仔鹿リナ先生(KDPプロ漫画家)

| コメント(0)
作者の仔鹿リナさんは、8月に岡田斗司夫さんとやったイベントに来ていた漫画家で、その時の打ち上げで「Kindleいいよ、やったほうがいいよ」という話をした女性の作家さんです。
かなり苦労したそうですが、紆余曲折の末見事に本をアップされました。パチパチパチ。
Facebookアカウント
本人による解説はこちら。

のりたまくんはバイクが好きなヤンキーの男の子。
ゆかりちゃんはオシャレとかわいいものが大好きな女の子。
想いあってるはずなのに、ふたりの思考はいつもかみあわず、勘違いだらけなのです。
2人の目線から交互に描いた、おバカなラブコメディ。
※この作品は2005年から2008年まで、宙出版『恋愛白書パステル』にて不定期に掲載されたものです。

コメントする

この記事について

このページは、教祖が2013年9月23日 19:05に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「白井弓子先生(KDPプロ漫画家)」です。

次の記事は「あまり増えないKDP漫画について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.5.0