ウェブ雑誌KATANAで新連載

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
Screenshot_2013-04-16-12-56-13.png
電子書店大手のイーブックジャパンの定期刊行誌「KATANA」で新連載が始まりました。
「でんしょのはなし」
表紙&巻頭カラー12ページ!(カラーという概念自体、すべてカラーページのウェブ雑誌には存在しないのですがw)
バリバリ力入ってます。
毎回、電子雑誌のあれこれを取材して描いていこう、という企画の第一回は「電子マンガサミット」
この前阿佐ヶ谷ロフトでやったあれです。
あのやりとりをマンガで。ということですが、3時間みっちり話しているので全然入りません。そりゃそうだわ。
最初6ページという話だったんだけど、さっぱり入らないので12ページまで増やしてもらいました。
ページ数という紙の本ではものすごく重要なことが、電子ではどうでもよくなるのも面白い。
版元からしたら、原稿料が増えなければ、何ページ描いてもらっても構わないわけです。
締切りも本当のギリギリまで引っ張れてしまうのもすごい。というか怖いよ(笑)
この表紙なんか、入れたの一昨日だからね。ひええ。すいません、そこにデザイナーがいて、いろんな人の時間を圧縮させてしまっているのだから、締切りは守らないとねっ!
本ちゃんの原稿なんて......。言えないくらいギリギリまで引っ張ってしまいました。担当自身が「この時間で入るんですね」と驚くほど(笑)
新聞かっというくらいですが、今回はネタが1ヶ月前のサミットだからなー。
一昨日くらいのニュースならマンガに入れて描くこともできるわけで、速報性が上がってルポ漫画としては大変に楽しいです。
サミット行きたかったけど、という人は要チェック。もちろん全部入れることは無理なので、あの場所の空気感を感じてもらえたらいいかな。というところです。

でもこのマンガよりも、その後の社長との対談(ものすごい量です)の方が面白いんですよ。
普通なら見開き2ページくらいで終わってしまう対談が、入ること入ること。週刊誌でも8ページくらいいくんじゃないか、くらいの量ですよ。
話している時はカットされるだろうなあ、と思ったことも全部入ってます。Amazon批判のところとか(俺じゃないよ)
イーブックは何を目指して、どういう電子書籍戦略をとっていくのか。ここまで社長が話してしまっていいんだろうか。というレベルの話がぽんぽん出まして、ものすごく面白い対談でした。
ぜひ読んでほしい。105円だから、気軽にダウンロードしてみてね。
懐かしい「コブラ」がカラーで入っていたりして読み応えあります。これで105円はお得すぎる。
iPhone、iPad、Androidなどのスマホ、そしてパソコンでも読めます。