2014年2月アーカイブ

ご長寿治療院

| コメント(0)
治療院に通って腰をマッサージしてもらっている。
大変に気持ちがいい。
保険がちょっとだけきくが、保険外診療が長いので、毎回5000円弱。毎週1回から2回行くとかなりの出費になる。
スポーツジムが近くに出来たので、10年ぶりにマシントレーニングを再開するか。と思っていたが、忙しいので通えなくて無駄になるかなーと、毎月8千円の出費に二の足を踏んでいたのだが、筋肉で腰をガードしていれば故障しなかったと思われ、今何万円も使っていることを考えたら、安い投資に思える。
直ったらジム行こう。(温泉と同じで喉元を過ぎると忘れてしまうのだろうけど)

この治療院、元コンビニだったのでそこそこの広さがある。フロアを2つに分けて、半分を老人医療に使っているらしい。隣のフロアからいつもお姉さんの声優のような掛け声が聞こえてくる。
「はい、それではボールを握ってくださーい。いーち、にぃー、さーん、...」
「足をあげますよー、右足からー、いーち。にぃー。さーん、...」
自分がマッサージされている間、ずっとクラシック音楽とお姉さんのカウントが流れている。

運動だけではなく、頭を使う遊びもするらしい。
「はい、では、田中さん、5文字の言葉を何か言ってみてください」
それを使ってゲームでもするのだろう。
かなり年配のおじいさんの声がする。
「ば・か・や・ろ・う」
「ば・か・や・ろ・う。はい...5文字でいいんですけど...、えーと他の言葉はなにかありますかー?」
ちょっと間をおいてからまた爺さんの声が。
「南無阿弥陀」
「はい...。な・む・あ・み・だ。えーと、な・む・あ・み・だ ぶ つ。で7文字だからちょっとダメかなー」
くっくっくっ。背中を押されながら震えてるオレ。
昔ご長寿クイズというすごいコーナーがあったことを思い出した。
お姉さん困って、「あ、じゃあね、名詞にしましょう。名詞5文字」と言ってから、特に面白いことを言わなくなってしまった田中さん。
実に残念。なむあみだ、でゲームして欲しかったのに。どんなゲームだ。

腰がいててて

| コメント(0)
最初の大雪の日、元気よく雪をかきました。
雪の象なんて作っちゃって、大雪楽しいなあ。と走り回った次の日。

動けなくなってました。
ああ、子供じゃねえんだから、腰とか気にしないといけなかった。
3時間くらいせっせと(2度もやった)シャベルで雪をかいたおかげで、次の日の家の前の道路は綺麗なものでしたが、他の何もしなかった道も凍結もせず3日もしたら見分けはほとんどつかないくらいに溶けました。

なのに腰は悪いまま。人は簡単に治らないんです。3日不便を我慢すればいいだけだったら、雪など放っておけばよかった。
2度めの雪は、放っておいたら、ヨメが雪かきで転んで背中をしこたま打ちました。だからやめておけって言ったのに。

1週間して、全然治る気配がないので、治療院に行ってみた。
「ああ、これは元々腰や肩がよくないですね」
去年の年末からずっと忙しかったつけが、腰に来ていて、雪かきは単なる引き金だったんですね。
ゴリゴリ押されたら、すごいねアレ。逆に動けなくなるほど症状が悪化したのかと思ったら、次の日にはウソのように腰が軽い。
ストレッチなんてして、半分以上回復した感じ。さらに3日後にガンガン押されても、前回ほど痛くない。
「すごい回復力ですね。もうほとんどいいじゃないですか」
んふふふ。これはジョギング再開も近いな。
と甘く見たのがいけなかった。

阿佐ヶ谷のイベントに遅刻しそうだったので、病み上がりの腰で自転車で全力疾走30分。道に迷ってゼイゼイして、現地についたら腰がじわじわ痛い。あれ? やばい? 酒のんでまた自転車で帰宅。
翌日。
体が動かない。
あああ、壊した。前回よりひどい。
子供じゃねえっつってんのに(笑)
また治療のやり直しだ。もう2週間ジョギングしてないから体重も増えてきた。走らないとすぐ太るんだオレ。
それより、椅子に長いこと座っていられないんですけど。これ締め切り大丈夫だろうか。
無理するとまた壊すし。
ああもう健康が一番だ。くそー。
kindle7.png「Kindle日替わりセール」というのがあります。
Amazonがおすすめする本が、一日だけ半額になるあれです。
教祖も値段半額、とか99円など、値引きセールはよくやりますが、今回の半額セールは、「Amazonのおすすめ」なのがポイント。何が違うのかと言うと、Kindleストアの一番いい場所に貼られることです。
本屋で言えば、レジの横。一番目につく場所に「199円! 今日だけ」と置かれるのですよ。
以前「僕と日本が震えた日」のセールをしてもらった時、驚いたんですが、1日で1500冊だったかな。そのくらい売れます。もんのすごい爆発力です。
「ナナのリテラシー1」は、ネットの評判はすごくいいんだけれど、セールスに結びついてない本です。
自分としては渾身の作品で、あっという間に重版出来! と想像していたのに、フタを開けてみたら、紙の本は半分しか売れず、このままだと連載続行は難しく、単行本2,3冊で打ち切りが見えてきてしまいました。
紙の本が売れないと、連載が続かない。
これは重要な問題です。
かと言って電子版が売れている。というわけでもないので、電子を出すことで紙の販売を食ってしまった、わけじゃない。全体に売れてない(笑)いたたた。
そういうわけで、この日替わりセールでドカンと行って、紙のセールスに結びつけばいいなあ。と願っている次第です。
昨日の夜の12時から始まったこのセール、今夜まで24時間限定です。
今見たら半日で1000部売ってます。すげえ(笑)
まだ持っていない人は、この機会にどうぞ。
「紙の本が欲しい」という人はこちらから。※ここ大事なところ(笑)

ーーーーここから追記ーーーーー
セール終了しました。
どれくらい売れたでしょうか。
びっくり!
3000冊超えました。
ひやぁ、1日でそんなに売れるんだ、今までぼちぼちしか動いてない本が。サイン会やったってそんなに売れないわ。
注目はされていたということなのかなあ。
内容には自信を持ってますけどね(笑)
売れる売れないは、もうしょうがないから。
大事なのは通常価格にもどったこれからですよ。
頑張ります。ゲーム編もバリバリ描かねば。ねばねば。

オススメ本

| コメント(3)
ちょうどニセウルトラマン風イラストを昔描いたのを、一つ前のエントリーで出しましたが、懐かしい変身ヒーロー漫画が今Kindleで話題になってます。
「まりかセヴン」

これが面白い。
巨大化して宇宙人と戦う女子高生。というと、パンチラやら触手やらセクシーなシーンがたくさんあるんだろうと思って読んでみると、あるんだけど、全然エッチじゃない(笑)
なんだろうこの清々しい印象は。そのまま科学解説漫画として使えそうなイメージですよ。ギャグも面白い。
これは鈴木みそブログを見に来ている人にはぐっさり刺さる漫画だと思いました。おっさんホイホイの仲間ですね。Kindleランキングの上位独占するわけだ。やっぱりKindleStoreを支えているのはおっさんですね。


「嫌われる勇気」

<漫画じゃないんですが、非常に面白かったので、オススメします。
アドラー心理学を非常にわかりやすく、読みやすく、そして面白く教えてくれるすごい本。
トラウマなど存在しない。
いきなりええ?っと思います。
若者と老師の会話で進んでいくんですが、深い。
今まで自分が信じていた常識が、ガラガラと崩れますよ。いやびっくり。
特に人間関係に疲れている人、自分に自信が持てないと悩んでいる人は読むといいです。楽になると思う。
教祖は7割くらいは「うんうん」と思うくらいで、考え方似ているかもしれない。と思って読みました。(元々友達少ないし)
残りの社会的な部分を飲み込めるのかどうかはわからないですが。
「てんまでとどけ」を予約購入してくれたみなさん、おまたせしました。
「完全版」ダウンロードのお知らせです。

もうすぐ正式にメールが届くと思いますが、下のようなリリースが出ました。
さっそく教祖も(自分でも1冊買っているので)ダウンロードしてみたら、おおおお、そうだこんなエピソードもあったっけ! と頭っから懐かしさで一杯です。
mac.png
ありがとう編集の小平さん。
ありがとう編集長の小林さん。ありがとう関係者の皆様方。
お金にならないのに本当すいません。

一番届けたかった読者のみなさんに送ります。
これはいい本です(自信満々)

【『Xてんまでとどけ アイゾー版』ご購入の皆様へ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『Xてんまでとどけ アイゾー版』電子書籍(EPUB版)が、
単行本未収録のエピソードをすべて入れた完全版にアップデート!
本日より配信開始です。マイページにて再ダウンロードができます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このたびは『Xてんまでとどけ アイゾー版』をご購入いただき、
ありがとうございます。

『Xてんまでとどけ アイゾー版』は、Mac Fanに掲載された約11年分の
連載から、厳選されたエピソードをまとめて単行本化いたしました。

ですが、
「エピソードをすべて収録したい!」という鈴木みそ先生からのリクエストと
「エピソードをすべて読みたい!」ファンの方のご要望を受けまして、
電子書籍(EPUB版)をすべてのエピソードを含めた完全版として
アップデートすることにいたしました。

アップデートした電子書籍は、「マイナビブックス」マイページより
再ダウンロードしていただくことでお読みいただけます。

ぜひ、お楽しみください!

--------------------------------------------------------------------
■完全版のダウンロード方法
--------------------------------------------------------------------
(1)マイナビブックスにログイン
ログインURL https://book.mynavi.jp/login/?Retrun_URL=/

(2)上部の「マイページ」をクリック

(3)マイページの「注文商品履歴一覧」に表示されている
『Xてんまでとどけ アイゾー版』電子書籍版の右横ダウンロードボタン
より再ダウンロード
--------------------------------------------------------------------

また、電子書籍版のご利用方法については、お使いの端末によって
異なりますので、下記URLの「EPUBを読むには」をご確認ください。
https://book.mynavi.jp/about_ebk/

本件について、ご不明な点などありましたら、
お問い合わせフォームもしくはメールにてご連絡ください。

●お問い合わせフォーム
https://book.mynavi.jp/inquiry_list/

●メールでのお問い合わせ
eshop@mynavi.jp


今後ともマイナビの商品ならびに「マイナビブックス」を
ご愛顧いただきますようよろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社マイナビ【マイナビブックス】
http://book.mynavi.jp/
「Xてんまでとどけ」アイゾー版を予約して買ってくれた人にお知らせです。

「てんまでとどけ」は、紙の本を予約すると電子版もおまけでついてくる。というのが最大の売りでした。
この本は雑誌マックファンに掲載された漫画が全て載っているのではなく、一部古くなってしまったものなどを外して再構成したものです。単行本化の時はよくあることです。
電子のおまけも同じ内容になっています。

それに対して、単品で販売する電子版「てんまでとどけ」は、カットのない完全版にするのはどうだろう。という思いつきを言ってみたら、そういう方向で話が進みました。
(現在Kindle、iBook、kobo、その他電子書店で売っているデータが、全て完全版になっているのかどうか、作者の自分もわかっていません)

ただ、よく考えてみると、せっかく事前予約で買ってくれた、もっとも濃いファンに、もう一度買えとばかりにバージョン違いの電子版を提示するのはいかがなものだろうか。普通電子版をつける。というなら完全版をつけるべきじゃないのか。というもやもやが残りました。

(この完全版を作るのは実は相当めんどくさくて大変だったらしいですが)本を予約して買ってくれた人に、完全版をDLできるようにならないか。ということを先月からマックファン小林編集長に申し入れていました。

「わかりました。やりましょう」
すばらしい返事がもどってきました。
小林さんが内部で調整していただいた結果、電子は完全版に置き換えることになりました。
電子書店のデータと違い、DRMが入っていないDL版は、メールアドレスを電子透かしにして作る必要があるので、手間がかかります。
今すぐではありませんが、ダウンロードできるようになったら、またここでお知らせします。
とりあえず、その報告まで。
「ナナのリテラシー」Kindle版も順調に売れてます。
発売当初の1月後半は、KADOKAWAセールがあって、売れても売れても300位に入れない。という状態でしたが、70%オフが終わって落ちついたおかげでジリジリ順位を上げて、今31位まで上がってきました。
去年だったらコミック部門ダントツで1位が取れてる数字なので、Kindleのコミックも相当売れるようになって、簡単にランクインすることができなくなってます。ベストテンに届くかなー。(リンク左が電子版、右が紙版)

確定申告の時期が近づいてきたので、去年のKindleのあがりを計算してみました。
Amazonは支払調書を発行してくれないので、銀行振り込みを手で計算したものと、KDPレポートで毎月の売上を足したものを突き合わせました。(レポートは12月末日までのデータですが、振込は2ヶ月遅れるので、数字と振込の値段は微妙に違います)
怖いのは、Amazonの振込は源泉徴収されていないということです。

アメリカの税金を避けるために面倒な書類を出してクリアしたけれど、日本での課税はこれから。ということをすっかり忘れていました。
普通の日本の振込は10%が天引きされて送られてくるので、申告することで、払い過ぎた税金が戻ってくるしくみなのですが、源泉徴収されていないAmazonの場合は、ここから税金を支払わないといけないということですね。
どっかんとやってきます。すでに怯えてます。
やべえ。

で、どのくらい売れたのか。
さあ、何も隠すものはないので発表しましょう。
ギリギリ温泉1 21,410部 

2万部超えました。すばらしい。
1冊100円、料率35%なので金額はあまりいきません。
  793,448円
80万円弱。2万部でそれくらいですね、
部数に35%をかけると749350円のはずですが、5万円近い誤差はなにか、というと、多分貸出分ではないかと思います。
Kindleは月に1冊ただで本を読むことができるサービスがありますが、読者はただでも、作者に一定の金額が支払われます。それは売れるのとほとんど同じくらいの金額になるので、あのサービス悪くないですよ。

ギリギリ温泉2    10,157部 
   2,303,902円
2巻は半分くらいの人が継続してくれました。金額が230万円と跳ね上がります。本が400円になったことと、印税率が70%に上がったことが大きいですね。

ギリギリ温泉3    8,097部 
   2,114,839円
2巻→3巻の販売数はあまり落ちません。
それと去年の8月くらいから、通信量1MBに対して作者が1円支払う、というしくみが国内では廃止されました。大きな漫画ファイルは30MBほどあって、30円が通信料金として抜かれていたのですが、今は400円の代金の70%、280円がそのまま作者に支払われます。
これの廃止は実は大きいです。Amazonえらい。
そういうことを大きな声で言わないんですが、細かい改良はたくさんされてます。

ギリギリ温泉4    8,014部 
   2,073,344円
3巻→4巻は非常に多くの継続率で、3巻まで買ってくれた人は最後まで読んでくれるんだなあ、と嬉しくなります。
全4巻、全5巻くらいが買いやすいのかな。と思ったりしてます。

アジアを喰う    2,101部
   685,174円
この本は、唯一出版社に印税の一部をバックする。という契約で出しました。
印税は30%。Amazonから払われた685174円の30%を鈴木みそから双葉社に支払います。
これ、面倒なのは、消費税をどうするのか。ということです。
Amazonが最初から複数の著作権者に分割して払ってくれればいいのですが、KDPは一人に対してしか支払ってくれません。
しかたなく、消費税、支払い手数料はこちらが負担しました。
作者、出版社が半分ずつわける。という契約をした場合、Amazonの支払対象になった方が消費税を負担することになるので、そのあたり契約をつめておいたほうがいいと思いました。細かい話ですが。

マスゴミ 1,689部
 440,496円
Kindle連載で話題になった「マスゴミ」2000に届いてません。
面白いと思うんだけどなあ(笑)
これはKDPのレポートではなく「ベンダーセントラル」で部数をチェックできます。これ見やすくていいんですよ。全部これになってくれると毎月の売上とかエクセルで打ち出さなくてもいいのに。

僕と日本が震えた日 6,812部
 1,560,762円
何度か安売りをしたりして値段を変えたので、150万ほどの売上ですが、7000部弱はよく売れている本です。
この売上の一部を寄付することは何度も書いていますが、一昨年41万円(赤十字)。去年50万円(東大)、今年も50万円ほどの寄付をする予定です。無理をしない範囲で長くコツコツ続けていきたいです。一部フィリピンの台風被害にも行ってます。

エガリテ 412部
 33,600円

Proper Ways to Detect and Measure the Amount of Radiation
14部
 490円
と、いうことで、トータルでどうなったかというと。
じゃーん。


58,706部  
10,006,057円

行きました。1千万円!
みなさんありがとうございます。
大台乗りました! いやあ、すげえ。
「ナナのリテラシー」で描いた通り、しょぼい漫画家なので、こんなに売れたことないです、ホント(笑)

で、今年はどうなのか。
電子はどれくらいいくのか。

毎月30万円くらいコンスタントに売れているんですよ。
いつまで続くのかはわからないんで、まったく安心はできないんですが、新しいユーザーが電子に流れ込んで来るんじゃないかというのがプラスの部分。たくさんの作品が電子化されて、出版社がセールを繰り返すことで、個人の作家が目立たなくなって売れなくなるのではないか。というのがマイナス部分。差し引きでちょっとプラスかなと。
今年は3分の1から半分くらい、300万から500万円くらいは電子でいけるんじゃないかとみてます。
新作も出していくしね。
引き続きよろしく見守っていてください。

あ、そうだ。
「てんまでとどけ」について大事な発表があります。次の日記をお楽しみに!
--
追記(2月9日)
いろんなサイトに貼られたり、2ちゃんにスレッドが立ったり、数字がひとり歩きしてます。
ここのブログまで飛ばずに、数字だけ貼った記事にコメントをみんなつけているので、めちゃくちゃ(笑)
大きな勘違いは、「1,000万円のうちここからアマゾンに3割取られる」と言っている人が多いこと。
これはすでに売上からアマゾンの取り分を抜いた「純利」です。

この1,000万円が鈴木みその収入のすべて。だと思っている人も多いですが、これはアマゾンで売った電子書籍の売上のみです。

というようなことをここで書いても、ソースにあたる人はほとんどいないだろうと思うので、しょうがないんですけどね(笑)
「鈴木みそ程度でこんなに売れるのか」
という意見はまったくその通りだと思うので、他の漫画家のみなさんもはじめましょう。

電子書籍の挑戦を漫画で描いた新作(ナナのリテラシー)試し読みはこちら!

このアーカイブについて

このページには、2014年2月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年1月です。

次のアーカイブは2014年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.5.0