2013年10月アーカイブ

今日から...、あ! もう火曜日になってるから昨日から、鈴木みそのラジオ「マイ・フェイバリット」が始まりましたー。
そろそろかな。と思ってたけど締め切りで忘れていたら、Twitterで何人かがメールやメンションをくれました。
@MisoSuzuki ラジオ聴きました。初めて声を聴きました。MACFANを買ってて【Xまでとどけ】を楽しん読んでます。単行本化希望!!!」

「@MisoSuzuki HBC北海道放送で拝聴いたしました。びっくり。」

エゴサーチしてみると、気づいてツイートしてる人がかなりいます。
「うお!鈴木みそがラジオでとるwww」

「今届いた妻からのメール「鈴木みそがAMラジオでパーソナリティしてる〜!」
夫婦でファンというのもレアですw

BSNラジオ聞いてたら鈴木みそが出てきたw
しかもこれから二週間漫画家の内情をトークするらしい
どんなチョイスだよ」

「帰りの車でラジオ聞いたら鈴木みそさんの番組だった!声が若い!!」

とまあ、みなさんびっくりしてます。北海道から九州まで、広い範囲で流れてるようです。
教祖の出身地静岡ではどうか。
静岡のTBS系列はSBSという局で、番組表を見てみるとありました。
6時10分から「マイ・フェイバリット」
月曜から金曜まで、2週間にわたって放送しますので、お楽しみに。

ところでこれ、東京の人は聞けないんですけど、ラジコとかのアプリ使ったら聞けるの? そのあたり詳しい人はコメントで教えてください。んでは。


タイから戻ってきました。という報告は昨日ツイッターでしましたが、今日は朝からネームの打合せ、アマゾンの発表会、別件の打ち合わせ。と1週間遊んでいたツケが回ってきていて台風どころじゃありません。

今日10月25日で、キンドルが日本上陸して丸1年が経ったそうです。
そのおかげで今年の教祖がいるわけですが、キンドルが来てなかったらどうなっていたんでしょう。
もう東京を脱出していたかもしれない。
タイからお送りしてまーす。(あまり変わらないじゃんw)

その発表会ですが、これはゲットナビのおひろめの取材で行ったわけです。ところがびっくり。
自分の作品がこんなに大きく扱われているとは思わなかった。
キンドルは今日から「キンドル連載」という新企画を始めるんですが、教祖もその中で一発なんかやらない? と声をかけられていたので、前からKDPで出そうと思っていた「マスゴミ」を出させてもらうことにしました。
キンドルによる週刊連載。
1話、2話...、と毎週続きが更新されて、雑誌のように連載が読める。最後に全部のデータがダウンロードされたら、普通にキンドルに並ぶ1冊の単行本になるというしくみ。
さすがに毎週新作を書き下ろすのは無理なので、以前別冊プレイボーイで連載してた作品をここに出してみたわけです。(編集部には快諾を得ました。感謝です)

全部で18作品しかない中で、漫画は6本。5本。
そんなに絞り込んでいるんだ。というのにびっくり。プレゼンしている友田部長も、取材席に鈴木みそがいるのをみつけてびっくり。
みそさん来てたんですか?
いやあ、取材で(笑)

その場で別の記者たちから取材されることになりました。このタイトルがよかったのかな(笑)
380円で買うと、今日は1話だけですが、毎週続きがダウンロードされていきます。が、まだデータを2話までしか作ってません。
ドキドキですが、原稿が間に合わないと「読者に返金」するしくみなので、安心してお買い求めください。
作者にはおそらくペナルティとともに違約金がやってきますから、遅れることはできません。

そういえば、最近のライターは原稿遅い人いないんですって。
みんな締切前にどんどんあげてくる。そういう世界になっているらしい。
原稿遅い人は「古い」人なんだそうです。
うわーー、すげえ。と思ったんだけど、漫画の世界もそうなっていくのかもしれないですね。
原稿遅い人は古い人。「古い」ってかなりぐさっと来ますよ。
しかも締切に遅れるとペナルティ。原稿料は下がっていき、下手すると赤が出る。おお恐ろしや!
そんな感じなので、「マスゴミ」をひとつよろしくね。

ここから追記
という日記をあげてみたところ、「締切に間に合わなかったら払い戻しに違約金!」
「漫画家に厳しいAmazon!」
「締切破りは市中引き回しの上うち首獄門!」
「自宅を晒してプチ炎上の刑!」
などと話題になり、特に同業者から強い反応がありました。
すいません。そこまで厳しくはありません(笑)
Amazonが言っているのは、
「連載が何らかの理由で(作者が連載途中で亡くなってしまったりして)途中で終わってしまった時は、読者に料金を払い戻す。
ということです。1週2週遅れたらすぐに払い戻しがあるわけではありません。
違約金は「あるかもしれない。たぶんあるんじゃないかな」というみその想像です。 
多少盛っております。
大袈裟な表現であったことをお詫びして訂正します。

タイ移住計画序章

| コメント(0)
今朝まで必死で仕事して、なんとか締め切りギリギリのものはクリアして、あとはちょっと余裕のある(でもかなり切羽つまってはいます)ものだけになりました。
明日から1週間、タイランドに羽根を伸ばしに行ってきます。
ウィークリーマンションのようなところです。半年とか1年単位で住んだらどうだろう。という様子見もあって、ホテルじゃなくサービスアパートメントですが、写真を見る限りびっくりするくらい豪華。これで夫婦で一泊一人4千円くらいで泊まれるというから凄い。

1年のうち半分くらいあっちで仕事したいなあ、という野望を持っているので、取材をまとめてやったらどういうスケジュールが可能か。年間何度往復するのか。などなど考えることはたくさんあります。
通信は相当発達しているようなのでそこは安心。
空港でSIMを2枚買って、SIMフリーのNexus7とWi-Fiルーターに入れてヨメに渡せば、LINEでどこでも連絡が付くはず。原稿はアパートの無線LANでさくっと...いけばいいんだけどね(笑)
原稿描けるかな、あの南国で。

そうなんですね、一番やばいのはあの空気ですよ。
働かない空気。
一時日本のゲームメーカーが開発陣を全部ハワイにしたことがありましたね。夕方からはサーフィン。夜は早くからビール。そんな夢の様な話でしたが、作品がなかなか出来なくてやめてしまった。と聞きました。関係者がいたら詳しい話を教えてください(笑)
そりゃあね、椰子の実の下でつらい開発なんてできないですよ。
漫画家なんて北国出身者ばかりですよ。雪がしんしん積もるのを眺めながらこたつに入って描くものですよ。(暴論)

南国のタイで。
生ぬるい空気の中で。
働かない男ばっかりの中で。
ビールが美味くて、飯が安くて。
描けるのかなー。
インドネシアとか、シンガポールとか、定期的に旅行してそれをマンガに描くとか考えてるんだけどねー。ダイビング雑誌とかで連載持てないかな。旅費はいらないので。
なんて楽しそうな仕事!

おっとその前にパスポート取りに行かねば(明日なのにまだ取ってきてない)なんでもギリギリです。すまんですたい。

ラジオでドキマギ

| コメント(9)
IMG_0562.jpgラジオ収録してきましたよ。
1時にTBS(ちょっと遅刻しましたが)のスタジオに入って、録音。
音楽を1曲いれた7分の番組。話す部分は正味5分の話を10本撮りですよ。
2時間もあれば終わるのかなと思っていたのが大間違い。
素人がいきなりマイクの前に立って、スラスラと話できるはずもないので、どんな話をするか。という打合せでみっちり2時間。
この段階ですでに今日予定していたエネルギーを全部使い果たしました。
でも、ここからが本番です。

「では、録音始めますか。
『ちゃらーん』と音楽が鳴ったら話し始めてください。目の前にいる放送作家は、いるけどいない人ですから、話しかけないで、ずっと一人で話してくださいね。後から編集しますから自由に話してください。では行きます。」
「ちゃらーん」

「漫画家鈴木みしょのおおくりする...」


「はい。やりなおしましょう」
「そんなに慌てて話さなくてもいいですから」

すいません。鈴木みそって言いにくいんですね。始めて知りました。鈴木みそ鈴木みそ鈴木みそ鈴木みそのおおくりする...。おっけです。頑張ります」

生放送じゃないですから大丈夫です。では行きましょう。ちゃらーん」

鈴木みしょのお送りする、マイ...あ、ごめんなさい」


大丈夫ですよ。落ちついて。ゆっくり話すといいですから。あと声がちょっとこもるので、上を見て話すようにしてくださいね」
「ちゃらーん」

「漫画家、鈴木みそのおおくりするマイ...
あれ? なんでしたっけ。あ、(目の前の放送作家の出すカンペを見て)マイ・フェイバリット」

「やり直しましょう」

万事こういう感じ。
緊張はあまりしてなかったんですが、下にカンペがあって、話すべき内容があって、時計がコツコツと動いている。
うおお。これは新しいプレッシャーですよ。
漫画家の世界を話すときに、この先生はこんなエピソードが。と頭に浮かぶのに、先生の名前が出てこない。一瞬詰まってしまうとリズムが崩れてしまう。別の話につなぐために「えーと」という言葉をたくさん挟んでしまう。ああ、もっと自分の頭が切れればいいのに、このぼんやりした脳みそは何だくっそー。と10秒毎に頭の中の小人が叫びます。
「大丈夫。編集で取りますから」

ネタは面白いと思うんだけど、それを話すオレがバタバタして面白さを伝えきれない。
「うん。じゃあもう一回撮り直しましょう。頭からいきます」

申し訳なくなる午後4時。まだ一本も撮れてない。これ今日中に終わるんだろうか。スタジオは何時まで押さえているのか。
漫画家はおとなしく絵を書いていればよかったんじゃないか。ラジオで話すなんて10年早かったんじゃないか。という反省が頭を駆け巡る。こだまでしょうか。
でもここまできたらやらねばならない。

「漫画家、鈴木みそのお送りする、マイ・フェイバリット。今日から2週間にわたって、漫画界のディープな話やIT関係、ゲーム業界の話をしていこうと思います」

「はいオッケーです」ではそのまま1本目行きます。目の前のライトがついたら話してください」

頭の10秒を撮るだけで400メートル走を4,5本やった感じ。どういうエネルギーの消費だ。
話し始めると、5分なんてあっと言う前で、これから本題に入ろうかというところで時間ですよ。うお、次はもっと情報をみっちり入れて。
とか思うと、口調がドンドン早口になって滑舌が悪くなってかみかみ。
えーとどこからやり直しますか。
「じゃ、頭からもう一回撮り直しましょう」

背中に汗がたらーっと流れました。これは終わらないかもしれない。
本来はこんなところにいてはいけない人間が、自分の名前すら、かまないで言えないおっさんが、なんでラジオのパーソナリティなんてやっているのか。
声のテンションも下がってきている。
テレビ番組に普通に出てる漫画家ってすげえな。
ラジオ番組をレギュラーで持ってる和田ラヂヲさんやオールナイトニッポンの久保ミツロウさんはすげえわ。
テレビで普通に話してるヤマザキマリさんやひうらさとるさんはどんな心臓だ!
ええい!
腹を据えた。
今更逃げることはできない。
突然天才的にうまくいくことなんてない。オレはオレの能力以上はできない。
ダメならダメでしょうがねえ。と開き直るしかねえわ。

「はい。鈴木みそです。漫画家やってますが、ぼちぼちというところです。漫画家って商売はピンからキリまでありまして、ピンってのは凄いです。2009年に本を出した漫画家は5300人いるそうですが、その売れているTop100人の平均年収は7000万円なんだそうです。
ところが、残りの5200人の平均は290万円。
同じ漫画家と言っても全然違うわけですが、自分はどのへんにいるのかなー(笑)と考えますと、1000人くらいまでには入ってるかなーという微妙なポジションですね」

「吉祥寺には漫画家がたくさん住んでいるんですが、いしかわじゅん先生は仲良くさせてもらってます。
前にいしかわさんが街でオレをみかけて声をかけたんだそうですよ。遠くにいたんで大声で「みそーーー!」
でもオレは気が付かなかったんですね。
いいオヤジがいきなり町中で「みそー!」と叫んだらみんな振り向きますよ。
みそを買い忘れたのを思い出したのか。
「みそが返事しないから恥をかいたじゃないか」と後で怒られましたけど。
そういう珍しい名前です」

いったんリズムにのったらするすると収録は進み、7時過ぎには終わりました。
プロデューサーは10時は回ると覚悟していたそうですが、案外早かったね。と焼き肉しゃぶしゃぶを食べつつ言われました。
「みそさん上手になるの早いですよ! ドンドンうまくなった」

ありがとうございます。やっぱり最初はひどかったですか(笑)
自分でも途中から話すのがだんだん面白くなりました。
やり直しは最初の3本までで、その後は一発オッケー。
脳みそからなんか汁が出て興奮が続いた状態でした。
ラジオ番組を持つ。というのはとても魅力的な提案でしたが、そう簡単なことじゃねえですわ。そりゃそうだよなあ。

あ、この話マンガに描こうと思ってたのに、さわりだけブログに書こうと思ってたら、大体書いちゃったよ。
放送は10月末と11月の頭の2週間、TBS系列の地方局ラジオで放送されるそうです。何人聞いてくれるのかなー。
録音をネットで流せないかと聞いたら怒られました(笑)
地方のファンはTBSを流し続けてくださいね。7分だけ教祖が登場する、かもしれないので。
聞いてる方が緊張するラジオ「マイ・フェイバリット」漫画家鈴木みしょがお送りしました。

またかんだわ。

TBS行ってきます

| コメント(1)
こんな時間(朝6時)に漫画家の名前を書き出している。
明日じゃなくて今日、昼過ぎにTBSですよ。ラジオの収録に行ってきます。
1本7分とはいえ、10本まとめて撮るので大変です。一人でしゃべり続ける、というのはあまりやったことがないのでどうだろう。とヨメに言ったら、それは話すことを書き出していくべき。準備はしっかりしておかないと。と本田圭佑のように言われたので、それもそうだと、本番を想定しながら単語を書き出しているのであります。
人の名前覚えるの苦手なんで、全部書きだしたら、でっかいノートの見開きじゃ足りなくなった。
ページめくる余裕はないので、隙間にドンドン書く。字が小さくて読めないと何のためにやってるのかわからなくなりますな。

とある新企画のために、旧作品を電子化している。
ってこれだけじゃ何が何だかわからないね。今月末には発表されるのでお待ちください。
ついこの前描いたと思ってたマンガが、保存日を見たら丸4年経っていたことがわかった。うひゃー。そんな前だったのかー。

先週忙しかったのは、九州行きとカラー13ページの締め切りが重なったせい。そのマンガは明日発売だと思う。本当電子雑誌は速い。
KATANA11月号。Amazon編後篇が載ります。最後飛行機の中で色をつけた作品です。
飛行機って新幹線より揺れないから仕事できるね。すぐに着いちゃうのが難だけど。

しんどいと言えば、コミックビームでやっている「ナナのリテラシー」本日(正しくは昨日)発売されました。漫画家と編集者のトラブルは、エージェントになることで解決を目指したらどうか。という提案を描いてみました。なんだかんだで5話。あと3回描くと単行本になるな。
1話目だけ公開してます→「ナナのリテラシー」

今週末にはタイ旅行が控えていて、スケジュールびっしり状態でお送りしております。そんな時の方が乗って仕事ができたりするので、倒れるまでガンガン回します。倒れたといえば羽海野チカ先生が退院されたそうで、おめでとうございました。
漫画家は激務だから、健康を維持するのはとても大変です。オレも気をつけないと、とかいいながらこんな時間まで起きてちゃいかんですな。も寝る。9時には起きよう。ではでは。

終わらないけど飛ぶ

| コメント(0)
あと12時間後には羽田にいるというのに、
仕事終わってません。
パソコン持っていきます。
MacBookAirにWindows7が入ってるから、もう重たいWindowsマシンをもたなくてもMac一台でいいんでーす。などと思っているから上がらないのだ。ここで入れないと落ちる。という状況ならあがってるわけです。
もうちいっと考えようぜオレよ。
はーい(明るく)

飛行機で色付けできるかな。最近、新幹線でペン入れしたりバスで塗ったりしたけど、揺れてるところでペン入れるのは非常に疲れるんだよね。当たり前だけど。
バスは色は塗れるけどペンは無理でした。なんとか今夜中にペン入れまでもっていきたい。

昨日はこのブログが話題だった。
あの「頭の手術なのに下の毛を剃毛してしまった看護婦加藤」の日記ですよ(笑)
ものすごく面白いのに、滅多に更新しないのが残念。年に1,2回しか更新しないのにこの人気、この印象の残り方!
今回のは今までの中でも一番笑ったなあ。
軽妙な文章。抜群なネタの切れ味。
この人はこうして人を笑かせて幸せにするために、神様が彼氏いない歴を更新し続けているんじゃないですかね。

なんか台風明日朝には九州抜けてそう。
よし! うまいもん悔いにいく。悔やむな。

台風接近中

| コメント(0)
2日でカラー12ページをあげようとするのは、やっぱり厳しかった。数年前なら余裕で出来たんだが、今は無理。
歳をとったからではなく、絵が細くなってるから。毎年毎年、少しずつだけど書き込む情報が増えてるんだよねぇ。時代についていくために。
多くの漫画家が言うけれど、絵の作業量は増えてるって。
原稿料は下がってきているので時給は下がる一方です。難儀なことです。

明後日は九州なんだが、台風で飛ばないかもしれないですと。そんなこともあるのかー、せっかくの九州取材なのにな。ダメだった時のために取材をひとつ入れました。
うわ、もうダメだ眠くてうってらんない。おやすみー。
気がつくと眠ってしまう爺さんのように、更新を忘れてしまうみそブログ。そうだ日記書かなきゃ。
今週はKATANAの連載、Amazon突撃取材後篇を描く。
九州に美味しいもの食べに行く取材。
電子書籍の新企画のためのデータ作成。
「コミックいわて」マンガネーム(8Pくらい)
ラジオ用のネタ出し。
などが控えております。
うわ、スケジュールパンパンだ

先週までやっていた「限界集落(ギリギリ)温泉第二巻」99円セールですが、最終の数字が出ました。
それまで、だいたい月に20冊くらい、なので週に4,5冊くらいしか売れてなかった本が、なんと!
1499冊出ました。
さすが99円効果!
「僕と日本が震えた日」199円キャンペーンが1575冊だったので、いい勝負ですね。
これに引っ張られて「ギリギリ1巻」も1067冊売れて、2巻キャンペーンでも新しいお客さんを1000人獲得できることがわかりました。
この間著者印税が60万円くらいになりました。すごい。

キャンペーン中、毎日Kindleランキングを見てましたが、面白かったのが、六田登先生の「F」の動き。
24巻まで出てるのかな。この本が上にあがったり下がったり、毎日変動がすごい。なんだろうと思って見てみると、値段が100円になったり370円になったり、毎回値段が違う。
定期的に100円セールをしているんですが、毎日値段違うってなんなんでしょう。おかげでランキング上位にいつも顔を出して、気が付かないと370円で買ってしまうわけです。そんな戦略もあるんだなあ。

パスポートが切れていたので、その取得のために新宿都庁に行きまして、資料揃えて申し込んだ。来週末にはタイ旅行なのでかなりギリギリだったが、なんとか間に合った。
金髪の写真で申し込んだら、窓口のおばさんが「10年パスポートですけれども、金髪でよろしいですか?」と聞いてきた。
いいですよ。と笑顔で答えたが、なんだそれ。10年後もそんな髪型しているつもりですかあなた。と遠回しに言いたかったのかな?
オレくらいの年齢だと10年したら、ふさふさだった髪の毛に別れを告げる人が相当数いると思うがそういう人にも聞くのだろうか。
「10年パスポートですけれども、ふさふさでよろしいですか?」
10年後を見越して禿げた写真を用意しろと? やっぱり「金髪なんて今勢いでやってるけれど、10年続けられないなら黒く染めて写真とったらどうなのよ」という意図があったのだろう。
余計なお世話である。

その帰り道、ヨドバシをのぞいたらiPhone5sのシルバーがあったので、機種変してしまった。
やっと手に入ったiPhone5s、64GB。
速いし軽いし、クオリティには文句がない。端末としての完成度ははんばない。
でも進化は止まった感じがありますね。ワクワクしない。
ずっとどっちにしようか迷っていたギャラクシーノートがもうすぐ3になって登場する。そっちを待つのも手だったなあ。とまだうだうだと考えているのです。あのペン入力使ってみたかったのよ。

というわけで今週もふさふさ金髪で頑張ります。髪は長い友達。

このアーカイブについて

このページには、2013年10月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年9月です。

次のアーカイブは2013年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.5.0