さらにいろいろ

  • 投稿日:
この前の電子書籍のインタビュー、後編が出ました。
もうこれ出たの先週だったかもしれません。
遅くなりましたが報告として。

ほぼ日で「早野龍五さんが照らしてくれた地図」が始まりました。毎日更新してて、今日で5回目です。
土日は一休みして、また月曜から1本ずつ進んでいきます。
これがカラーで1ページあるんですよね。イラストくらいでいいかなー、と最初考えていたんだけど、いっそマンガにしましょうと。
1ページ毎にオチをつけていくので、けっこう時間がかかってます。新聞連載とか大変なんだろうなあ。

コミックビームで「ナナのリテラシー」始まりました。
概ね好評みたいです。まだ始まったばっかりでなんだかわからないしね。そういう期待感があるときが一番マンガって面白そうに見えるんだよな(笑)

電子雑誌KATANAで「でんしょのはなし」第二話が載りました。
今回は講談社に行って、電子書籍に対する取り組みを聞く。という話。ちょうど取材予定日の3日前くらいにコミックモーニングが電子化されたんで、その話も聞けてお得! と思ったんだけど、モーニングの話は別の取材記事「モーニング」が身体を張って証明する。漫画の時代はこれからだ_モーニング編集長・島田英二郎氏に聞くの出来がよくて、ちょっとツッコミ浅かったかなー、と反省してます。
悪くはなかったんだけど、別取材の方は直接モーニング編集長に取材してるから、数字がリアルなんですよ。やっぱり当事者にあたらないといかんですね。
今回は前振りで、続きの次号は「取次や書店は、講談社の電子書籍に対してどう考えているのか」「社員が高給取りすぎてコスト高のところはやばくないですか」などなど、聞きにくいところにリーチしてますから、お楽しみに。

えーと、他にもいろいろあったんだけど、ネタはあるけど時間がなくて、あっちこっちの仕事がぐつぐつ煮詰まってきておりまして、なかなかブログまで手が回らない。
DKPを始めた漫画家シリーズも3人ほどおりますが、滞っておりましてすいません。
いや、お仕事いいリズムで回ってます。こういう時に点を入れないと、イタリア戦みたいに勝てる試合を落としたりするので、寝る時間削ってやってますよ。ここは大事な時間帯ですからねっ(松木さんかっ)