ご長寿治療院

  • 投稿日:
治療院に通って腰をマッサージしてもらっている。
大変に気持ちがいい。
保険がちょっとだけきくが、保険外診療が長いので、毎回5000円弱。毎週1回から2回行くとかなりの出費になる。
スポーツジムが近くに出来たので、10年ぶりにマシントレーニングを再開するか。と思っていたが、忙しいので通えなくて無駄になるかなーと、毎月8千円の出費に二の足を踏んでいたのだが、筋肉で腰をガードしていれば故障しなかったと思われ、今何万円も使っていることを考えたら、安い投資に思える。
直ったらジム行こう。(温泉と同じで喉元を過ぎると忘れてしまうのだろうけど)

この治療院、元コンビニだったのでそこそこの広さがある。フロアを2つに分けて、半分を老人医療に使っているらしい。隣のフロアからいつもお姉さんの声優のような掛け声が聞こえてくる。
「はい、それではボールを握ってくださーい。いーち、にぃー、さーん、...」
「足をあげますよー、右足からー、いーち。にぃー。さーん、...」
自分がマッサージされている間、ずっとクラシック音楽とお姉さんのカウントが流れている。

運動だけではなく、頭を使う遊びもするらしい。
「はい、では、田中さん、5文字の言葉を何か言ってみてください」
それを使ってゲームでもするのだろう。
かなり年配のおじいさんの声がする。
「ば・か・や・ろ・う」
「ば・か・や・ろ・う。はい...5文字でいいんですけど...、えーと他の言葉はなにかありますかー?」
ちょっと間をおいてからまた爺さんの声が。
「南無阿弥陀」
「はい...。な・む・あ・み・だ。えーと、な・む・あ・み・だ ぶ つ。で7文字だからちょっとダメかなー」
くっくっくっ。背中を押されながら震えてるオレ。
昔ご長寿クイズというすごいコーナーがあったことを思い出した。
お姉さん困って、「あ、じゃあね、名詞にしましょう。名詞5文字」と言ってから、特に面白いことを言わなくなってしまった田中さん。
実に残念。なむあみだ、でゲームして欲しかったのに。どんなゲームだ。