「寄付金使い込み」の誤解に対する説明

| コメント(19)

漫画家の鈴木みそさん、「全額寄付」と約束して売った本の原稿料を使い込む。印税は6週間で500万円超え

というまとめが出来て、ひどいいい方をしている人たちがたくさんいます。こういうのはスルーするのが基本ですが、一部誤解があるようなのでちょっと説明します。

「寄付すると言って集めたお金」を使い込んだ、と思っている人がいるようですが、それは事実ではありません。
第一話はコミックリュウという雑誌に載り、その売上の一部が鈴木みその原稿料になり、これは全額寄付にまわりました。
41万7千円と書いてましたが、記憶違いで、正確には40万8000円でした。
雑誌のこの号を買った人は一部寄付をしたことになります。

続く2話から最終話までは、雑誌ではなくウェブ上で発表された漫画です。
誰もがタダで読むことのできるもので、お金を出して読んだ読者はいません。原稿料は徳間書店のコミックリュウ編集部が出しています。
生活費として使ってしまったお金は、「読者から集めた寄付金」ではありません。「編集部から原稿料として支払われた、労働に対する対価」です。
「寄付をします」と言って集めたお金を、生活に困って個人的に流用していたら、それはカスだのクズだの呼ばれてもしかたありませんが、自分の稼いだお金を「寄付する」と約束したけれども、できなかった。ということはそれほど責められるものですか。

もちろん第一話で描いた「原稿料全額寄付」という趣旨に賛同して、単行本を買ってくれた人も多数いると思います。その人達の信頼を裏切ってしまったことは大変申し訳無いことです。後から支払うからいいだろうというものではないことはわかっております。
もう一度頭を下げます。大変申し訳ありませんでした。

(単行本を買ってくれた人、ならびコミックリュウ誌の読者に対して謝っております。ウェブ上で憤っている人はそのいずれかだろうと思います。
どちらでもなく怒っていた人がいたとしたら、その正義感を東北復興のためのボランティアなど社会貢献に活かしていただけたらと思います)

コメント(19)

騙されたと思われても致し方ないのでは?まず自らの行いを反省しましょう。

私は「あんたっちゃぶる」からみそさんの漫画のファンです。
「僕と日本が震えた日」もwebで拝見し、自分では知ることのできなかったことを知りえてためになりましたし、コミックスが寄付にも使われるとお聞きしたので購入もしました(家族にも読んで欲しかったのもあります)

みそさんがかなり取材されていたことも、他の漫画家さんたちとボランティアに行っていたことも知っています。
2話以降が無料とかそんなことは関係なく、自分が出した金は間違いなくみそさんが寄付したいと思った想いの中に入っていると感じていますので、問題は無いと思います。

むしろ事実を確認もせずニュースとして載せる人間、裏付けも確認せずそれに乗る人間には憤りを感じます。こうした誤解に対する説明までされたみそさんには堂々としていただきたいです。今後も頑張ってください。

みそ先生こんにちは。ブログ見て驚きました。正直に告白した時は「この人はやっぱすげー」と思い、ネット上でも称賛の嵐だろうな、と思ってたので。(正直だ、という点で)
多分ファンのほとんどはそう思ってると思うので気にせずがんばってください。ちなみに俺はブログはReederというソフトで読んでいるのでブログ経由ではなく、アマゾンに直接打ち込んでギリギリ温泉買いました。アフィリ協力できずすみませんw。でも結構RSSリーダーで読んでる人は多いとおもいますので、今後はアマゾンの画像のみリンクだけではなく、文字リンクも貼った方がよいのではないかと思いました(Reederだと画像リンクは表示されませんでした。)あと、そのうちでいいのでテンまで届けのKindle版をよろしくお願いします。繰り返しますが雑音気にせずがんばってください。応援しています。

まんがを愛してる人がまんがで儲けて何が悪い!
がんがん稼いじゃって下さい!
ゆけ、ちんげ教!

リンク先のまとめサイトで「震災詐欺みたいでちょっと不快です」とか言ってるまとめ主とか、掲示板で偉そうに批判してる人たちとかって、一人平均でいくらぐらい東北に寄付してるのかな、と思います。

ろくすっぽ寄付もしていないであろう人たちが、多額の寄付をしたみそさんを匿名で批判する恥ずかしい構図。本人たちに自覚してほしいです。

この「見出し」だけをチラ見してスルーしていった人はずっと内実を知らないままなんですよね。
もし自分がこんな目にあったら不安でしょうがなくなりそうです...。
名誉毀損とかでボコボコに懲らしめられ、ないんですかねぇ。

じゃあ原稿料一部寄付、印税全額寄付にしとけばよかったんだね

責め立ての激しさは、心に余裕がないことの表れだと思う。

誰に自慢するでもなく、黙って自腹を切って現地に赴いて直接奉仕する人もいれば、1円でも千円でも義捐金を送り続ける人もいる。

激しく責め立てる暇があるなら、その買ったコミックをすぐにでも古本屋に持って行って、売って得た金を全額寄付して憂さ晴らしをすればいい。

厳しいことを言いいますが、約束したけれども、できなかった。ということは責められるものです。これは信用とか信頼を裏切る行為そのものです。
個人的に今回の震災で資産の大半を失い、かなりの借金が残っています、でも払えなかったらその時点でそれまでの信用失います、親戚も家どころか土地まで汚染で失い、職を失い別の土地で一から暮らしを始めざるをえませんでした。
世の中、金に対しての見方というものは、めちゃくちゃ厳しいです、下手したら地獄です、今だこの世で生きることを許されているのは今までの信用を社会が認めているからです。
本来なら約束を果たし終えたことは素晴らしいことだと思います、ありがたいことですし、拍手したいぐらいです。
ですが、今回のことを信頼を裏切る行為と自分で認めておきながら、その行為に手を染めておいて、これでは態度が大きいと捉えられても仕方がありません。
今回は、大変苦労しましたか、結果大?吐きになることは避けられましたので、これまでの経過を含めて自分に出来た限界について言い訳をさせてくださいって言ってるにすぎません。
誤解がある部分については否定するべきですが、問題の切り分けは重要なことです。

私は紙の本を買いました。
facebookでクローズドなページを作ってそこで災害医療に関して勉強しあっている仲間にも「これは参考書として買いましょう。作者は原稿料全額東北寄付なので、それだけ考えても買う事が災害支援にもなるから」と勧めてきました。何冊か買ってもらえました。

そういう経緯から、前回の「実はまだ寄付していなかった」という告白を拝読したときは正直「ええ〜〜!!」という印象を受けました。

私も社会人として働いており、世間のイメージとかけ離れた薄給過酷労働の中にいますので、扶養家族がいる状態で生活を切り詰めてまで寄付をするということはあり得ないと思います。
しかし上記のごとく、作者の意図、発言を元に購入を勧めた者として、勧めた理由の一部が嘘であった事は少なからず自分の信用にも関わって来るため、大変ショックでした。

教祖はもう書かれていますので十分ご承知のことと思います。しかし、「編集部から原稿料として支払われた、労働に対する対価」を「寄付をします」と仰っておられたことが実際には、生活に困って個人的に流用していた、という事実に対して、それをカスだのクズだのという人が出て来たのだと思います。

自分の稼いだお金を「寄付する」と約束したけれども、できなかった。その通りですが、やはり引っかかっちゃう人もいて当然かと思います。ネットって妙に正義感強い人も少なくありませんよね。しかし最後の2行は、義憤を関しているネット正義漢の神経を逆撫でしないか心配に感じます。

個人的には、数百万の収入にちょっと浮かれて筆が滑った、という感じにも受け止めていますが、ちょっとマズかったかな、という感じに思います。
オールナイトライブ以来の愛読者としては、今回の事で教祖を見限ることはありませんが、出来るだけ早々の約束履行と事態収束を望みます。

コミック購入者はコミックの指定ページ(検印省略のページとか、表紙以外のネットで拾えないページ)を教祖にメールすることでサイン色紙プレゼント、でいかが。実際のコミック送付でサインの上返送とか。最大2000回のサイン(と書籍小包送付代)で事態の収束を図る。

再炎上するかしら。

すみません最大2万回のサイン、ですね。ちょっと無理目な数字でした。

あんたっちゃぶるしか読んだ事がない古いファンですが、この度の騒動で周りが騒いでましたので、気になってお邪魔しました。

個人的には、別にいいと思います。問題なんかないと思います。

騒いでるのは、鈴木みそさんの漫画を一度も読んだ事がないただのネットイナゴではないでしょうか。
彼等、叩けるなら何でもいいんですよ。
記事からリンクの張られてるまとめブログも、某掲示板の好意的なレスは意図的に削除して載せてますよ(レス番抜けてますよね?)。
管理人の印象操作です。

気にせずいつもの鈴木みそでいてください。
陰ながら応援しています。

僕と日本が震えた日 半額セールにかいましたよ!
私にとっては2冊目の電子書籍でした。
(一冊目はエガリテ)
Webで既に全て読んでましたが、
教祖の本はコンプしないといけませんから^^;
 この本はすばらしいです。
イデオロギー的ゴリゴリ反原発の批判渦巻く過中に
非常に冷静に事実を押さえなおかつ面白い話にまとめています。
こんなのが出来るのは教祖ぐらいのものです!
この本を書き上げただけで充分貢献できていますヨ。
 今回の多少のやりくりも全く問題と私は思います。
その代わりといっちゃ何ですが、、
もっと教祖の漫画を読ませてください。デヘヘヘ

私は、(信者なので)教祖の労働の対価としてお金を払っております。
なので、私が支払った分(本+Kindle)については、どのように使おうと、教祖の勝手です。
ご自由にお使いください。
そうではなく、「東北に寄付するためだけにこの本を買ったのだ」という人は、教祖の言うとおり、支払いがおくれたことに対して、文句を言う権利はあるかもしれませんね。(始めから寄付をせずに、本を買うという手間をかけたのは何故か、という疑問は残りますが。)
ちなみに、以前書き込んだ、「教室にこの本を置く」計画は、今年度は小学校低学年の担任となったので、頓挫しています。
来年度こそは、と思っていますが、どうなることやら・・・。

腰の低い教祖は、先月で見納めになると思っていたのに、まさかこのような事態になってしまうとは。ハードコアな(?)信者としては当然、教祖の擁護に回りたい気持ちですが、キチンと謝罪された訳ですしアト数日で非難も静まると思いますが。
ああそれにしても、こういう時にぜんぜん知名度が無い自分の立場というのがうらめしい!

みなさん、たくさんのご意見ありがとうございました。
言いたいことはエントリーで書いているので、これ以上この問題について、自分からコメントすることはありません。

自身の生活費から多額の援助をした上に、

こんな丁寧な説明まで・・

確かに寄付するとは言っていましたが、

時期の記載は無かったので、

余裕あるときでいいんじゃないでしょうか?

最後の2行は抜群です!!

こんなニュースまとめる暇あれば、バイトでもして

被災地に送ればいいんですよ、他人の善意で足を引っ張る

輩が多すぎ!

頑張ってください!!

「その正義感を東北復興のためのボランティアなど社会貢献に活かしていただけたらと思います」
これは皮肉というか、揶揄を意図した表現ですよね。
記事を書いた方は、「自分は寄付をしたから震災をネタにして他人を揶揄する資格がある」とお考えなのでしょうか。
なんだかとても違和感を感じました。

>記事を書いた方は、「自分は寄付をしたから震災をネタにして他人を揶揄する資格がある」とお考えなのでしょうか。

いいえ。資格があるなどとは思っていませんよ。社会貢献はしたいひとがすればいいだけのことですからね。

コメントする

この記事について

このページは、教祖が2013年2月24日 14:04に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「漫画家が売れるということ」です。

次の記事は「スケジュールぱつんぱつん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.5.0