲み会で落としてきたのかもしれない。痛い。ものすごく痛い。ほんの数回しか使ってないのに!
ワインを一本開ける。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
5月29日(日)
朝6時起床。
娘が九州から帰ってきた。
一日家で泊まって、東北にボランティアに行く授業に深夜バスで行くという。
せっかく娘が帰ってきて、息子の誕生日なんだから、外で食べようと嫁からライン。
ちょうどTシャツのイラストをやっていて、乗ってきたところなので、外に出たくない。君たちは外で食べて、牛丼でも買ってきてくれればいい。と返信したら、刺し身を買って帰ってきた。家で酒盛り。オレは牛丼が食べたかったんだけどなあ。
Tシャツイラスト完成。
よし。いい感じにできた。
色で悩んでいるが、まあそこはデザイナーにまかしてしまおう(笑)
やっとできましたー。
今日は焼酎にしよう。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
5月30日(月)
朝7時半起床、英語2時間。
「ダーリンは70歳・高須帝国の逆襲」

が絶版になった。というニュース。
ええ? この本たしか家にあったな。とヨメの机をみたらあったあった。

「ダーリンは70歳」は、とても面白い本だったが、まあこっちは便乗して出した本だろう。と思ってノーチェックだったのだが、ちょっと読んだら全然そんなことはない。
実に面白い。本家よりこっちの方が面白いんじゃないだろうか。
大変失礼しました。
文章は非常にリズミカルでいきいきとしていて読みやすく(おそらくゴーストがいると思うがひょっとしたら本人が書いているかもしれない)なにより中身がすごい。
高須医院長がどんな生き方をしてきたのか、どう考えているのか。何を食べているのか。尋常ではない生き方をしてきたことが伝わってくる。
そして文章の合間にあふれる西原への愛。とても感動的な本であった。

前の方に今回の回収騒ぎのポイントである部分があった。

「士農工商穢多非人」ここか。
この単語だけ見ると、士農工商という身分制度は江戸時代には存在しなかったので教科書から消えている。という話もあり、これを使うのは小学館としてどうか。ということなのだろうが、前後の文章を見ると、そういう発言をした高須先生のおばあさんのキャラの説明であって、そう著者が思っているのではない。
そんなことは百戦錬磨の八巻編集者や西原には当然わかって書いているので、いまさら本になった後で小学館のえらい人が問題にするのはかなり不思議だ。
結局回収ではなく絶版にするという話だが、電子書籍でAmazonで出せばいいんじゃないだろうか。これ、Amazonなら特に問題なく通るだろうから、著者が出版社になって電子版を出すと、相当売れる気がする。もう動いているかもしれない。
この本の中にある応募券を貼ってはがきを出すと、なんと1000人に海洋堂制作の高須かっちゃんフィギュアが当たるという。1000人て! しかも絶版になった後でもやると高須さんが書いている。これは出さないと。
本が2572円と高額だが、ほぼ全員プレゼントに近いので、海洋堂フィギュアの値段考えたらめっちゃお得です。Amazonではまだ買えるようなんで、押さえておくといいですよ。

娘がバスで仙台へ。平日の深夜だと3000円もかからないそうで、九州から東京への飛行機も4000円でやってこれたそう。深夜バス、オレは眠れないから辛いんだよなあ。でもその安さは魅力的なので、秋に岩手に行くときはバスにしてみようかしら。

5月17日(火)

7時起床、2日ぶりの英語学習2時間。部屋を軽く掃除。

小雨そぼ降る中、島本先生が駅まで到着。

我が家は駅から歩くと15分以上かかる距離なので、傘を指してお迎えに行った。運転手の嫁は別件で外出中なのでしかたなし。

どうも初めまして! と歩きながら雑談。

アオイホノオの最終話で、かなり長いセリフを話すバイク屋の親父役として出演していたので「役者かと思うほど演技がうまかったですね」

と水を向けると「あれねー。その前に「逆境ナイン」でちょい役で出してもらったんだけど、早口すぎて全然だめでー、次はゆっくり話そうと決めてたんだよ。それでセリフを練習して行ったら、監督から「やめてください」って言われて普段どおりになっちゃってさー」とよどみない。

「次はうまくやるから、って次があるのかわからないけど」

漫画家には2種類いる。人と話すのが好きなタイプと作品の中でしか話さないタイプだ。というのはオレが今作った言葉だが、島本先生は前者である。

やたらと歩く速度が速い。声もでかい。なるほどリアルホノオモユルだ。

ドラマでもあったように、最初は小学館でデビューしたが、その後あっちこっちの雑誌を転々としたので、単行本1巻、とか全2巻。という短い作品がたくさんある。

それを自分で電子書籍化したいんだけれど、どこから始めて、どうしたらいいのか。その辺りを聞きたいということだった。

わかりました。

まず電子書籍を作るには3つの方法があります。

1、紙の生原稿をスキャンしてデータ化する。

2、紙の単行本を断裁してスキャンしてデータ化する。

3、パソコンにある電子データを使う。

そのデータの解像度はかなり高く、通常600dpiという解像度で描いたり、取り込んだりします。

人によってはその4倍の1200dpiで取り込む人もいます。

次に電子書籍ハードは、年々解像度が高くなってきていて(2013年のキンドルホワイトペーパーが600×800ドット)

最近出たボヤージュは1080×1440ドットですが、注意すべき点は、この2つの解像度は別なのです。

換算すると、新ボヤージュは300dpiで、僕たちがPCで描いているマンガの4分の1です。

などと細かい話が続く。

島本プロには電子に強い人がいるというので、ラインで電話をしながら説明。技術的な話はすぐ終わった。

あとは

表紙や、フォントはどうするか。

どの電子ストアから出すのか。

(キンドルとアップルで出す場合)EINとW-8BENをクリアするにはどうするか。

値段はどのくらいにしたらいいのか。

将来のために解説の音声データなどを残しておいたらどうか。

などなど、具体的に詰める。

値段については、ちょっと前までは電子が安いのは当たり前だったけれど、ちょっと描き足して値段上げたほうがいいんじゃないか。

高級電子書籍。みたいな方向でどうだろうか。という話で盛り上がった。

島本先生クラスが何10冊も出版社を通さない出版をするのは非常に新鮮で、電子書籍界隈にはいい刺激になるんではないかと思う。もうなんでも協力しますよ。ということでがっちり握手。遠くない未来に本が出るでしょう。

3時間くらいで先生は帰って行きました。おみやげの北海道限定「じゃがぽっくる」美味しかった。

オレも2巻で止まってるオールナイトライブを全部出さないとね。

もう表紙デザインも電子用に作り直してもらっているのに、1年くらい寝かせてしまっている。ラインのスタンプも作らなくてはいかん。

ただその前に!

そうです。Tシャツデザインしないと。もうやるよ。ほらPC開けたし。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

5月18日(水)

ぐったり疲れが出ているが、マックファンを上げないと。

集中力が落ちていて、すぐに「threes!」を立ち上げてしまう。忙しい時ほど「threes!」は魅力的に見える。ほら18万点超えるかもよ。と囁いてくるが、そこをぐっと抑えてペン入れ。

夜にはなんとか出来上がった。

あー、これで怒涛の締め切りラッシュが終わったー!

のんびりお風呂に入っていて、自分のお腹がぼぼんと出ていることに愕然とした。うわ、すげえ太ってないか?

先月から体重計の電池が切れていて、体重チェックしてなかったが、このところの締め切りラッシュで、すっかり食事量が増えてしまっていた。

仕事のストレスが増えると、摂取カロリーも比例して伸びてしまうのだ。辛い仕事の最中に辛いダイエットはできない。というのが一昨年学んだ教訓だったが、体重を測らないとズルズル増えるもんなんだなあ。これはヤバイわ、ざっくり5キロは増えている感じがする。走らないと。

ちなみに走っても体重はほとんど減らないので、食事を調整するしかないのです。辛いわー。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

5月19日(木)

8時起床。英語1.5時間。ジョギング1時間。

溜まってる本を読まないと。と思ったら、ファミ通の締め切りがすぐ後ろに来ている。なんかずっと休みがないぞー。太るわけだわ。

2ページのネームはできているのだが、取材が面白かったので、これを1ページに切り落として、3ページ追加する。

言うは易く行うは難し。

炎上ネタは扱いが微妙なので、描いて直してまた描いて。ネームにやたら神経を使う。普通に読んだらまったく気を使っていないような作風なのだが、水面下ではめちゃめちゃ水をかいているのであります。

メールの他に、noteでもこの日記をアップしているが、データが大量になってきたので、タグをつけて去年の分と今年を分けて整理した。新しい4本くらいを残して、過去の日記は読めないようにしちゃうことも考えつつ。

NASにおいてある断裁した本たちのデータを、最近まるで読んでなかったので、SurfaceにPDFリーダーを入れてみた。

アプリはどれがいいのかググったら、ITライターの山口真弘さんの記事で「Windows10の電子書籍Viewerは「picoViewer」がおすすめ」とあったので、迷わず買う。

300円くらいだったが、さすがに読みやすい。いい買い物だった。

マンガのように全20巻、という続き物は、すぐに次の巻に飛ぶのでキンドルよりいい。

キンドルもワンクリックで開くので、意外にもSurfacePro4は電子書籍ビューワーとして活躍している。

ツイッターアプリ「Aristea」、YouTubeアプリ「HyperForYouTube」を入れた。

なんだかんだ使いやすくなってきたぞSurface(笑)

頻繁に落ちるのだけなんとかならないかな。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

5月20日(金)

ファミ通ネームなんとか夕方アップ。原稿のアップは月曜朝一だと言う。よしちょっと余裕ができたからワイン飲もう。

ツイッターアプリ「aristea」と「picoViewer」が見やすいので、メインのWindowsマシンにも入れようとしたら、Windows7には入らなかった。こういうことがあると、言われなくてもWindows10に自然に乗り換えていくのに、あの強引な手法が嫌いなので当分10にはしない。

ベッドの上でNASに入っているスラムダンク1巻をついクリックしてしまって、朝までスラダン。マンガの中毒性の高さはすごいなあ。5時半就寝。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

5月21日(土)

9時起床。朝までマンガ読んではいけません。

英語をやっていたら昼ごはんの時間になってしまった。またうどん。

最近は冷凍うどんばかり食べている。5個セットで200円くらいの格安うどんだが、腰があってあんがい美味しい。これに冷凍かき揚げを入れて、そのへんの肉やら野菜やらを放り込んでグツグツ煮るのだ。本当最近の冷凍食品は侮れない。

英語学習の音声を聞いていて、3秒戻れたら便利なのに。と何度も思った。

アイフォンアプリで探したら「MusicPlayer」という有料アプリがいいらしい、とあったので、先週から使っていたが、これがやたらと固まる。再生していた場所を覚えていないし。ボタンが使いにくい。アプリの完成度が低すぎて使っていられない。

ジョギングしながらハードボタンで巻き戻せないのもiPhoneの弱い部分。

なので、ずっとウオークマンを物色していた。セブ島で借りたライターのようなウォークマンがとても良かったので、ヤフオクで見ていたのだ。

ウォークマンm505。頭の部分をひねると巻き戻しができるタイプ。後継機種がいつまでも出ないので、ここ2ヶ月でまた中古値段が上がっている。7千円ぐらいだったが、今は1万円前後が相場のよう。

これを落とすのだ。と水曜くらいから9000円を入れて睨んでいたが、金曜に新たな入札者があらわれた。10500円かー。どうするか。

ちなみに英語学習アプリは、「Duolingo」がとてもいい。そろそろ1ヶ月くらいやっているけど飽きない。キーボードが使えるハードがいいので、自分はアンドロイドでやっているが、iPhoneはもちろん、WindowsやMacでもできるらしい。すべて無料というのもすばらしい。

先週教えてもらったiPhoneの「えいぽんたん」も面白い。ガチャのゲームシステムを英語の単語学習にくっつけたアイディアは秀逸。

移動中でもお風呂でもできるのがいい。

結局英語に近道はないので、コツコツ積み上げていくしかないのです。

夜10000円を入れてトップを奪ったが、終了直前に11000円でさらわれてしまった。くやしい。

しかたなく別の「すぐに落札」のところで11000円で落とした。結局同じかー。

ベッドの上でふと「おれは鉄兵」をクリックしてしまった。鳥嶋さんがマンガの原点として進めていたのを思い出したので。

1巻は冗長な感じがしたが、剣道が始めるともう止まるところがない。芸術的なコマ割りとはこのことなり。

一気に20巻まで読んだらぴよぴよ鳥が鳴いていてすっかり明るくなっていた。こんなになるまで気づかなかったとは。この中毒性の高さはいったいなにごとか。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

5月22日(日)

朝8時起床。くそ眠いが英語を2時間。

「Duolingo」をやっていてうとうとしてしまう。これは寝て記憶を高めようとしているにちがいない。と仮眠。3時間も寝てしまった。今日一日がだいなし。

PCでファミ通の下書き。ここでもう一度ネームを切り直す。よし、よく仕事した。と2時間くらいで引き上げて酒盛り。

こうやって日記に書いてみるとこの週末全然仕事してないな。

ピンポーン。昨日落札したウォークマンが届いた。すげえ速い。

さっそく英語のデータを放り込む。

ただ、どこを見ても3秒戻す方法が載っていない。あれ? 

このm505はジョグダイヤルをひねると「次の曲」

引っ張ってひねると「次のフォルダ、もしくは次のアルバム」

に飛ぶのであって、秒単位の巻き戻しはできない仕様だった。(ブルートゥース接続の場合、ひねってそのままにすると早送りと巻き戻しができる)まあしょうがない。それでもこの軽さと音の良さで満足しよう。

iPhoneに「語学Player」をインストールしてみた。これだと2秒戻るボタンが安定して使える。iPhoneとウオークマンを使いわけていけばいい。テーブルの上ではSurface(OneNote)とiPhone(語学Player)、ジョギング中や外出時はウォークマン。

悪くない。

カラオケとボイトレ用に買ったダンボールの防音室「だんぼっち」だが、6万円も(当時)したのに、ダンボールなので音がとまらない。完全に物置になっていた。今は8万円もするらしい。

もう捨てよう。とfbでつぶやいたら、捨てるならください。とメッセが飛んできた。

電子書籍界隈で有名な記者の林さん。

分解しておいたのでいつでもどうぞ。とメッセしたら夜8時に車でやってきた。普通のハッチバックで、後ろ椅子を倒してあるが微妙な大きさ。

入れてみると、はたして数ミリ単位のギリギリで突起が引っかかる。

一度荷物を出して、斜めにして通したらギリギリで通った。

テトリスか。

二人で入れたからよかったが、あれを自宅で一人で出すのは大変だろうと思う。うまく設置できましたでしょうか。

だんぼっちがなくなったら仕事部屋がぐんと広くなった。そらそうだわ。

でも防音室というのは夢だったんだよね。ちゃんと作ると何百万円もかかるからねえ。いつかマンガでヒットが出たら、この地下室を防音にするんだ。それでカラオケマシンを繋ぐのが夢です。

ノイキャンヘッドフォンみたいに、デジタルで音を消すとか出てきても良さそうなんだけどね。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

5月23日(月)

7時起床英語1時間。ジョギング1時間。ウオークマン使える子。これに巻き戻しボタンさえついてたら完璧だったんだが。

ペン入れ開始。今朝締め切りなのに今から始める、というのは、この前打ち合わせの時に「最近は1週間前でも間に合うんですよ」と編集に言われたせい(笑)

催促メールが来たが、「明日になるよね?」 と返したら、「本当に明日くださいね」

ということで落ち着いた。よしよし。今夜でなんとかなるだろう。

あ。

Tシャツイラストまだやってない。もうやばい。もうやる。今やる。ほらPC開けたもの。先週からちょっとだけしか進んでない。なんとかしよう。