索引
 映画「武士の家計簿」
 トリガー「マンガ家無料」コワーキングスペース
 メディバンの秘密
 ポケモンで任天堂株爆上げ
 ブラック企業とフリーランス
 トルコクーデター鎮圧
 昼カラ
 欧女子オーサのニッポン再発見ローカル旅

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
7月11日(月)

マンガ家の守り神になった、山田太郎議員は29万票も取ったのに落選してしまった。これだけの票数を集めたということで注目されているが、次の選挙はどこから出るのか。
ほんと選挙ってめんどくさい(笑) 
政治的発言もできればしたくはないのだが、放っておくとひどいことになっていく気がするので、ぼちぼちとRT。

ヨメの喘息がひどい。
風邪ひいた。と言ってからもう一ヶ月も経っているのに、ひどくなるばかり。もう咳の音が尋常じゃない。げほげほ言ってるレベルじゃなく、ぐわごおんごへっほうべっうえっ。と内臓が飛び出そうな勢い。
行きつけの病院の薬が効いていないようなので、大きな病院を検索した。
ところが予約しようとすると、1週間も先になってしまう。そんなに待っていられない。
とりあえず近くの病院に行って別の薬をもらってきたどうか。とチャリで病院行くと、これはひどいので精密検査を受けてきなさいと紹介状を書いてもらった。すぐに大学病院に。
そうか紹介状という手があったのか。

病院では、これはひどい喘息で、通常なら酸欠を起こすほどだが、血液の数値はとても健康。医者も首を傾げる症状。
強い薬を出してしばらく様子を見ましょうということ。
相変わらずハードウェアは頑丈で医者も驚くほど。まあ健康だったらよし。
英語2時間。

欧州サッカー決勝を楽しみにしていたら、Twitterをつい開いてしまって結果を知ってしまった。スポーツは生で見ないといけない時代だと痛感した。
試合は面白かったのでまあいいや。

ヨメが録画していた「武士の家計簿」を見る。

うーん、いまひとつ。ネタは面白いんだけれど、テンポが遅すぎてつらかった。出演者が真田丸とかぶっているので、ついあのリズムを期待してしまう。
2倍速で再生すればよかったのか。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
7月12日(火)

8時起床、英語1時間半。
クラウドファンディングを企画している会社、サーチフィールドで打ち合わせ。
たまっているお仕事の納期の話。
すいませんすいません。もう生きてるのが辛いくらい仕事してしまって、その反動でもって夜中まで飲み歩いていたせいもあって、今かすかすなんです。旨味を全部吐き出したカツオのだしがらみたいに生きてます。みそだけどかつお。
醤油と一緒に煮しめてふりかけくらいにしないといかんです。
今週真ん中あたりから本気だすので。と平謝り。

サーチフィールドがやっているマンガ家クラウドファンディングは好調のようで、山本貴嗣先生の『剣の国のアーニス2』制作支援プロジェクトは、475万円も集めた。

こやま基夫先生の『おざなりダンジョン クラウドパンゲア』も320万円近く集めて大成功。

ベテラン作家が制作費を集めるのにクラウドファンディングを使う。ということが一般化するといいと思う。
色々大変ではあるけどね(笑)とくに納期がね。

イーブックの宮坂さんと昼飯。単行本の納期やら四方山話。締切の話をしながら飯を食うと消化に悪い。

次の予定まで1時間ほど間が空いたので、トリガーのコワーキングスペースに行ってみた。壁についたテーブルを削ってスペースをちょっと広くして、真ん中に大きなテーブルを配置。
いろんな作業が出来るよう、1時間1000円で公開したという。様子を見に来たらお客さん誰もいない貸切状態。

「コワーキングスペースにしたの昨日からなんで、まだ誰も知らないんですよ。みそ先生が最初のお客さんです」
おおー。
これはものすごいお得感あるなー(笑)
しかもマンガ家は無料というので、それは客じゃないわ。と出してもらったジンジャーエールをグビグビ。
TwitterとFacebookでつぶやいてみた。
同業者が「マンガ家無料」にかなり引っかかってきて大量のRTがついた。
どこまでがマンガ家なの? と聞くと、本を出していればいいらしい。自分の単行本持ち歩いて渋谷に来る人はいないので、ここの壁に飾ってあればいいけれど、そうでないときついかな。
名前言っても誰も知らない。という人もいるよね(笑)マンガ家の名前なんて相当有名じゃないと知らないし。
よく美容院で「あー僕漫画大好きなんですよ。名前言ってくれればわかりますよ」という人がいるけれど、たいていわかるのはジャンプの作家だけだったりするので、恥ずかしい思いをする。
「知らないと思うけど、鳥山明といいます」とか言っておけばいいかもしれない。鳥山明は金髪。という噂がたったらオレのせい。

30分ほどジンジャーエールをすすって、代官山方面に移動。
メディバンで打ち合わせ。
初めて行ったがとても素敵なビルだった。金もってるなー!

「メディバンペイント」は電子でマンガを描いている人は大抵知っているアプリで、PCでもタブレットでもiPhoneでも、同じように使えて無料。

ペンシルにも対応、レイヤーも、スクリーントーンも、相当複雑なこともやれるのに無料。広告も入らない。
ネームを作るアプリ(これがあまり使えない)も無料。いったいどこでお金を儲けようというのか。そこに興味があったので、お話を聞きに来た。

30台前半の若いスタッフたちに囲まれて、これからのメディバンが目指していることのレクチャーを受ける。
ほーほー。
基本はアプリを無料で提供して、作品をクラウドで保存してもらう。
そのまま販売することが出来るようにする。国内だけではなく翻訳して海外に広く売り出す。その時に手数料をいただく。というモデルだった。
そうか、そういうやり方なのか。
海外は英語中国語フランス語だけでなく、相当マイナーな言語もいける。
親会社は国内の投資会社で、社長がマンガ好きだという。
なるほどねー。これは面白いので、Amazon一社だけで出している今の戦略をちょっと変えてみてもいいかと思った。
すでに長く販売して行き渡ってしまった「限界集落(ギリギリ)温泉」を世界展開するということもできるし。自分で翻訳を頼むとすごくお高いんですよ。英語だったら無理やりやれそうだけど、他はできないし。
なんでもかんでも自分でやる。というのは限界あるからねえ。ただでさえベタ遅れなんで(笑)人の力を使えるところはどんどん使っていかないと。
出版社が提示する電子の料率よりずっと高いのもいい。出版社はすっかり横並びで低い料率で収まってしまったように見える。
みんなどんどん作品もって外に出ればいいと思うよ。
サブスクリプション(定額読み放題)がAmazonで始まったら、出版社は作家にどうやって配分するんだろう。やっぱり生かさず殺さず、という数字なんだろうなあ。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
7月13日(水)

英語、2時間
ゲットナビネームをコツコツ。
ポケモンGOの海外のブーム、ものすごい勢いで死体は見つけるわ人は集まるわポケモンだらけらしい。
Ingressをレベル7でリタイアしたオレには遠い国の出来事のよう。文字通りそうなんだが。
嫁が、任天堂の株買ってる? と目を輝かせたがもちろん買ってない。1万6千円もする株を買えるものか。ポケモンGOはもちろんやる気だったが、まさかこんなに当たるなんて思っちゃいないし。

この勢いで出すべきは、WiiFITスマホ版ですよ。
体重計を4箇所につけたあの板をスマホ対応にしてサーフィンボードデザインにして売りだして、ポケモンGOで減った体重と、ヨガと日本の禅をセットで売る。できれば飛んだり跳ねたりしても壊れないようにして、よりアクティブに。片手でスマホを持ちながら家庭でスポーツ。
スマホを核にしてゲームに合わせた周辺機器を売っていく。
ゲームハード作るより手堅いんじゃないかしら。

テニス、2日連続で雨で中止という連絡をフェイスブックで見る。行けないオレの怨念が雨を降らせておるのじゃ。ふふふふふふ。

昨日グリップテープだけは新しく巻き直した。あー、打ちたい。
仕事、天気のようにぐずぐずと進まず。しょうがないのでビール飲む。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
7月14日(木)
任天堂の株2万超え。4千円も上がるか。すげえな。
ゲットナビ、Macファンネームをやっつける。

ブラック企業についてちょっと考える。あれ?これ前に書いたっけ。もう思い出せないからとりあえず書いてみる。かぶったらすまん。
「オレがいないと会社がまわらない」
と思っている人はブラック体質である。
自分が休みをとっても、部下が休んでも、誰が病欠しても、それをフォローする人員がいるのが正しい会社のバックアップである。
個人の頑張りでなんとかする、を繰り返していると、その人がいなくなったら大変に困ってしまう。
この「取り換えがきかない」ことは、逆にフリーランスでは必須条件でもある。
誰がやってもいい仕事なら、他の人に頼めばいい。少しお金が高くても、この人でなければできない仕事、をフリーランスは取ってくるので、取り換えがきかない自分になることはとても大事である。つまり。
「フリーランスは本質的にブラック体質」
であると言える。
死ぬ気で働け。出来るまで帰れると思うな。やる気のないやつはそこの窓から身を投げろ。
これは上司が部下に言うとアウトだが、マンガ家が自分に言っている分にはなんの問題もない。というかこういうことは言うまでもないことで、完成しないとお金にならないので、多少病気であろうが親が死のうが、やらなきゃいけないことはやるのがフリーランスである。ああ、黒い。

黒くない仕事の仕方をするための条件を考えた。

自分だけにしかできない仕事をできるだけ少なくして分業化する。
できる仕事量以上を引き受けない。
毎日同じ時間に仕事をして、残業しない。
徹夜しない。休日は休む。
特別すごいものを描こうとしない。悩まない。
一日でたくさん仕上げようとしない。

書き出してみると、そんなマンガ読みたいだろうか。という思いもするが、そういう生活がよくないのだからちょっと実践してみよう。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
7月15日(金)

9時起床、英語1時間40分。
トルコで革命か?

ピンポーンと、Amazonから何かが届いた。毎日毎日嫁にAmazonから配達物がある。土日の多い日は6つ届くこともあり、一体何を買っているのだろうと訝しんでいる。
ダンボールは大きいが軽い。
安い着物を買っているの。と言っていたが、こんなに着物を買っても入れる場所がない。この大きなダンボールは合体してロボットになるのかもしれない。
というネタは「よつばと!」でやっているんでしたっけ? あれまだ読んでないから知らないんだけれども。せっかくだから英語にしようかと、英語版よつばと!を探したんだが、ペーパーバックしかない。Kindleでは出てないのね。

英語と日本語がワンボタンで切り替わるというのはマンガボックスとかでないとむりかな。

夜寝る前にヘッドフォンで聞いているAmazonEnglishの高速英語に耳が慣れてきた。
会話だと、パターン化された短文が繰り返される。関係代名詞のthatが、高速で「ザ」と一瞬聞こえるだけだということもわかってきた。
もう少しで次のステップに進めそう。どこにあるのかオレのステップ。

ゲットナビの大妖怪展漫画。
展覧会の話題は少なめにして、昭和の家電の妖怪、というオリジナルネタにしたほうが面白いのでは、と閃いた。
ネームできていたのを廃棄して書き直し。
ファミ通で昔よく描いたパターン。とても面白くなった。よしよし。
様々な妖怪の中に、買収された昭和の妖怪として、でかい目ん玉の「妖怪目の付け所」を描いたのだが、ゲットナビ的に通るだろうか。メーカー広告入ってないかな。
いや描いちゃったからしょうがない。
やばかったら伏せ字にして目のところに黒棒を入れてもらおう。シャープな線で(笑)
こんなギリギリでネームからやり直してしまうので、寝る時間が無くなってしまうのだ。
ギリギリでしかアイディアがでないことを改善すべきだな。うむ。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
7月16日(土)

9時起床。英語1時間。
クーデターは失敗に終わり、首謀者は銃殺されたというニュースが。
トルコにはマンガ家仲間の市川ラクが住んでいる。Twitterで無事の知らせが届いていて、一安心。
まったく不謹慎であるが、クーデターと聞くと毎回昔のファミ通の桜玉吉さんの漫画を思い出す。
ラフな線の玉さんのキャラが裸で何かを食べている「くう?」
そのまま尻からもりもり出しつつ「でた?」
「下品!」
とキャラに突っ込まれているシーンで、死ぬほど笑った。
「クーデター鎮圧」と新聞の見出し。
「ちんあつ〜」と玉さんの絵で浮かんだ。

ヨメと息子が大分へ出かけた。
APUが学校公開をしているので、進学先候補として息子が見るのと同時に、在校生の娘が頑張っているのを見に行くツアーだという。
あれ? あいつはまだ日本にいたのか。と聞くと8月末からカナダに行くそう。
九州もカナダも距離的にあまり違いがない。
オレは新宿でカラオケ。
半年ぶりくらいに昼カラオケメンバーと会う。新しいメンツも。
10年前くらいに、当時フリーライターだった原口一也(現在新聞社勤務)と、作家の我孫子武丸さんとオレで、昼間にカラオケやったら安くて歌い放題でいいよね。と始まった会。
夜中に酒飲んでグダグダに歌うより、昼からジュース飲んで歌おうじゃないかと、毎月5〜6人で6時間くらい歌っている。
今年はオレが忙しいので予定を立てなかったら、半年もやらない。なんだオレがやりたいだけだったのか。

今回の主催は原口。

ゲーム屋だった鶴見六百、占い師で大道芸人の桜田ケイくん。といういつもの面子。
久しぶりで、準備不足のため新曲が皆無なオレ。新しい曲入れないと楽しさ半減。やっぱり5,6曲は用意しておかないといけない。このところ音楽聞く時間が全部英語になっちゃってたからなー。
次までに、岡崎体育は入れておかないと。
英語曲を歌ったら、ジョンレノンやビリー・ジョエルを今まで何10回も歌ってきたのに、初めて意味がわかって感動した。
意味もわからずに何10曲もフルコーラスでバカ覚えしているのは、若かったから出来たことだが、あの頃真剣に英語やっていたらなあ。とも思う。
新宿でなにか食って帰ろうと思ってたら、財布を忘れてきたのでおとなしく家に戻ってありもので食べた。
iPhoneカバーに入れてある5000円は、よく活躍してくれる。活躍してくれたおかげでもう1000円しかない。補充しておかないと。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
7月17日(日)

家に自分一人しかいない。というのはとても快適で、英語をヘッドフォンで聞かなくてもいいし、冷蔵庫の材料は計算通りに消費できる。
朝早くから電子音の目覚ましかけるやつもいなければ、咳き込んで起こすやつもいない。
これほど深く眠れたのはどれくらいぶりか。気づいたら10時。寝すぎた。

やらないといけないことを書き出してみる。
1、マックファン2ページ漫画
2、クラウドファンディングのみなさんへの挨拶と、昔のマンガを掘り起こして原画をまとめて送付。
3、同じく似顔絵20人。
4、セブ広告漫画 カラー12ページ?4
5、某広告漫画 カラー数ページ
6、クラウドファンディング広告漫画 カラー6ページ以上
7、単行本書き足し

うん。ベタ遅れだ。
うんじゃねえ。
キャパ超えて仕事入れてるから、どこから手を付けていいのかわからない状態になってしまう。

まことに遺憾でございます。1つずつ片付けていかないと。
やる。もうやる。
とりあえず英語から。そこかよ。

「英会話ぜったい音読続挑戦編」2周目終了。
この本、おそらく選者の趣味で、ちょっと左がかった内容が多いのが気になるんだが、Lesson9 「Blowing in the Wind」の内容がダメ過ぎる。

瀬戸内海に住む3歳のルミの両親が、たまたま広島の親戚の家に行った時原爆が落とされた。一晩だけ泊まってくる。と約束した両親はもどってこない。一日中ルミは両親を海で待ち続けている。
1週間後、両親を探しに、ルミはおじさんと二人で爆心地に行って被ばくしてしまう。そして髪の毛は抜け歯茎から血が出て、ついに死んでしまう。彼女が手に持ったリボンが風になびいていた。
という内容。

これ作り話でしょー。
一週間以上経ってから広島に行ったとか、そこで4日歩きまわったとか、一日中海を見てる三歳児とか。もう設定が相当無理。
彼女はたった一言しか話さなかった。という一言が
「Mom and Dad said that they would only stay one night.]
なげえよ(笑)
たった一言しか話さない三歳児が随分難しい英語使いやがるわ。関係代名詞をすらすら使うか。他には話さないのに(笑)

最後はおじさんの手の中で海を見ながら亡くなる。彼女の髪の毛を飾るリボンを作るより、病院行けと誰か言ってやれ。
まあ、あまりにリアルな話を英語で読まされてもつらいので、このくらいファンタジーの方がいいのかもしれないけれど。

仕事はあまり進まず、ただ風がふいていた。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
7月18日(月)

やばい月曜になった! とビビっていたが、世間では今日まで祝日だった。
そうだったのかー。ホッとして布団に潜った。ねちゃいかん。
英語を1.5時間。マックファンのペン入れをコツコツ。

「北欧女子オーサのニッポン再発見ローカル旅」

というコミックエッセイが献本されてきた。
はて、誰が送ってくれたのだろう。版元がKADOKAWAなので編集かな?
パラパラっと中身を開いて、こういうおねえちゃんが描くタイプの四コマをオレに送ってくるのはどういうことだろう。と頭をひねったのだが、読んでみたらわかった。
ああ、異文化を面白がる本か。
オレの本だと「アジアを喰う」の系列。
外国人(スウェーデン人)の目から見た、日本の地方文化。というのは面白い。
絵だけ見ると、オチも山もないタイプの四コマだと思っちゃうんだよね。
彼女、オーサさん、全然絵が本人と似てないんだもんな(笑)
ネタ自体は面白くて、何度も「おおー」と笑った。特に九州の田舎で暮らしている女性たちの保守的なところはすごい。カーテンが早くに閉まってしまうと家で酒を飲んでると思われるって、めっちゃ怖いわ。

あと、フキダシの中のセリフがキレイな日本語に整いすぎていてもったいない。
欄外に書いてある文章くらいたどたどしくてよかったんじゃないかな。
完全に彼女の使える日本語のレベルを超えてるから、これは誰が描いたネタなんだろう? と視点にひっかかった。
自分が英語でマンガを描けるようになったら気をつけよう。

夜、ヨメと息子が戻ってきた。こいつら寿司ばっかり食ってやがった(笑)
オレがぼそぼそインスタントラーメン食っている間に! 
そういえば、ダンチューの編集が「カレーやラーメンの取材は続けてできるんですが、寿司はきついです。寿司を毎日食うのはとてもしんどいんです」
と言ってたので、それなりに辛かったのかもしれないな。なんてことがあるかー! 明日も明後日も回転寿司食わせてやる。

───────────────
【おたより】

今回のメルマガも面白かったです、
これは書籍化しましょう(^-^)
m.yama

【みそ】
いや、売れないから(笑)
でもこのメルマガ、いろんなところで読まれているようなので、手が抜けない。
こうして続けていることが何かの足しになっているのかな? 本が出たらイヤってほど広告を打ちましょうそうしましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メルマガで「英語XX時間」ってのを見て、僕ももう1度英語をやろうと決意!
Lang-8ってサイトに登録しました。
「語学を勉強しているネイティブどうし、お互いに添削しあいましょう!」ってサイトで、日本語を勉強している英語ネイティブ⇔英語を勉強している日本語ネイティブとか、中国語、韓国語、スペイン語、などなど。

添削してもらうだけだと、自分の書込みは下の方に下がり添削されにくくなる。
頑張って添削するとポイントが貯まり、上の方に表示され添削されやすくなる。
「自分の英語見て欲しいから!」てのがモチベーションになるんです。
それが嫌なら課金って方法もあるんですけどね^^;
ヤマシタ

【みそ】
へえ。面白そうなサイトだなあ。
でももう英語の時間は多すぎてw,これ以上増やせないので見ないことにする。ネットでネイティブ相手に会話するやつは興味あるんだけど、お金かかりそうで躊躇してる。もうちょっとレベルアップしたら考えよう。
───────────────
ブラックマンガ家脱出計画。ああ、それっていい企画だ。
あと、このぼってりでっぱったお腹をそろそろひっこめよう。
忙しい時食べ物制限すると泣いちゃうからね。
九州の娘がどかんと太っていて、15キロも増加してたってほんとか? こら娘。お前も一緒にちょっと絞れ。ちょっとじゃ足りねえか。
ではまた来週ー。

日記048 マンガ家大集合

───────────────
目次
1.今週の日記
 参与
 大妖怪展
 ギックリ腰に効くストレッチ
 【お店】板橋「肉小屋」
 【お店】下北沢「スナガ」
 漫画家飲み会
 トキワ荘プロジェクト
 参議院選挙

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
7月4日(月)

夏になるとクーラーのきく部屋に家族全員集まって寝る。というのが我が家の節電だが、息子が期末テストのために6時に目覚ましをセットしている。
1発で起きればいいのだが、あの世代の問題かうちの家系の問題か、息子も娘も一度寝たら起きないことハシビロコウの如し。
いや、ハシビロコウが起きないのかどうかは知らない。
地鳴りのようにぴぴぴぴぴ。と響く電子音が耳にこびりついて、オレが最初に目覚めてしまう。
世の中で一番嫌いなのが電話の音であるオレは、あの電子音の最初の「ぴ」で安眠が阻害される。がばりと飛び起きて「やってます」と返事をしてしまいそうになる。いやこれは締め切りの催促ではない、ということはわかってはいるのだが、習性なので直しようもない。しかたなく6時起床。

英語2時間、ジョギング1時間やってもまだ9時台。やっぱり朝はやく起きると一日が長い。

日本漫画家協会から封書。
鈴木みそを「参与」にしたいので、承諾するかどうか返信をください。
という内容。
ええ? 国民健康保険が安くなるというので入れてもらったけれど、一度も参加したことがない幽霊会員に、なんで肩書がつくんだろう。
協会の偉い人である赤松健さんにメールしようと思ったが、ふと思いついて漫画家協会を検索してみた。
参与。という肩書の人は80人以上いるようで、特に深い意味があるわけでもないらしい。
年功序列的な役職なのかな。お金がかかるわけでもないようなので、おうけします。と返事をした。
かあさんオレ参与になったらしいぞ。
と嫁に言うと、じゃあこれから参与って呼ぶわ。などと言っていて、適当さに笑う。
テニスとカラオケの人たちはオレを「部長」と呼んで、あまり付き合いのない編集者は「先生」と呼ぶ(付き合いの深い編集はオレが先生と呼ばれることが好きじゃないことを知っているので「みそさん」と普通に呼ぶ)が、これからは「参与」で統一するか。
「みそ参与」
なんだか酔っぱらいに絡まれているようでもある。みそさんよー。
で、参与ってなに?
パナソニックに吸収されたとこ?

午後から総武線の両国にある、江戸東京博物館へ。
明日から公開される「大妖怪展」

一日早く報道関係におひろめされる。ここは360度THETAの出番であろう。
なかなかいい画像が撮れたが、報道関係の撮影は許されているが、公開するのはちょっと面倒なのである。雑誌や新聞は、この範囲の撮影はオーケー。ウェブは公開期間が終わったら、画像を消すこと。などとレギュレーションの説明がされる。
デジタルで全部見せてしまえばいいのに、とオレは考えているが、チラリチラリと見せて、いいところは隠した方が人を呼ぶことができると考えているのだろう。実際そうかもしれないが。

浮世絵の実物を初めて見たが、自分の目がとても悪くなっているのを感じてショックを受けた。薄暗い部屋の展示物を見るには近寄らないと行けないが、近寄りすぎるとピントが合わない。そもそも重要文化財レベルの作品だと厚いガラスで守られていて顔を近づけられないので、細部が全然見られない。

印刷物である目録が非常によく出来ているので、まあこれでいいや。
実物の浮世絵は、印刷物よりしょぼく見える。ということがわかった。
印刷を見て実際はもっとすごいんだろうというバイアスが大きすぎた。
紙も色も実に安っぽい。
庶民に配ったものなので所詮この程度のものなんだなあ。
絵も幽霊画のオリジンとされる平安以前の宗教画(国宝)よりも時代を経た江戸のほうがタッチも多彩で見応えがある。平安時代の画は下手っぴなんである。
葛飾北斎の上手いこと! 月岡芳年のタッチも素晴らしい。

今のパソコンの無限の色味とタッチを考えると、こんなに上手に描ける人間がたくさんいる時代はかつてなかったわけなので、同人誌を集めている人は浮世絵を集めていた人たちより恵まれているといえる。BL同人誌が100年後に一財産になることだって十分ありえる。

そば食って帰ったが、さすが両国そば美味い。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
7月5日(火)

朝9時起床(遅い)
英語とジョギング。
嫁が左手の中指を切った。
夫婦で同じようなことをしているが、ヨメは指の背中の方をそいでしまったので、血がどくどく出ていてひどいことになっている。素早く自分で処置してぐるぐるまきにしていた。
看護婦かっ、というツッコミは先週したので割愛。
患者だよっ。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
7月6日(水)

久しぶりのテニス。と本人は思っているが、日記を読んでいる人には「ひさしぶりのテニス」を年中やっているように見えるだろう。
2週間空いたら久しぶりだし、1ヶ月も空いたらそれはもう一日千秋の気分なんだが、日記ではわずか4回前に書いている。まあそんなわけで久しぶりに堪能した。
のだが、ボレーを打った瞬間、腰がぐぎりとなった。
あ。
やってしまった。
腰をかがめることができない。方向転換も出来ない。
でも休んでしまうと2面で8人ギリギリなのでゲームが成立しない。
ここ3日、ジョギングでしっかり走りこんだのが腰にきていたのだろう。睡眠と運動は急に増えても減ってもよくない。
だましだましプレイ。うん、出来ないことはない。40分くらいゲーム。

終わってしばらくベンチに座っていたが、まっすぐ立つことができなくなっている。
自転車を杖の変わりにしてなんとか帰った。

こういう時は冷やしたらいいのか温めたらいいのかわからないが、長年の経験から、ぬるめの風呂でゆっくり伸ばすことにした。おお、大丈夫そうだ。

ビールでごまかして寝た。
ヨメは中指の血がまだ止まらないという。あ、バンドエイド買い忘れた。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
7月7日(木)

起きようとしたが体が起き上がらない。
ストレッチをして、なんとか立ち上がる。
椅子に座ってみたが、しばらくするとじんじんとしてくる。
仕事にならん。
とつぶやいたら、ギックリ腰に効くストレッチのサイトを教えてくれた人がいた。

あ、これ昔やったことがあった気がする。
四つん這いになって足を交差させて上下に20回。足を変えて20回。
体を丸めるようにして、お尻を前後に回転。さらに逆回転。
こんなことで治ったら苦労しないよな、と思いながらソファから立ち上がると、すっくと立ち上がれた。
うわ、すげえ! なにこの効果。きょうつけが出来るようになってる。
困ったときにこういう助けがあると、ストレッチの先生は神になれるね。
先週読んだドラゴン久保のインタビューで、魔法のような効果にすっかり夢中になった記述があった。

ーー
久保 もっと昔に会っとったことがあって。この足やと絶対終わるよって言われとった。でもそんなん、そん時は訊かんじゃん。まだ動くし。で、「面倒見てやるよ」と言われて。1週間行ってみたんけど、いきなり指をガーンて曲げられるんじゃけど、バキって割れてむっちゃ腫れるんよ。

玉乃 なんですかそれ!?

久保 むっちゃ腫れて、「どうや、痛くなくなったやろ」って。こっちが痛すぎるけ、膝の痛みを忘れているだけで、そういうテクニックじゃないんですかって言って。それを毎日するんよ、ガキン、ガキンって。で、腫れが引いたのが1か月後ぐらいで、自分でも立てるようになったん。立てるようになってからは、もう膝が痛くなくなった。

玉乃 うそー(笑)。それ以来、全然痛くないですか?

久保 そう。痛みがとれたっていうのがむっちゃ嬉しかったよね。
ーー

こんなに饒舌に語る久保! インタビュアーが仲よかったんだろうなあ。
このインタビューめっちゃ面白い。

久保竜彦×玉乃淳 "それしかできん"

スポーツ選手は若いころは多かれ少なかれ、自信の塊だから人の言うこと聞かないし、健康なんてどうでもいいという人間が多くて、酒飲んで遊んで金無くなって故障して引退。みたいなルートが多い。
元巨人の桑田みたいにコツコツ勉強して積み上げていく人間は少ない。
オレも昔からめちゃくちゃやるタイプなんで人のことは言えないんですけどね(笑)
ベテランになると、朝まで呑んだりしてはいけない、とか思うようになるわけですよ、うん。
仕事ためて徹夜なんてしちゃいかんですよ。まったく。

今夜はおっさんが7人集まって飲み会。
IT系ライターの山口真弘さんにオーガナイズしてもらって、アップルから久々に帰ってきた河合太郎さんを迎え撃つ会。
「肉ドリル」
のライター松浦達也さん、DeNAを円満退職した宮脇健さん、うめの小沢さん、そして本日7年目の結婚記念日なのに、女房子供を置いてきた編集の山本太郎さん。先月のうにの飲み会とほとんどメンバーが同じ(笑)
本日はあの半年先の予約が取れないことで有名な、吉祥寺の「肉山」
の姉妹店、板橋の「肉小屋」に集合。

飲み放題で赤ワインをポンポン空けて肉を堪能。いや、うまかった。

※撮影小沢

こっちの店なら予約できるので、お肉を食べたい人は行くといいと思う。
全部焼いて持ってきてくれるし。
量的にそんなに多くはない。と聞いていたけれど、十分でした。

続いてカラオケ。
大盛り上がり。アップルの太郎さんもオレも相当カラオケにはつぎ込んでいる。みんなここぞとばかり18番を歌ってくる。
小沢さん、たくさん一緒に飲んでいるけどカラオケは初めて。
どんなのを歌うのかと興味津々で聞くと、「やだなー! こんな緊張するカラオケはいやだ! 変な汗かいてるし心臓バクバクだし」
相当なプレッシャーを感じているよう。
「今夜はブギーバック」を入れてみんなで合唱になる。
おー、上手い選曲をするなー。ごまかしが実に上手い(笑)
いやでも普通に高得点でる上手な歌い手。あまりカラオケ好きじゃないって言うのが謎。話す方が好きというだけかもしれない。
終電近い京王線。間違えて特急に乗ってしまって明大前から府中までノンストップ。あれ? 新宿方面に戻る電車がない。
しかたなく漫画喫茶で夜明かしすることに。

久しぶりの漫画喫茶が面白くて、マンガを並べて読み漁る。
ネットの動画見たりしたが、エロ動画が無料で見られる、という割にはチョイスが少なくて、人気の高い作品は別にお金を払って見てね、という感じ。なんだかなー。
狭くてちゃんとした睡眠がとれないので、始発で家に戻る。
満喫で何年も暮らしているという桜玉吉さんはあの身長でどうやって寝ているんだろうか。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
7月8日(金)

6時半頃布団に入り、10時には起床。
眠くてどんより腰も痛いので英語はパス。仕事以外でパスしたのは初めて。こうして学習時間が減っていくのかもしれない。

今夜は漫画家が集まって飲み会。
下北の「スナガ」へ。
(ここはテニス仲間の須永さんがシェフをやってるお店。予約可)

元は寺田克也と「Threes!」をやって攻略などを飲みながら考える。という企画。そういえば「岡崎に捧ぐ」の山本さほさんが一緒に飲もう、と言っていたのでここにブッキングした。
彼女は無類のゲーム好きなので「Threes!」をやるように申し付けた。
「みそ先生、2年前に会った時も面白いって言ってましたよね。まだやってるんですね?」
そうなんですよ。全然飽きないの。
彼女がダウンロードして遊んでいたら、イベントでそれをのぞき見た「ハイスコアガール」の押切蓮介さんが、興味を持って買ったという。また一人Threesの泥沼に落ちていく。くくくく。

このゲーム飲み会にもう一人、さほさんを初期の段階で才能を見つけだした、けらえいこさんも呼んだ。
変わった4人組の飲み会。けらさんはゲームしないしパソコンにも詳しくないが、iPadproは買ったという。
おお? ペンシル使うんだ? 
「そうなの。液タブ? あれは買ったけど使えなくて、まだ箱から出してないんだけど。こっちなら大丈夫って青木(俊直)さんが言ってたから」
液タブ何年も使ってないの? もったいなー! 
「iPadProだったらProCreateを使うといいよ」と寺田。
漫画家だったら見開きで2枚使えば。と言いながらiPadを2枚出す。え? なんで2枚? 
「いや便利だから。見開きでも描けるし」
マジでー? と驚いていると、さほさんもiPadとペンシルを持ってきていた。やっぱり漫画家はiPadか。
オレだけSurface。でもいいの。良いマシンなの。
寺田克也がさらさらとペンを入れると、もう全員の目は釘付け。これを西友の入り口でやったら、豆腐ハンバーグよりiPadとペンシルが飛ぶように売れるに違いない。
実際に買って描いてみても、寺田克也のように描けるわけではない。(でもみんなマシンがすごいんだと思って騙されてしまう。というMacネタを描いたのは20年くらい前になる)
ワインを2本開けたが、ほとんどオレとけらさんで飲んでしまった。
「Threes!」をまったくやらなかったことに気づいた。

2次会で終電を逃した。しまった2日連続だ。
夜2時を回り、けらさんをタクシーで見送った後、行きつけのバーへ。
山本直樹と中川いさみが演劇を見た後二人で飲んでいた。
今日は漫画家大集合の巻か。

いさみちゃん久しぶりー。
ネットでやってる「マンガ家再入門」すっごい面白いねー、などと挨拶。

中川いさみ、吉田戦車、寺田克也、オレは同学年なのだ。
直樹さんは一昨日テニスで一緒だったが、昨日寺田と飲んでたそう。複雑に繋がるマンガ業界である。

いろんな話題が飛び交ったがほとんど忘れてしまった。唯一覚えているのがこの会話。

「最近すごいよね、あの顔の造形。
ほら、不気味の谷を超えたドールの...」
と中川いさみ。
「ほら、ラブラドール?」

口に含んでいたジンフィズを吹きそうになる。そりゃ犬。
「あ、そうだそうだ。ラブドールだラブドール」
ボケじゃなくて素なのが可笑しい。
「ラブラドールのラブドール」とリズミカルにつぶやくと、間髪を入れず山本直樹が「バイブバイブ、バイブのしゅうりんがん...」
ぶほっ。
ジンフィズが鼻にまわって目の付け根からにじり出て涙がしみる。いたたたた。
さすが馬鹿で素晴らしい。
3時半を回り、タクシーで帰るタイミングを逸したので、始発を待つことに。
駅がまだ開いていないので、改札の前で地べたに座って仮眠。腰を痛めたばかりなのに若人なようなことをやっていてはいかんな。

締めのラーメンに入れたにんにくの匂いをさせながら帰宅。ヨメに、うわ、なに食ってきたの? と言われながら眠りについた。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
7月9日(土)

10時起床。睡眠不足で英語をやる気にならない。2日連続でパス。
今日は昼からトキワ荘プロジェクトのイベントがあったんではなかったか。
二日酔いの頭を揺すりながらシャワー。ぐったり眠い。今日は終電前に帰ろう、と決意して出発。

トキワ荘プロジェクトというのは、マンガ家のタマゴに部屋を貸して、みんなであの伝説のトキワ荘のように情報や体験を共有してマンガ家を目指そう。という趣旨で(たぶん)始まった、マンガ家支援、不動産斡旋プロジェクトで、今年で10周年になる。
数年前に主催者の菊池さんと知り合ってびっくりしたのが、当時でも40人以上の新人をデビューさせていたことだった。
毎年何百人も卒業するマンガ専門学校ですら、漫画雑誌にデビューできる人の数は片手に届かない、ヘタすると今年はゼロ人、ということもあるなか、マンガを教えているわけでもなく、マンガの専門家でもないプロジェクトが、これほどの成功率を上げていることが信じられなかった。
10年で61人デビューしたという。これは奇跡のような数字である。
そして次の10年はもっとすごいことを目指していく。という発表が今日あるという。

五反田のビルについた時はすでに発表が終わっていた。

ああー、だめじゃん(笑)
ウェブを見たり、後から聞いた話をつなぎ合わせると、マンガ家は編集者を選ぶことが出来ない。これを改めたらどうか、という狙いらしい。
どこの編集部もマンガ家と編集というのは、最初の電話を編集者が取ったことで始まる。どの編集が電話をとるかどうか。それによって作家の一生が左右される。
一度編集がつくと、別の編集者に変わることは滅多にない、銀座のホステスのようなしくみになっている。(出版社を変われば別)
もっと自由でいいのではないか。あの作家をデビューさせた編集者と組みたい。という望みだってあるはずだ。
ということで、マンガ家と編集者をマッチングさせるシステムを始めるという。
さらにベテランマンガ家を「メンター(指導者、助言者)」として若手の上に配置して、技術の伝達などをすすめていく。ということも目指していくようだ。

たぶん。

クラウドファンディングでお金を集めているので、新人マンガ家が育つところを見たいというおだんな人や、プロマンガ家としてお金がうなっている人はぜひ投資してみてください。


詳しくはトキワ荘プロジェクトのウェブサイト
で。

プロジェクトの発表は2部になっており、壇上ではたくさんのお金を集める専門家の人たちが話をしている。
佐渡島さんが久しぶりに話しているのを見たが相変わらずキレキレだ。
ほかの人が話が長くて長くて、圧縮すると10秒くらいの話を10分かけてするのに比べて、内容がみっちり詰まっていて切るところがない。その先の話をもっと聞きたいんだが、どこかのシンクタンクのおっさんが、トヨタの話などを出してきて、まったく話が咬み合わない。
この二人はとなりに座っているように見えて、実は10年くらいのズレがあるんじゃないかと思った。
地方のおじさんに話しているみたいなレベルの話で、まぶたがどんより重くなる。
佐渡島さんと「ゲームセンターあらし」のすがやみつるさんで3時間話してもらったほうがよかったんだけどなー(笑)
「話くそ長いよね」と隣のおねえさんに話しかけたら、ぶほっとむせながら体をよじって笑っていた。やっぱりそう思っていたか。

発表会が終わり、「魚河岸三代目」原作の鍋島さんと、いつものように話していると佐渡島さんが「みそさん!」と呼びかけてきた。
「読んでますよメルマガ。面白いですね」
おかげ様でやっております。
「すがやさんとさっき話をしていたんですが、すがやさんは石ノ森さんのところで仮面ライダー描いていた頃、株のマンガを書いていらしたんですね。学習漫画の最初の人ですよ。みそさんもわかりやすいマンガを描くのが大変上手なので、そっちの方向はあると思ってます」
いろんな人と話をしたかと思ったら、ばばばっと帰っていった。いや忙しい人だ。
懇親会でビールやワインが出たが、今日はあまり飲まないように気をつけた(笑)
大阪のシンポジウムに来てくれてマンガを描いてくれた、くらふとさんや、小池一夫先生のところにいる菖蒲さん、マンガ家玉屋さん、素敵な着物の永久保さんなどと話をして盛り上がった。
木崎さんとはあまり話せなかったなあ。
日本独立作家同盟の鷹野凌さんやライターのまつもとあつしさんともご挨拶。どーもどーも。
最近の電子書籍界隈の動きをもう少し聞きたかった。つい話すのに夢中になってしまって人の話を聞きそびれるのはよくないなあ。

帰りの電車ですがやさんと乗り合わせて、マシンガントークをしたが、駅3つ分で下車。いや残念。
玉屋さん永久保さん鍋島さんと井の頭線。バタバタ話しているうちに駅。いやあ、あっという間だ。今日は酔っ払わないで帰ってきたので風呂入って早寝した。えらいぞオレ。でも自分の話より人の話を聞こうじゃないか。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
7月10日(日)
9時起床。2日ぶりの英語を2時間。
机で久しぶりにクリップスタジオを立ち上げた。
セブ漫画のネームもやらねばならないし、似顔絵が溜まっている。これを1周間くらいで処理していかないといけない。飲んでばかりでは間に合わない。まあ、いつものことですが。

午後になり選挙へ。
去年一緒にラジオに出たおたくの星、山田太郎さんがどこまで行くかを注目していたが、かなり当確ギリギリのようで、ほとんど報道されない。
息子に飯を作っていたら8時を回ったので選挙速報を。
自民圧勝。やっぱりそうなのかー。ビールを飲みながらテレビ東京の池上さんに釘付け。
タレント候補に対する質問の鋭さは相変わらず。対応を間違えるとバカがバレるしくみになっていて、あーあ、こんなのが通っちゃったのかー。と視聴者に思わせるエンターテインメント。スピードの今井絵理子、三原じゅん子が次々と火だるまに。
自民の幹事長は実に上手にかわす。なるほど嘘つきの年輪が重なるほど、この手のコメントはそつがないのだな。1年目やタレント候補は、正直に話してしまうので簡単に足をすくわれる。まゆひとつ動かさず、矛盾したことを長い話で煙に巻く、という能力がここでは問われている。

ああ、と気づいた。
昨日、壇上で長い話をしていた人たちは、お金を集める人で、漫画家や編集者ではなく、政治家に近い。
一定の時間、言質を取られないように、難しそうで実のありそうな話をすることが求められているのだ。何を言っているのかよくわからないのは当然なのだった。あれもあの世界の処世術なのだなあ。

選挙エンタメを堪能したので「真田丸」を再生。
ホント、秀吉が怖くていい。戦国モノは政治的な人集めが多かったが、三谷さんの脚本は政治色がほとんどないところが面白い。
テニスウィンブルドン決勝を見終わったら1時過ぎだった。いい試合だったけど、マレーは隙がなかった。
サッカーの決勝は録画して明日見る。

深谷かほるさんから「夜回り猫」を送っていただいた。

危なく買ってしまうところだった。と言ったら、嫁も「危なかったー」と言っていて、下手をすると3冊並ぶところだった。

中身は文句なく面白い。絵がうまくて、内容もとても今っぽい。まさか作者がオレより年上とは思いませんでした。この前けらさんと話してて初めて知りました。
いや、50代でも全然やれるわー。と元気が出た。
でもカラーで読みたかったー。半分の薄さで800円フルカラー、1巻2巻、にしたらどうだったろう。あの彩色もこの作品の大きな魅力なのにもったいないなー。
電子版だけフルカラーとかしてくれたらそっちも別に買う人が出そうだけど。

ちなみに彼女の弟も漫画家で「深谷陽」さん。ほら、インドネシアに住んで向こうのおねえちゃんと結婚しそうになる漫画知らない? 

モーニングの後ビームでもやってたんだけど(笑)

そういわれてみてから絵をみたら、確かに背景が似てる! もしかして手伝っているのかもしれない。

ーーーーーーーーーーーーー
後で読み返すと記録になる、という狙いで、今週から目次にインデックスを入れてみました。上だけ見てどんなことが書いてあったかすぐわかるように。
それと、誰と会ったのか、名前をできるだけ入れるようにしてみました。コメントどんどんつけてみてくださいね。

ではまた来週ー。

日記047 そのまえにビールを飲もう

6月27日(月)

朝8時、固くなったフランスパンを切ろうと体重をかけたところ、パンがつるっと滑って飛んでいき、包丁はおさえていた左指の中指の爪の下にガツンと振り下ろされた。

があああああ!

何事かと降りてきた嫁が、即座にバンドエイドとキネシオテープで指の根元を止血。
非常に素早くて、お前は看護婦か。とツッコミを入れるほど。

普通の人はめったに指を切らないが、嫁は頻繁に指を切り足を切り、茶碗を割っては指を切る。

一昨年、6個入りのワイングラスを3セット買ったのに、今生き残っているのは5つだけ。13個も割ってしまっている。茶碗やコップを含めると1ヶ月に一回は割っている。そういう経験が、処理の高速化に寄与しているのだろう。

下手に肉を削がなかったので、それほど痛くはない。少しキーボードが抑えにくくなったくらいですんだ。ラッキー、と英語学習1時間。

先週の日記、日付を一日間違えてた。さらに先々週は1週間まるごと全部後ろにずれているという有様。

日記の曜日が間違っていたらパソコンがお知らせしてくれてもいいんだけどな。誰も使わない機能は実践されないの法則。

サーフェスは、ペンの消しゴム部分をノックすると、瞬時にワンノートが立ち上がり、ダブルノックすると画面のスクリーンショットが撮れる、というペンショートカットがあるんだが、オレはWindowsのCtrlキーが左下にあるのを好まないので(マックと同じ場所である)スペースキーの隣に動かして使っている。

これをするとペンのショートカットボタン機能が失われてしまう。

買った時から改善の要望を出しているバグだが、オレの他に誰もサーフェスでキーの場所変えないのだろう、改善する見込みなし。

マックとWindowsでショートカットキーが違うの気持ち悪くないん?

先週アップグレードに失敗して、キーボードどころか普通に立ち上がることさえできなくなったiMacをおいて、東大にでかけた。

ヘッドマウントディスプレイをつけて世界を見る。この視覚情報を人は重視しているので、壁がぐるりと丸くなっているのに、ディスプレイから見えている世界がまっすぐの道だと、人の頭は簡単にまっすぐだと騙されてしまう。

どこまで壁は歪ませることができるのか。円の半径をどんどん小さくしていくと、さすがにこれは曲がっているとわかるそうだが、それはどのくらいの大きさなのか。

という実験をフェイスブックで見て、うわー面白いことをやっている人がいるなあ。これゲームセンターでやったら無限に歩けるダンジョンが作れるんじゃね? とシェアしたら、興味をもっていただいてありがとうございます。と先生からレスをもらった。皆さんの関心が高いので、うちわで公開する日を決めます。ということで今日東大までいそいそでかけたのだった。

いやあ、面白い! 壁を触りながら歩く、という行動は普通はめったにしないが、VRをつけた画面は、最初エレベーターを登り、ビルのてっぺんに立つ。というところから始まる。ビルの外側に不安定な足場が組んであり、そこを歩く。右側に行くと落ちてしまう。という恐怖で体は左の壁に近づき、手は壁を触り続ける。

設定が非常にうまい。

流石に元ゲーム屋さんである。

このVRは同時に複数のプレイヤーが遊べるそうなので、近いうちにそういうゲームセンターができるかもしれない。 

プレイの順番を待つ間に、他の研究者たちのプレゼンを見る。

舌に電気を流すと味を感じる、ということで、塩の味を補正する減塩フォーク、を作っている人や、触覚とVRとの研究、VRではなく、実際に空中に浮かび上がる映像の研究、電脳コイルのモニターを作ろうとしている研究、やらなんやら、「実験的」というのはこういうことだ、と様々な研究を魅せつけられた。

人の脳みそは、擬似的なものをどこまで本物と思うのか。という研究であり、VRの研究は人の脳みその研究でもある、ということがよくわかった。

漫画家のうめさん夫妻や、ロボットデザインで有名な園山さんといろいろ話して盛り上がった。

すっかり満足して家に帰ろうとしたところ、嫁からラインが来て、外で食べてきて。というので、最近できた大阪の串カツ屋で夕飯にすることに。

二度づけお断りの串かつを食べていると、隣の席に一人でやってきたおじいさんが、食べ方がわからないようなので、このキャベツでソースをかけるんですよ。などと話かけた。そこからなんやら話をしていると、このじいさん80歳を超えていると言っていたが、やたらと頭が柔らかくよく切れる。

同じ話を二度しないし、リアクションも的確。VRの話をしても平気でついてくる。何者なんだ。

それとなく仕事を探ったら、レア金属を作る会社の社長だったそうで、理系バリバリの人だった。

常温超電導をやっていた、というので、たしか20年くらい前の夢の技術で、どんどん超電導の温度が上がっていって、最後は常温でもできる。とか盛り上がったのに、いつのまにか消えてなくなってしまった技術ですよね? うちの姪の旦那が大学でセラミックの単結晶を焼いてましたよ。

と振るとぱっと顔を輝かせるじいさん。

「おお! よく知っとるね君」

「当時それを推進していた教授がおって、私の会社で実践していたんだが、その教授の理論はありえない。嘘っぱちだという研究が出てきて、教授が自殺。それでわしの会社もつぶれてしまった」

とすごい話になった。

そうだったのか。小保方スタップ細胞がここにもいたのか。

お金を貸しつけていたのは当時の科学技術省で、いくらでも貸すと、どんどん機材を大きくしていったのが裏目に出て、教授の自殺とともに資金の回収にこられて、潰さざるをえなかった。という。

先生はしかたないが、あの役人だけは今でも許せない。と拳を握りしめていた。

いやあ、すごい話を聞いてしまった。

ふたりともべろべろに酔っ払って、おじいさんの家まで送って帰った。一文無しになった後、娘の旦那が一緒に住もうと買った家だという。いい話だ。

今日は朝から指を切って、東大言って、超電導か。どんな一日だ。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

6月28日(火)

気が遠くなるほどググり、ツイッターで人に聞き、全然できなかったiMacの初期化。午後になって覚悟を決めた。

完全初期化で動かなくなってもいい。リスクの高いやり方を試してみる。

ということで、今まで使わなかった禁断のターミナルコマンド「delete」を打ち込む。

見事に削除に成功、MacOSを入れなおすこともなく一つのフォルダになったので、ブートキャンプアシスタントを使ってWindows10をインストール。

さくさくと進み、夜にはインスコ完了。

ビールで乾杯しながら、アプリやなにやらを入れる。昔はここから3日かかったのに、グーグルのブラウザで同期すると、メールや予定表、ウェブサイトのお気に入りが瞬時に元通りになり、普通に使う分には問題なくなる。こんなにグーグルに依存しているかと逆に怖くなる。

今日返さなければいけないブルーレイ5枚をツタヤに持っていく。4本は見たが、ゼメキスの新作「ザ・ウォーク」を見る時間がなかった。しょうがないまた借りよう。昨日東大でビルの上は歩いたしね。

借りても見れなくて返してしまう。ということはよくあるが(キャバクラと同じで延長するより新たに借りるほうがずっと安いので)何度も借りては見られなかったのが「アポロ13」

4回目でやっと見られたけれど、嫁は未だに見てない。面白い映画なんだけどね。

夜1時には、クリスタ、フォトショップが入り、ほぼ元通りになった。

Windows7より美しく、動きも軽くて悪くない。

7から上書きするとぐちゃぐちゃで使えなかったOSなのに、クリーンインストールするととても素直な挙動。またちょっとマイクロソフトを見なおした。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

6月29日(水)

8時起床、英語1.5時間。「ぜったい音読」2周目に突入。大丈夫テンションは下がってない。

AmazonEnglish、1ヶ月はお試し無料だというので、契約してアプリを入れてみた。

アマゾンアカウントのある人はいますぐiPhoneで始められますよ。

リーディングだけではなく、テキストが同時に表示されるというアプリ。これですよ。こういうのが欲しかったんだ。

どらどら、と聞いてみたら、最も初心者用のレベル1なのに、早くて発音が癖っぽくてまったく聞き取れない。うわ、これが本当の英語か。今までは学習用音源なのでわかりやすく区切って話してくれていたんだ。

速度を75%に落としてなんとかついていくが、いやこれはショックだわ。

しばらく開いている時間に耳に浴びせかけてみよう。

娘が交換留学先に、銀行に100万入っている記録を見せる必要がある。というので送金。いつまでもお金がかかることです。

クリップスタジオを調整するが、まっさらからインストールしたものは、ペンの数値がまったく違っている。なんだこれ? 新しいバージョンで基本を変えてしまったのか、オレのマシンのトラブルなのかわからない。古い設定を出してみて全部入れ替えたら戻った。よしよし。ペンも軽くて書き味が上がった気がする。

セルシスの左手デバイス「タブメイトコントローラー」を引っ張りだして使ってみた。これ使えるわ!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

6月30(木)

9時起床、英語2時間20分。

飲み会。とだけ予定表にあるが、誰とどこで飲むのか書いていない。

しばらく考えるが、誰も浮かんでこない。メールやメッセを見返すが、今日の飲み会について書いてあるものはない。

あれー?

誰と飲む予定だったんだろう。

いや困った。

しかたないのでフェイスブックに書くことにした。

オレだ。オレだよ。とみんなが書き込んで来る。ちがうやろ(笑)

でもそれで思い出した。アメリカにいる太郎さんだ。あれ? でもまだアメリカにいるけど今日はないのかな。

誰からも誘いが来なかったので家で飲む。ぐびぐび。

あなたのカバンの中身見せてください。という雑誌企画の記事をnoteにアップした。記事の写真なのに雑誌の表紙のよう。さすがはプロカメラマンである。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

7月1日(金)

6月が終わり、今年の後半戦がスタート。

毎年半年が早いと言っているが、今年は英語学習のおかげで全然早くない。英語はじめてまだ3ヶ月だ。ああ、セブ島の漫画描かなきゃ。

昨日の飲み会は自分の勘違いだったが、今日は大丈夫。「今日飲み会」と打ち込んで電車に乗ったら、途中で寺田克也からメッセ。

今日じゃなくて来週だった! 

うわ。そうか、昨日の飲み会が誰かわからなかったのも、1週間ずれていたからだった。今更そんなことに気づいた。昨日気づけ。

わははは。オレも飛行機が飛ぶ前日に空港行った。と寺田。

もう50代も真ん中近くになるといろいろやばいのである。

今週、漫画界を席巻した、31歳差婚の藤島康介さんは1歳違いである。そろそろ予定を忘れてしまったり、尿漏れしたりする世代である。いろいろ大変であろう。うむ。

母親と姪が東京に遊びに来ている。というので、じゃあ時間も空いたので飯くおう、と飲み屋で落ち合う。

しこたま飲んだ。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

7月2日(土)

9時起床、英語2時間。ボイトレ30分。最近ジョギングできてないな。英語聞きながら走るという企画が失敗だったかもしれない。走るときは走るだけ。としないとせっかくついた習慣が壊れてしまう。

明日からは、ヘッドフォンをつけないで走ることに決めた。

Amazonイングリッシュ、物語なら聞き取れるとわかった。普通に会話している音源は、とても難しい。

英語耳ができてきたようで、Textを見なくても何て言っているのかわかるが、何を言っているのかわからない(笑)

もっと単語量を増やさないといかんです。

さあ、仕事をする環境がやっと出来上がった。ここからバリバリ仕事をしなければいけません。

と思ったらとても暑い。暑いとビールがうまそうである。

餃子でビールをいただく。

仕事は明日頑張ろう。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

7月3日(日)

10時起床、英語1時間。ジョギング1時間。

英語を聞かないジョギングは3ヶ月ぶり。同じ道を走っているのに、緑の匂いと花の香りがして驚いた。

たくさん入力している情報を捨てて生きているんだと実感した。

無理やり英語を入力するより、走るときは走ることだけに集中したほうが楽しいし、ペースも早い。

シャワーを浴びて、さあ仕事の環境はバッチリだ。

今日も暑い。

机に座っていたら、あっという間に時間がたつ。ううむ。この集中の切れ方はいかん。どうにかしてテンションをあげないと。

ビールだろうか。

ワインにした。

いや、今日も素敵な一日だった。

ーーーーーーーーーーー

【おたより】

こんにちは!毎回HNを変えている、みそ漬けナスです。

ツイッターの方で、みそ先生のお姿を拝見しました。

みそ先生かっこいい!

あの黄色いバッグ、目立ちますよね。

もし街でみそ先生に遭遇したら、サインもらえるんでしょうか。

ファンです、って近づくと、「あーこの店来ずらくなるから」って言われちゃう?

みそ先生がうれしいファンの行動ってなんですか?

でもバッグは重そうですね。

【みそ】

ものすごくファンレターっぽいファンレターですね。

この「お姿」というのは「カバンの中身みせてください」の写真ですね。プロのカメラマンが撮ると、このようにおしゃれに映るのです。

この黄色いバッグ、ブロンプトン(自転車)専用バッグで、4万5千円もするんですよ。オレも買うときかなり勝負をかけてみました。

ブロンプトンを専門で扱っている五日市街道沿いの自転車屋さんにあったんですが、ここの自転車屋の親父がバッグの値段見てびっくりしてましたからね。

「普通にいい自転車買えるじゃねえかこれ!」

自分んとこで売ってるのに驚くのか。と思ったら、実質切り盛りしているのは息子さんなんですね。古くからの自転車屋の親父には4万円超えるバッグは許せなかったんでしょうね。このリアクションを見て、オレも「失敗したかなー」と思ったからね。客にいきなり失望感を抱かせるってすごいことですよ(笑)

つまり、クラウドファンディングで何万円も出してサインもらってる人に、うわー高いー、って声をかけることはよくない行動ですよ、うん(笑)

サインを売っている立場からすると、いきなり道でサインください。と言っても対応はしてはいけません。でもオレの本を持っていたら、そりゃしますからこっそり声をかけてみてください。

本を買ってくれる人はいいファンです。

ーー

ということで、夏になりました。毎日暑いです。ビールがうまいです。

追いつめられてない日記は、あまり「いいね」もつかず拡散もしないようですが、いいんです。

やっと人の暮らしにもどっています。

さあ、仕事をしよう。

ビールのんだら。

日記046 戦いすんで日が暮れて

6月21日(火)
5時半起床。平和がやってきたことにまだ体が慣れていないので、長く寝ていられない。
とりあえず英会話の本を読んでみたり。

髪の毛が伸びっぱなしなので床屋へ。
高地キャンプから降りてきた登山者のように、歯ブラシや石鹸などドラッグストアで消耗品を買う。
ゴキブリを凍らせて殺すゴキジェットを見つけた。
これ発売禁止になったと思ったら、また出てきたんだ! とレジに持って行くが1800円もすることに気づいて、すいませんこれやめます。とひっこめた。
だったらスリッパではたくわ。

TSUTAYAにふらっと入ったら、新作含めて5枚で1000円。とあったので、「スターウォーズ」「オデッセイ」などをごっそり借りてしまった。1週間で見ることができるだろうか。
オデッセイは3Dバージョンが2枚あったがどちらもレンタル中。
1週間貸出し、というのはソフトが空かない、ということでもある。数が少ない3Dは2日くらいで返却してほしい。
ちなみに3Dの映画は、ソニーのヘッドマウントディスプレイで見てます。

これ3Dメガネで分離しているのではなく、両目それぞれに画面を映すしくみなので、普通の映画館よりくっきり飛び出して大変に美しいです。

嫁も息子もこのヘッドマウントディスプレイが苦手で、数分見ると気持ち悪くなってしまうそうで、無理やり2時間の映画を見せたら俺のベッドで吐き戻したからね(笑)
VRの普及はそこにも弱点がありますなあ。

吉祥寺あたりまで出かけようかと思ったが、思ったより体力が落ちていて、やけに眠いので、家に帰ってビールを開ける。眠くて2時間の映画を見るのはつらいので、真田丸を見る。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月22日(水)

朝からザーザー雨が降っている。
今日はテニスの予定だったのに。と舌打ちしながら英会話。
アップルウォッチを見ると午後から雨が上がるという。おや? もしかしてできる?
やる。
とフェイスブックで連絡があり、テニスにゴー。
初めてTHETAを持って撮影してみた。

一枚で全部撮れるカメラは注目度が高い。フェイスブックが360度撮影画像を表示できることも大きい。

アップしてみたらnoteは動かせる写真としてはアップロード出来ない仕様ですね。これをスマホの特定のアプリで動かすと、VRになる。
まわりに見せると評判もいい。
VRは何万円もするPSVRやヘッドマウントディスプレイより、スマホを装着するだけの数千円のゴーグルから火がつくかもしれない。
VRエロ画像が置いてあるところはだいたい把握したが(笑)、日本で買うと高いね。やっぱり撮影に何人も必要だからかしら。早く数百円でダウンロードできるようになればいいのに。

テニスの後は銀座へ。
さいしょ。というお店でうに三昧。
1万5千円で飲み放題ついて、うにがしこたま出てくる。

昔の銀座のイメージだと、この肉巻きうに「うにく巻」ひとつで、この値段になったんじゃないですかね。いろんなものがお安くなっているのは、悪いことばかりではないのです。
当分うにはいらない。というくらい堪能。360度カメラも撮りまくった。
某売れっ子漫画家さんが「テレビのドラマが終わると作品が終わってしまったと思う人が増えて困る」とこぼすと、某売れっ子漫画家さんが、「ほんっとそう! 映画もそう。漫画は何年もかけてキャラクターを育てていくのに、テレビや映画は3ヶ月単位で消費していくからつらい」と次元の高い会話をしていた。
この前島本先生も「ドラマになっても漫画の単行本は全然売れない」とこぼしていたが、そんなもんなのか。
帰り道、下北沢のバーでちょっと飲んでから帰宅。もちろんバーも撮影した。
カメラ撮りたい欲は十分満喫した。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月23日(木)

英語2時間。「ぜったい音読続挑戦編」難しいなー。途中から難易度が跳ね上がる感じ。まあまだ1周めだからぼちぼちやろう。
ジョギングやってボイトレやってのんびりしているとすでに午後2時を回っている。あー、のんびりした日常だ。
とりあえず、借りた映画を消化しなければと「オデッセイ」

うん! やっぱり面白い。
雰囲気は「ゼロ・グラビティ」に近い。そこに「アポロ13」をまぶした感じでとても好物。
ブルーレイ3D買おうかなやんだけど、まあ買わなくても借りればいいかな。
「ゼロ・グラビティ」は買って見て、とてもおもしろかったけど、1度しか見てないからなー。もう昔のように同じ映画を何度も見る元気はなくなっている。「ルパン3世カリオストロの城」は20回以上見ているし、「未来少年コナン」も数えられないほど見た。宮崎アニメばっかりか。
「12人の怒れる男」「アマデウス」「エイリアン」「ブレードランナー」「シャイニング」あたりも、ビデオが珍しかった時代に人に見せるたびにいっしょにみたのでほとんどのセリフを記憶してしまっている。
もういまは見たかったらその度に借りた方が安上がりだ。
ビール飲んで転がったらすぐに夜中になった。
平和だ。

イギリスの国民投票でEU離脱が過半数を超えたというニュース。へええ、どうなるんだろう。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月24日(金)

英語1,5時間、ジョギング1時間。ボイトレ40分。そんなこんなで午前が終わる。
筋トレも始めたいが時間がない。やることいっぱいあって困るわ。
「スターウォーズ7/フォースの覚醒」

映像のクオリティは期待以上。おー、画面綺麗。と思ったが、お話があまりにエピソード1に似すぎじゃね?
ずっとどこかで見たような既視感との戦い。
ファンはこういうのが見たいんだろうけど、うーむ。
公開と同時に劇場に行った「ジュラシック・ワールド」も、CGはものすごいんだが、お話が「ジュラシック・パーク」(パート1)の焼き直し感が漂いすぎててがっかりした。
もっと新しいお話が見たいのに。と描いていて、そういう新作が好きな人はシリーズもの見て文句言っちゃいけないのかもと思い直した。
所詮シリーズものなんだから、同じ雰囲気で作らないといけないんだろう。
映画館で見なくて正解。ジュラシック・ワールドなんてAmazonプライムで見れるしね。

続けて「イミテーションゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」

タイトルが無駄に長いので期待していなかったのだが、これは傑作だった。
時間軸が3つあり、主人公アラン・チューリングの学生時代、戦争中、戦争後。
それぞれのエピソードががあっちこっちへ飛び回る。
実話に基づくストーリー、という重ったるそうな話なのに、緊張感にあふれていて、謎がだんだん解き明かされていく経過に鳥肌がたった。素晴らしい脚本。
これどこまで本当なのか、映画終わって思わず検索しまくった。いやあ、そうなのかー。実際もすごかったんだなー、と思ったが映画の見せ方はそれを超えてうまかった。

満足してワインを半分開けた。半分で止めて偉い俺。
株がべらぼーに下がって、ほとんどない資産がまた少し減った。
大人になったら年齢と同じ率で分散投資しなければいけない。50歳なら株や証券に50%あるのがバランスのいい資産の分配方。という意見にころっと騙されたわ(笑)
最近は全部塩漬けにしているが、ここらで損切りしてやり直したほうがいいのか。などと言っても100万ちょっとしか株は買ってないんで大したことはないのであるが。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月25日(土)

英語2時間。
嫁に「イミテーションゲーム」を見せるためにPS3をお茶の間に運んだ。家でブルーレイが再生できるのはPS3だけなのだ。そろそろこれを上に置いて、下の仕事場にPS4を導入するのはどうだろうか。って誰に聞いているのだ。嫁も娘も読んでるからなこの日記(笑)

「イミテーションゲーム」嫁も面白かったそう。
オレは「ビューティフル・マインド」に似てると思ったが、彼女はそうでもなかったらしい。

ビューティフル・マインドの主人公、数学者のジョン・ナッシュの描き方は、十分に境界線を踏み越えた人だったが、イミテーションゲームのアラン・チューリングの描き方は甘くない? と嫁。
学生時代にいじめられるのは、あちらの人たちによくあることで、人とうまくやっていけない、境界線上の人たちは、びっくりしすぎてしまって、リアクションが普通ではないので、それを面白がる人たちにいじめられることがとても多い。
イミテーションゲームは、その書き込みが少なかったよね。と嫁はそこのリアリティが物足りなかったよう。あれじゃ、いじめられた説得力もないし、いじめによって能力を発揮したようにも見える。
それが原因で恋愛感情を得た。ようにも見える。
本質的に生まれつき持っている異質な才能を、後から獲得したように描いていないか? というところが気になったよう。
なるほど。それはその通りだが、もっとぶっ飛んだキャラだったはず。というのもある意味思い込みなんじゃないかな。というような意見を交わしながらディスクチェンジ。

続けてスピルバーグとトム・ハンクスの「ブリッジ・オブ・スパイ」

これも、実話に基づくストーリー。と最初にキャプションが入った。
東ベルリンに壁が作られた時代、アメリカで逮捕されたロシアのスパイと、ロシア軍に捕まった米軍のスパイパイロットを交換するネゴシエーションを描いた映画。
地味ながら面白い。たまたま時代背景が似ていたので続き物のよう。スピルバーグとトム・ハンクスのコンビで外れるはずがないが、イミテーションゲームのほうが断然面白かった。
そういえば「ターミナル」はこのコンビで実話を元にしていていまひとつだったっけ(笑)

映画を2本見て、ビールを飲んでいたら、日本映画チャンネル(だったかな)で大泉洋の「駆込み女と駆け出し男」をやっていたのでちょっと流してみた。

1日3本映画を見るのはしんどいので、ちょっとさわりを見るだけのつもりだったが、やけにマニアックなセリフ回しとこってりとしたキャラクターに引きこまれてしまった。
これも「実話に基づくストーリー」実話三連発!
最近流行っているんですかね。
いつでもやめるつもりで、つい最後まで見てしまった。なかなかの名作でした。
「殿、利息でござる!」も見たい。今は数ヶ月でレンタルになるので、ちょっと待つだけだ。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月26日(日)

そろそろ仕事しないといけない。と思ってマシンを立ち上げてみたが、どうもiMacに入れているWindows7の調子がよくない。
ペンが引っかかって、タブレットから離しているのに、線がつながってしまう現象が度々おこる。原因がわからないのだが、Surfaceにタブレットをつなぐと、特に不具合がない。
というわけで、Windowsを入れ直すことにした。
またぞろ失敗するかもしれないので、今回は慎重に。
しっかりバックアップをとって、上書きではなく10のクリーンインストール。

ここで大失敗。
iMacの「BootCampアシスタント」で消さなければいけないところを、「ディスクユーティリティ」で消してしまった。
ほんのちょっとの違いなんだが、パソコン的には大きな違いだった。
あれ? なんで消えないんだろう。と思ったがそのままマックの書式でフォーマット。そして全てがコントロールできない領域に行ってしまった。
起動ディスクなので、消したり足したりゆでたり蒸したりすることはできない。茹でることは度胸があれば不可能ではないがやらないほうが安全。
ここから3日間。実に24ページの作品が完成するほどの時間がかかって、元に戻すことはできなかった。
もう進むしかない。
検索して試す。検索して初期化。散々繰り返す。
いろいろ試してみてわかったことは。検索して出てくることはたいていあてにならないということ。ノイズが多くて困るのが今のネットである。
何度、後から「こうすればよかった」という答えを発見してホゾをかんだことか。

MacOSは、起動ディスクをいじれないのは当然だが、USBメモリや外付けHDDから起動しても、ディスクユーティリティからではBootCamp領域を消すことはできない。
それをできるのは「ターミナル」なのだが、うちのiMacはフュージョンディスクを使っていたので、通常のターミナルコマンドで消すことができない。これがわかるまで2日かかった。解決したのは火曜日深夜。
ちなみに家での正しい順番は以下のとおり。

1,Macのバックアップを外付けHDD「タイムマシン」で記録(保険)
2,16GB以上のUSBメモリにMacOSをインストール(8GBでもいいらしいが家ではエラーを起こした)
3.Altを押しっぱなしにしてUSBメモリから起動(糞遅いのでUSB3対応が望ましい)
4,ターミナルで「diskutil cs list」(フュージョンドライブの場合このcsが重要)
 消したいディスク領域の論理ディスク、UUID(32桁)をチェックする。
5,ターミナルで「disuutil cs delete <UUID>」で不必要なディスクを消す。
6.ディスクユーティリティで見えるようになったディスク領域を「消去」
これでMacが単独フォルダになるので、そこから「BootCampアシスタント」を使ってWindowsを入れる。

わかってみたらくそ簡単。
英語サイトしか説明がない部分もあり、英語勉強しててよかった。と心から思った。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月26日(月)

セブ漫画を描かなければいけないのだが、メインマシンのトラブル対応で時間ばかりが過ぎていく。
いじってみてダメならアップルに送って初期化してもらう手が残っているので、仕事の時の切羽詰まった感はまったくない。
これもうまくするとネタになるかなー、なノリで、一日マシンの前であーだこーだやっても苦痛に感じない。オレはPC関係の仕事をしていたらよかったんじゃないだろうか。
今頃大変だったとは思うけどね。

いじっているうちに、Macも立ち上がらなくなってしまって、もうただの黒い壁になりつつあるiMac。
翌日(火曜)は東大キャンパスでVRを見に行く。「内定ゲーム」の単行本発売は近いのに書き足しは間に合うのか。広告漫画は?
たくさんの仕事を残しつつ、6月が終わって夏がやってくる。
みーんみーん......。
まだセミは鳴いてないな。
以下来週。

  • 投稿日:
  • by
2年くらい前にflick!誌に載った「鞄の中身を見せる」特集記事。ちょっと見てみたらもう中身が相当入れ替わっていた。1年半くらい前にflick!誌に載った「鞄の中身を見せる」特集記事。
ちょっと見てみたらもう中身が相当入れ替わっていた。
ホワイトボード手帳はSurfacePro4に完全に置き換わった。iPhoneは6へ。スキャナiX100は便利に使ってます。
ホワイト手帳は飲み屋に忘れて来て、まだ取りに行っていないんだけど、半年くらい経ったから捨てられたかなー。
左上の録音するカメラは「GoPro」に。
アンドロイドはあまり持ち運ばなくなった。このレノボキーボードとのセットはとても使いやすいので、机の上で時々使ってます。
KindleVoyageはどこにあるのか最近見ないw.ソニーのカメラは現役。
デバイスをつなぐ十得コードはiPhoneコードが切れたので捨てた。
このページのガジェットはまだ現役。ビータはマイクラにハマっている時に持ち歩いていた。
ここに今はプラス「THETA」「GoPro」「Surface」「WALKMANm505」がプラスされている。自転車も違うやつに乗ってる。BROMPTON盗まれそうで怖くてwww。

左手デバイス

  • 投稿日:
  • by

fanc_51.jpg

左手キーボードをいろいろ調べていたが、よさ気なものはすでに発売中止になっていて、どれも帯に短し状態。
で、セルシスの左手デバイス、TAB-MATE CONTROLLERを色々弄くってみた。
今まで何度か挫折していたのは、ジョグスティックで画像を動かしていたせいだった。
手前のボタンを「スペース」にして、押して動かすようにすると、通常のキーボードと同じように違和感なく使える。ジョグスティックは、上下にブラシの拡大縮小、左右にブラシ選択を当てた。

そしてフォトショップでは反応しなかった問題を「JoyToKey」というアプリをかませると同じように使えることも判明。これでいいじゃん。
「JoyToKey」がポイントだった。このアプリとても賢い。
一つのボタンに「コマンド+D」で選択範囲削除。というコマンドも入れられる。こういう複数のキーを同時に押す入力も簡単に設定できる。素晴らしい。
これなら旅行にも持っていける。
あとひとつだけ、サイドにシフトボタンを設定できたら完璧だったのになあ。ボタンの数がちょっと足りない。

6月13日(月)の続き

夜2時半まで下書き。まだペンに入れない。

風呂に入って布団に転がる。

軽くめまいがする。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

6月14日(火)

朝6時半起床。疲れているのにドキドキして長い睡眠に入れない。

しかたなく机に向かうと、どんより眠くてだるくて、ただ起きているだけの泥人形状態。

ネームで神経使いすぎた。

ここからがペン入れ本番なのにもうMPが残ってない。宿屋でもっと寝て回復させないといかんのに時間がない。なにかいい薬物はないかな。

午前中頑張ってゲットナビの下書きをいれる。作業くそ遅い! 昼インスタントラーメンでお腹がくちくなったところでソファで仮眠。30分の予定だったがまったく回復しないので、1.5時間に延長。

なんとか起き上がった。

植物に赤と青のLEDライトを当てると収穫二倍。という記事をシェアする。オレも赤いライトを当ててお仕事二倍。とならないものか。ならんか。

THETAをネットで注文。同時にハコスコ(VRを映せる簡単なビューワー)とストラップと自撮り棒を注文。

お買い物をしている間は魂が癒される。こうして忙しい漫画家は買い物中毒になってしまうのだろう。このカメラ使えるのはいつだろう。再来週くらいか。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

6月14日(水)

頭がぐるぐる回りだして動悸がおさまらない。

色々限界なので風呂で汚れを落とし、夜11時に布団に潜り込む。

8時まで寝た。

久しぶりにたっぷり睡眠。体のあちこちが痛い。

頭がパニックから少し立ち直った。寝るって本当大事ね。

仕事を残してしまったゲットナビペン入れと仕上げ。午前で終わらず夕方までかかった。そこからkatana(内定ゲームを連載しているウェブ雑誌)の最終号となる表紙のイラスト。夜アップ。

マックファンの下書きアップ。

ここでじっくり時間を見てみると、とても間に合わない。うーむ。どうすればいいかな。とりあえずマックファンを上げてから考えよう。

昨日注文したハコスコが届いた。

カメラがまだ来ないが、このハコスコにiPhoneを差し込むだけでVR映像が楽しめるはずなので、いくつかアプリを入れてみた。

「ハコスコ」

「mobileVRstation」

おおー、すげえ。2千円ちょっとでこの玩具めっちゃ遊べる。

エロの立体VR映像もあるんじゃね? とウェブを検索してみたが、メアドを登録しろだの、まだ試験中だの。でめんどくさい。今時間のかかることはやってられない。

(もうすでにかなりやっているがw)

簡単にワンクリックでダウンロードさせてほしいのに。

月曜朝に出したSurfaceが、もう帰ってくるとMicrosoftからメールが。めっちゃ仕事早い。

これは新品に変わったのでは!? 明日届くので楽しみに待とう。

カメラ(THETA)も発送したとメール。あー、これで締切さえなかったらカメラ持って自転車であっちこっちでかけるのになー。温泉行きたいなー。温泉に入るVR映像はないか。

そんなの見て癒されるかどうかはわからないが。

マックファンの下書きをしながら限界を迎えた。今日はここまで。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

6月15日(木)

2時半に寝て8時半起床。6時間睡眠。

これくらいは寝ないと後半持たない。土日は2時間くらいしか眠れないはずなので、今は体力を回復させながら進めないと。

昼、マイクロソフトからSurfaceが届いた。

画面に貼ってあったノングレアの保護シールと、裏面につけたゴープロのステッカーは無くなったが、ピカピカの新品に生まれ変わっている。すぐにバックアップデータを同期させようとしたが、それほど多くのデータは入っていないので、クリーンインストールしてあるこれをそのまま使うことにした。

アプリをちょこちょこ入れながら様子を見ていると、とても安定している。スクロールがスムーズで、以前のSurfaceにあった、引っ掛かる感じがない。これは!

Chrome、ClipStudioを入れてみたが、まだ落ちない。何度もカバーをしてスリープさせてみても、問題なく瞬時に立ち上がる。

おおー、このマシンの安定具合は何者か! ペンの書きごこちも試してみたいが、そんなことよりペンを使って書かなければいけないものが山積みなので、お仕事用マシンに向かう。

夜までかかったが、なんとかマックファンの原稿を書き上げた。

Surface、スリープを繰り返しているがまだ一度も落ちない。すげえ。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

6月16日(金)

5時半就寝、7時半起床。って2時間しか寝てないわりには頭が元気。最後のアドレナリンが放出されているのだろう。

ClipStudioで下書きが進んだ前半22ページと手元にある紙のネーム24ページを眺める。とてもじゃないけどもあと3日で終わる量ではない。どうしたものかと考える。

逆に何ページだったらできるだろうか。

36ページも厳しい。いいところ28ページぐらいだろう。

2つのやり方が考えられる。

1つは前半22ページだけをきっちりアップして残りを次号に回すという方法である。

と言ってもkatanaは最終号なので次号がない。とりあえず最初の発売日は前編だけを入れて、数日後に最終話をアップロードするという「時間差入稿」は可能なはず。

これならば全46ページを完璧に入れることができるが、最アップロードするまでに1週間ぐらい間が空いてしまう。

それを読者は、編集者は待つことができるだろうか。というのが問題。

もう一つは、再構成して短くまとめてしまう方法。

削りに削って最終的に26ページぐらいに落とし込むやり方である。

物理的に書く時間が少なくてすむメリットがあるが、どうしても内容が薄くなってしまう。

さてどちらを選ぶべきなのか、自分で決めることはできないので、大きく深呼吸をして編集に電話をした。

どうしましょうか。

突然そういういわれても編集も困るのであるが、編集部で相談した結果「後者でいきましょう」という話になった。

単行本化のときには、オリジナルの長いバージョンで出すことにしましょう。と言うことなので、前半を完全に作り直してしまうと、単行本の時に1から書き直さなければならない。それはそれで大変に手間である。

コマや見開きはそのまま使えば残りを書き足すだけですむ。映画で言えば、撮影のし直しではなく編集を変えるだけだ。

やってみると、思ったより簡単で、ざくざくとページが減っていく。それでも話の筋が通るように、1部の吹き出しのセリフを変えていく。絵を変えるのは大変だが、文字はいくら変えても大丈夫。

前半22ページあったものが、あっという間に10ページになった。

むしろ無駄なコマがなくなってリズムがよくなっている。

さぁここからが勝負だ。

後半はネームの密度も高く、切る場所が少ない。クラウドファンディングで「漫画に出る権利」を10万円で買ってくれた人が、あとひとり残っていて、彼も重要な役柄として漫画に出さなければいけない。

使えるページ数があと14ページしかない。

集中してネームを切り直す。息を止めて物語に入る。残り8p、残り4p。やっぱり話が終わらない。ちょっと増やすしかない。2p増やして、なんとか収まりをつけた。

再構成した最終回26ページができあがった。

ふうううう。

いやなかなかよくできてる。まるで最初から26ページの予定だったかのよう。

出来上がったとは言っても、真っ白なページにコマが割られて文字が載っているだけのものである。ここから2日半で26ページを書かなければいけない。よしやるぜやるぜ。

Surfaceまだ落ちない。ソフトが立ち上がる時間も感覚的に早い。まったく別のマシンだ。原因はもはや知ることはできないが、メモリが怪しい気がする。

ともかく、今までSurfacePro4を散々腐してしまったが、名誉回復させる義務があるので、ツイッターとフェイスブックに書き込んだ。

ーー

絶賛不眠ペン入れ中ですが、これだけ書いておかないと。

Surface、月曜に修理に出したら、木曜に新品になって帰ってきました。

画面を触った瞬間に、あれ? スクロールがひっかからない。と驚いたんですが、それから実験的にスリープを繰り返してますが、一度もフリーズしない! アプリが使用中に落ちない。

あの暴れ馬が!

つまりひどいと思っていたのはSurfaceの設計や思想ではなく、初期不良品だったからでした。

(初期不良に関してはかなり疑っていたんですが、「Pro4はスリープでフリーズするけれど、これで治った」「マシンを交換したけれど改善しなかった」

という書き込みをネットのあちこちで見たため、仕様なのだろうと諦めてしまいました)

いろんな部分を試してみないとわからないのですが、今までの「Surfaceクソハード」発言をここに謹んで訂正させていただきます。

大変失礼しました。ハードの回収から代替機の発送まで全て無料で素早い対応。Microsoftを相当見直しました。過去の発言を遡って注釈をつけます。

ーー

下書きをしている時間がないので、ほとんど真っ白の状態でペン入れ。3ページまで進んだところで12時を回ったのでシャワーを浴びて布団に潜り込んだ。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

6月17日(土)

見通しの立たなかった状態から、ペン入れ作業まで進められた安心感で、久しぶりにぐっすり眠った。

朝6時半起床。今日半分まで行かないと相当厳しい。でもいけるはず。

食事とトイレ以外のことはほとんどしていない。pcだけが外界と自分をつないでいる。Windows(窓)とはよく言ったものである。

ここを超えれば、英語をやりジョギングをしてボイトレもできるようになる。映画も見れるし温泉も入れる。という未来を夢見ながらひたすらペン。

夜。つらさがピークを打った感じがした。なんだろう。だんだんつらくなくなって来た。少し楽しく感じすらある。ランナーズハイか。どこか脳みその一部が壊れたのだろうか?

ストックホルム症候群のように、将来なにか見つかるかもしれない。長いこと軟禁状態にある漫画家は作業が辛くないと信じる心理状態になる。みたいな。

深夜2時まで作業。さすがにぐったりしたので1時間仮眠。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

6月18日(日)

iPhoneのタイマーが1時間を告げるが、体が起きることができず1時間睡眠延長。この延長は5000円になります。と言われても払わざるをえない。どこのキャバクラか。

一応予定通りに作業は進んでいる。後半になるほどコマが小さくなって人物の絵が増えるので時間がよりかかる。

ただ、どう見ても後半の方が絵がいい。しりあがりに良くなっている。

そうか。今回は、いつもより人物をじっくり書き込んでいるので、描いていて楽しいのだ。慌てて粗い絵を続けると落ち込んできて、描くつらさが増えるが、これはうまく描けたと思うとつらくない。

まだうまくなれる、と思って工夫すると、何十時間ペン入れを続けても苦痛に感じないのかも。我ながら自分の学習好きに驚いた。

朝3時。

いつまでも書き続けられるような気がしていたが、体力の限界がやってきたらしく、目を開けていられない。30分仮眠。

を3セット。1,5時間も寝てしまった。間に合うのか。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

6月19日(月)

まだ真っ白なページが8ページ。でも18ページまではできた。頑張れ後少し!

デッドラインの時間はどのあたりだろうか。

主人公の五月の髪型をもっと簡単にしておけばよかった。とペン入れ中に何度も思う。次からは全員丸坊主のキャラにしようと固く誓う。寺か。

3時半。

ペン入れ終わった。ここからトーン処理そのほかに突入。もう9合目まで来た!

金曜以降は恐ろしく予定通りに進んでいる。この読みが一週間前にもあれば! 

夜9時原稿アップ! 

終わった。全部終わった。

髪の毛もひげもボーボーで、体重だけが増えている。食べることくらいしか楽しみがなくなるので、仕事が厳しくなるほど体重が増えてしまう。まあ、いいや。終わったから。

久しぶりのビールをカシュ。あー、嬉しくて涙が出そう。

そういえば先週ゴミを出した嫁が「酒瓶が少ない!」と驚いていた。今週も少ないぞー。

ビールを飲みながら何度も頭が眠りにかかる。

こんな生活そろそろやめる。ちゃんと時間を区切って仕事するんだ。次からは。

これで月刊誌のお仕事が終わるので、次のお仕事をとらないといけない。夏過ぎたら考えよう。今は、とりあえず、寝る。ではみなさんおやすみなんしょ。

本当のSurfaceに初めて触れました

  • 投稿日:
  • by

絶賛不眠ペン入れ中ですが、これだけ書いておかないと。
Surface、月曜に修理に出したら、木曜に新品になって帰ってきました。
画面を触った瞬間に、あれ? スクロールがひっかからない。と驚いたんですが、それから実験的にスリープを繰り返しでますが、一度もフリーズしない! アプリが使用中に落ちない。
あの暴れ馬が!
つまりひどいと思っていたのはSurfaceの設計や思想ではなく、初期不良品だったからでした。

(初期不良に関してはかなり疑っていたんですが、「Pro4はスリープでフリーズするけれど、これで治った」「マシンを交換したけれど改善しなかった」
という書き込みをネットのあちこちで見たため、仕様なのだろうと諦めてしまいました)

いろんな部分を試してみないとわからないのですが、今までの「Surfaceクソハード」発言をここに謹んで訂正させていただきます。
大変失礼しました。ハードの回収から代替機の発送まで全て無料で素早い対応。Microsoftを相当見直しました。過去の発言を遡って注釈をつけます。

6月7日(火)

朝8時半起床。最近は8時前に起きれなくなってきた。
英語1時間半。
昼過ぎからマックファンの取材。リコーにTHETAの開発話を聞きに行く。

THETA(シータ)は前と後ろにレンズが入っていて、シャッターを押すとぐるりと360度全てを写すことができるカメラである。業界人やギーグの友達がいる人は見たことがあると思う。これは新型THETA S
一人グーグルカーである。
このカメラいいなー、と思っていたけど、話を聞いてみると、考えていたよりもずっと面白い。今までとまったく違った世界であって、新しい機種は動画もとれて、レンズをメガネの部分につけたダンボールの箱をiPhoneにつければ、VRとして遊ぶこともできる。ものすごいすぐれもの。
これは買わないといけない。かもしれない。
カメラばっかり机の中に増えているのであるが(笑)仕事で使うからしょうがないよなー。
2時過ぎに取材が終わると、猛烈な睡魔がやってきた。毎日昼寝をしているので、この時間眠くてしょうがない。
帰りは環7を北上するバスでショートカットだ。と乗り込んだが、バスは来ないわ、進みが遅いわで、40分以上無駄に時間がかかった。寝過ごして行き過ぎることが怖くて寝ることもできずこの選択は失敗だった。
小雨の中とぼとぼ帰る。世間はいつの間にか梅雨入りしていたらしい。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月8日(水)


ひたすら仕事場に潜ってネーム。
仕事は進まず、「えいぽんたん」(英語学習ソーシャルアプリ)の記録だけが伸びていく。これちょっとした時間にやっちゃうんだよなー。

田舎の姪からLINEで電話。
「先週の日曜に、実は大変なことがあったんだよ」
なになに? と詳しく聞いたら、本当に大変だった。
うちの実家はちょっとした崖の上に建っている。新しくしたばかりの離れに駐車場があり、その駐車場のどん詰まりは数メートルの崖になっていて、その下にみかん畑が広がっている。
姉の旦那。今の田舎の家の主人で、オレの義兄が今年62〜3歳なんだが、軽トラックでみかんを運んでおりました。
ここで本人はブレーキを踏んだつもりで、アクセルを思いっきり踏み込んだ。そう、お年寄りによくある事故ですね。
車は下り坂の勢いもついて、すごいスピードで駐車場へ。
サクを突き破り、ドーンと空中へ飛び出した。普通ならここで下の道にドスンと落ちて、前がぐちゃぐちゃになるところ、勢いがあったので道を飛び越えてみかん畑まで飛んでいった。

空中で半ひねり。横転したためエアバッグは開かず。
みかんの木がクッションになったのが不幸中の幸い。ハンドルに打ち付けられた義兄は右の鎖骨骨折で済んだ。
ただ、駐車場を超える時、隣にあったプロパンガスのでかいボンベを2つ引っ掛けていた。
プロパンガスボンベも車と一緒にダイブ!
どこんと落ちたボンベの一本からガスがシューシュー。
車は横がぐちゃぐちゃ、そしてガソリンが漏れてしまっていた。もうもうと上がる煙。一刻の猶予もない。
車に乗るつもりで見ていたうちの婆さん、慌てて警察に電話をしたが、山の上なので救急車が来るにも30分はかかる。
「うわー、それでどうしたの?」
「たまたまガス屋さんがそばにいたので、プロパンを締めてもらったから爆発しなかった」と姪。
ええー、なんだそれー。どんな決死隊だよ。
その時下田の町は救急車と消防車と警察車両2台がサイレンを鳴らして山に向かっていたという。
えらいことだった。
もう一週間前だから笑って話せるけどさ、ってそんな大事なことはすぐ連絡しろよ。
のんびりしてるなー。連絡は狼煙か?
車は当然全損。いやあ、生きててよかったわ。
そういえば、亡くなった姉もバックで崖から落ちて車を全損させた(怪我はなし)親父も犬を捨てていた橋の上のカーブで、崖から落ちて車全損。アバラを骨折させた。
今電話している姪も、車を一回転させてつぶし、その妹はバックでヘイを壊した。

車運転してはいけない一家なんじゃないだろうか。
オレは免許なくてよかったわ。
でも一番事故が多いのは、うちのヨメなんだけどね。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

6月9日(木)

ネーム22ページまで来た。よし。ここで1話として、残りを見据えながらペンを入れ始めないと。
英会話ぜったい音読が5周終わったので、新しい本「英会話ぜったい音読「続挑戦編」」
を買ってみた。
そんなに難しくなった感じはしないが、分量が増えた。フルで2時間これにかかってしまう。手書きを3回やった後、キーボードで英文打つのはやめてみようかな。

「内定ゲーム」に集中する前に、ゲットナビとマックファンを片付けないといけない。またこの季節がやってきた(笑)それも今月までです。来月には溜まっていた仕事をバリバリとやりますからみなさんお待ち下さい。

ゲットナビのネーム完了。
続いてマックファンのネームにとりかかったところで夜になった。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月10日(金)

朝8時40分起床。ちょっと遅くなってきたので、明日から早起きをしよう。英語1時間。「ぜったい音読続挑戦編」が面白い。
ライティングをしている途中で、隣との家のスキマの木の剪定をしていたヨメからヘルプが。
足の甲に切り落とした樹の幹を直撃させてしまったらしい。太い木だったら潰れるレベルであるが、見てみると骨までは行ってない様子。
ヨメは自分ではこういう作業が上手だと思っているが、山育ちのオレから見ると危なかしくてしょうがない。のこぎりの引き方も怖いし、枝の切り方も怖い。こういう奴が木の上に立って自分の立っている足元の木を切って、外国のアニメのように下に落ちていくんである。
しょうがなく、切り落とした木を細かく分断。
バリバリのこぎりをひいていたら、うわー、早い! 本当そういうの上手ね。と感心された。
昔、秘密基地作らなかった? と聞いたら、埼玉の人口密集地域は、自由に切り落とせる木なんてなかった。という。
間違えて迷うと命が危ないくらい鬱蒼とした山奥とはかなり違っている。のこぎりやナタは基本装備である。
みんな小刀を持ってたっけなあ、トランシーバーが欲しくて買ったもの。と言うとまるで昭和初期の話のよう。今でも山の中は携帯の電波が届かないので、トランシーバーが活躍している。
枝を落として燃えるゴミとして袋に詰めた。先週もこれやったな。この忙しい時に。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月11日(土)

7時におきて、英語1時間。
そして下書き。まずます。
続きを考えていて、イメージが閃いた。そうかこれか。ポイントのシーンと会話だけを先に書きだしてみた。
これに続けていけばなんとなく格好がつく感じ。あと20ページ。うまくいくかな。
書き出してみるけれど、うまく繋がらない。
うーん。やっぱり具体的なシーンと会話を設定しないと、オレの場合話が進まないんだよな。
残り時間とページ数を考えると脂汗が流れる。これは相当なピンチである。
ここから10日あまりで50ページ描くのかー。しかもネームがまだ半分ときた。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月12日(日)

あー、もうだめ。死ぬかもしれん。
日記書くことももうできない。とりあえずソファで仮眠。
寝ながらネームしている夢を見る。
夢ではかなり進んでホッとしたのに、起きてみるとまったく進んでいない。当たり前だ。話も面白いと思ったのに、全然使えない。
そろそろ海外に逃亡する支度をしたほうがいいかもしれない。
と思っていたら、セブ島英語学校から、広告マンガはどうなってますか。と催促がやってきた。
うわわ、えええと、これが終わったらやります! 大丈夫です! 
今月中には!

ということでますます追い詰められた。
「真田丸」を見る。もうこれだけが楽しみ。オレの気分はもちろん高嶋政伸のやってる北条氏政ですよ。
このチックが目にはいらぬかー。
土気色の顔色が見えないようにおしろい塗っとるのがわからんかー。
体臭くても風呂入らず机に向かっとるんじゃああ。
はあ、はあ。蹴鞠をする気持ちがとても良くわかる。

またSurfaceがハングアップしたので、床に叩きつけたくなった。
ぐっと押さえてバックアップを取る。ちょうどここからしばらく外出することも取材もない。初期化してMicrosoftに修理を依頼することにした。これ初期不良品じゃないかと思うんだよねえ。いくらなんでもハングしすぎ。
Microsoftのサイトでいくつか質問に答えると、送料無料で回収してくれるというので、申し込んだ。来週くらいに治ってくるといいなあ。

とりあえずマックファンのネームに集中。
深夜にアップした。いい集中はできているんだけどなあ。4時半就寝。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6月13日(月)

8時起床。
英語も中断。すべてを止めて「内定ゲーム」のネーム。今日上げないと終わる。
もう話は頭ではできていて、それを並べていくだけ。キレイに終わらせようと考えすぎていたので、もうなるようになれと勝手に転がるままに話をすすめる。
ここまでずっと水面下で脳みそが働いてくれていたおかげだろう。5時間後、2ページオーバーしただけで、ばっちり話が出来上がった。
うわー。まるで計算したかのよう! すげえ。信じられないけどできたわ。
籠城してたら伊達政宗が援軍としてやってきたかのような奇跡。
椅子の上で小躍りしてる犬の動画があったが、ちょうどあんな感じですよ。やったやったできたできたー。
いつまでも喜んでる場合じゃないので、もう一度PCでブラッシュアップさせて、ペン入れに入らないと。

ここからが勝負どころですよ。誰かバック手伝ってくれないかなー。通信アシでいいんですけどねー。とここで投げてみる。連絡はメールでお願いします。

今週はここまでー。メールとかなしー。ごめん今週はもうペン入れするだけでいっぱいいっぱいなので、日記もほぼなしだと思う。
がんばるー。うーっす。