2013年4月アーカイブ

キンドルストアがGWセールを始めてます。
これがすごいのなんの。
1巻のみ99円(どっかで聞いたことある戦略w)の本がなんと1409冊!
半額セールが1755冊!

これをGWいっぱいやってしまう、というんだから大変ですよ。
ちなみに「銭」1巻も99円セールに入ってます!
全然目立ちませんが、そりゃ1400冊もありゃ見つからないわ!

他の電子書店がいろいろお得なキャンペーンをやっているんですが、それを物量で蹴散らすがごとく、突き進むAmazon。
容赦ありません。99円爆撃!
で、キンドルストアの本というのは、専用端末が無くても読めます。
これを知らない人が一般人では相当数いるそうなので、まわりに広めていってください。
iPhoneでもアンドロイド端末でも読めるので、この機会に1冊買って読んでみるのはいかがですかー。
いかがですかー。と。
いっそ「KindlePaperWhite」を買ってしまうのはどうでしょう。本体7980円。
50冊のマンガを選んでも13,000円くらいなので、読み応えありますよ。
このペーパーホワイトという機種はイーインク。というもので、電源を切っても画面が消えない液晶で、画面を切り替える瞬間だけ電池を使うために、非常にバッテリーが長持ちする、画面自体が発光しないので(させることもできます)目にやさしい。という特徴があります。

1ヶ月くらいカバンに入れっぱなしで忘れていても、ちゃんと電池は残ってて、このあたり他の電子機器と違って紙の本のようです。
とここでリンクを張り付けていて、今までで3台売れましたー(笑)今日は売れるかな。GW特需で。

特需ついでにもう少し金額に余裕のある人は、カラーで見れる端末もいいですよ。
iPad、iPadmini、Nexus7、KindleFireHD、あたりが画面も大きくて非常にいいんですが、今Nexus7を買うなら、もっといいやつが出ました。
これまじオススメ。電話のついたNexus7。ほとんど同じスペックでSIMフリー、電話もつけられて、背面カメラもある。Nexus7にカメラあればなあ、と思うことが何度あったか。
値段はSIMフリーNexus7と同じ29,800円なので、すごくいいですよ。
(先週取材して来月のGetNaviに載るので詳しくはマンガで)

ここまで書いて来ましたが、「昨日教祖の本を買ったばかりでお金ねえよ!」という声が聞こえた気がしました。空耳かな。
なあに、マシンなんか後で買えばいいんで、まず99円のマンガを買っちゃうことですよ。一度買ったものはKindleでは多分消えることはないと思うので。安いやつは見つけたら買う。ハードは後から。

はいもう一度リンクをどうぞ。KindleStoreGWセール

ちょっと無慈悲でしたでしょうか。
2000円セット100名が1時間で売り切れてしまい、しまったその時間に外にいたので、忘れていた、うわあ、しまった。みたいなツイートをリアルタイムで見ておりました。
お買い上げありがとうございます。
こういうJコミの熱いツイートを見て、「教祖」なのに胸を熱くしております。
高額のものもほとんどはけて、12時間経った現在、残るのは「飲み会セット」1名、「サイン入りセット」1名だけになりました。
ファンディングの値段と数の付け方は、本当に難しくて、すぐに無くなってしまえば安すぎて、かといって高ければ売れ残ってしまう。という話です(笑)
ただ、かなりの勢いがあったので、 おとなのしくみ」電子書籍版が欲しい人が多ければ、追加分をなんとかできないか。と思ってしまいます。
クラウドファンディングは、限定商品を高額で売る。という前提なので、売り切れたからすぐ追加しましょう。という話にはならないわけですが、ちょっと赤松先生とお話してみようと思います。
普通は高額なセットから売り切れるものらしいですけどね(笑)
そこが売れ残っているのはどうでしょう(笑)
カラオケセットとか書いていたら、まだ全然売れてなかったかもしれない。TwitterとFacebookで「いっしょに飲む権利」を買ってくれた人は二人把握しました。
それはもちろん艦隊しますよ。

「久しぶりだなヤマトの諸君」
ちがう。歓待します。
飲み会セットを落札された人は、Twitterでメンションを送るか、ここにコメントつけてくださいね。

--------

1時15分、売り出しから12時間45分。
最後の「飲み会セット」が売り切れました。
ありがたい。としかいいようがありません。
去年非常にやばい状況だったのを考えると、今が夢のようです。
「完売」というのはとても気持ちのいいことですね! 重版出来! みたいな!
f:id:KenAkamatsu:20130425112738j:image
Jコミで「鈴木みそセット」が発表になりました。
詳しくはこちらを。
目玉はカラー原画、よりも「おとなのしくみ」かな。
Kindleで電子化できない理由は、まあ読めばわかるというか(笑)。
Jコミなら「作品を愛する一部の人に限定販売する」だけなので、出せますよ。ということでお話をいただきました。
全巻DRMフリーです。「あんたっちゃぶる」「おとなのしくみ」8冊セットで2000円。
ここにカラーの生原稿1話4枚をつけて、さらに白黒原画にサインをつけて、2万円。
これ、さっくり言ってますが、生原稿って普通高いです。しかもカラーのオリジナル。世界でこれっきり。4枚セット2万円は相場からすれば相当お安いはずです。オレがあまり原画の保存とかこだわってないので(笑)原画あげちゃおう、となったわけです。
これで盛り上がってくれればいいなあと。
欲しい人が多ければ値段が上がり、少なければ値段は下がるのが自然の摂理であり、本来はオレの決めることじゃないんですが、ファンディングなので、これくらいかなー。ということで赤松社長と相談して、2万円、20名限定になりました。
飲み会セットが3万円。
これは「鈴木みそとカラオケ」とする予定でしたが、カラオケは別に...。とい人も多いんじゃないか。ということで「飲み会」となりました。二次会三次会になれば歌いますよ。ええ。
お話もたっぷりしますよ。5人限定ですから。

27日土曜日の正午から入札開始です。
ビッグコミックスピリッツ 2004 年 No.18?20 , No.32 に掲載され、一部で話
題になったショートギャグマンガ。」
なのだそうです。
時代劇ギャグマンガ、というのが文字味なんですね。

250円は70%ロイヤリティで出せる最小の金額です。
これからこの値段が増えてくるのではないかと思ってます。

雲丹らぼらとり」という名前は、携帯コミック名義とのことで「蒔野靖弘」が通常のコミックの時の名前であり、ウィキペディアによれば、「牧野靖弘」や「のぎまこと」名義でも描いているようです。
荒木飛呂彦先生のアシとして「魔少年ビーティー」を手伝っていた、というからキャリアの長い人ですね。
相当な数の単行本が出ているので、本格的にKDPを始めたら、あっという間に何十冊もの本が並ぶことになるかもしれません。

「タマザウルス」という作品は4Pですが無料で公開しています。
ええー?どうやって無料で公開できたんですか? 
このやり方は知らないなあ...。
※期間限定のようでした。KDPセレクトでそういうオプションがあります。



夏芽あこ先生の、「小泉さんちの『家庭の事情』 母をたずねて編 1」

"1991年に集英社から刊行された、小泉さんちの『家庭の事情』シリーズを
生原稿から、電子書籍化しました。
母をたずねて編 1には、第一話?第三話までが収録されています。"

ということです。
ちょっと前にKDPで出ていたのですが、チェックが遅くなりました。
2巻も出ています。


Screenshot_2013-04-16-12-56-13.png
電子書店大手のイーブックジャパンの定期刊行誌「KATANA」で新連載が始まりました。
「でんしょのはなし」
表紙&巻頭カラー12ページ!(カラーという概念自体、すべてカラーページのウェブ雑誌には存在しないのですがw)
バリバリ力入ってます。
毎回、電子雑誌のあれこれを取材して描いていこう、という企画の第一回は「電子マンガサミット」
この前阿佐ヶ谷ロフトでやったあれです。
あのやりとりをマンガで。ということですが、3時間みっちり話しているので全然入りません。そりゃそうだわ。
最初6ページという話だったんだけど、さっぱり入らないので12ページまで増やしてもらいました。
ページ数という紙の本ではものすごく重要なことが、電子ではどうでもよくなるのも面白い。
版元からしたら、原稿料が増えなければ、何ページ描いてもらっても構わないわけです。
締切りも本当のギリギリまで引っ張れてしまうのもすごい。というか怖いよ(笑)
この表紙なんか、入れたの一昨日だからね。ひええ。すいません、そこにデザイナーがいて、いろんな人の時間を圧縮させてしまっているのだから、締切りは守らないとねっ!
本ちゃんの原稿なんて......。言えないくらいギリギリまで引っ張ってしまいました。担当自身が「この時間で入るんですね」と驚くほど(笑)
新聞かっというくらいですが、今回はネタが1ヶ月前のサミットだからなー。
一昨日くらいのニュースならマンガに入れて描くこともできるわけで、速報性が上がってルポ漫画としては大変に楽しいです。
サミット行きたかったけど、という人は要チェック。もちろん全部入れることは無理なので、あの場所の空気感を感じてもらえたらいいかな。というところです。

でもこのマンガよりも、その後の社長との対談(ものすごい量です)の方が面白いんですよ。
普通なら見開き2ページくらいで終わってしまう対談が、入ること入ること。週刊誌でも8ページくらいいくんじゃないか、くらいの量ですよ。
話している時はカットされるだろうなあ、と思ったことも全部入ってます。Amazon批判のところとか(俺じゃないよ)
イーブックは何を目指して、どういう電子書籍戦略をとっていくのか。ここまで社長が話してしまっていいんだろうか。というレベルの話がぽんぽん出まして、ものすごく面白い対談でした。
ぜひ読んでほしい。105円だから、気軽にダウンロードしてみてね。
懐かしい「コブラ」がカラーで入っていたりして読み応えあります。これで105円はお得すぎる。
iPhone、iPad、Androidなどのスマホ、そしてパソコンでも読めます。

あと少し

| コメント(0)
今月いっぱいでやらなきゃいけないこと。は、めどがついてきた。

○32ページネーム 完了。
◎パチンコキャライラスト完パケ。
○Mac Fan ネーム完了
◎GetNavi 完パケ
△イーブックジャパンの雑誌「カタナ」カラー12ページ現在進行中!
バリバリ進行中。まだペン入れ中。
ということを書いている時間もないのである。(あるやん)

マンガを簡単にキンドル本にする無料アプリ。出ました!
待ってました!!
「Kindle Comic Creator」頭文字を取ってKC2と呼ぶようです。
Kindle Comic Creator


Kindle Comic Creator 
今すぐダウンロード
*見開きページや2ページ表示のような読書機能を作成
*右から左へのページ順を指定
*Kindle パネルビューによるガイド付ナビゲーション
*jpg, pdf, tiff, png や ppm形式の作品をインポート
*Kindle 端末 を使って、アップロードする前にコンテンツをプレビュー

これ、ダウンロードして開くと、普通にクリックしていくだけで、簡単にmobiというデータになりまして、それをAmazonサイトにアップロードすればすぐにKindleの本が作れる。というツールです。
いままで面倒だった、タグとかhtmlとか開けて見ることもなく、するすると電子本が作れます。
(15分で出版までいけます)
ただ、その前に原稿を規定の大きさに「縮小」「圧縮」する必要はありますが、それはフォトショップを使っている人なら簡単でしょう。

普通に読むマンガを作るならそれだけで十分なんですが、このツールには新しいギミックがあります。
コマを指定して、順番にフラッシュして読ませていく。という新しい漫画が作れるんですね。
Kindleを横にした時、デフォルトだと見開き表示になるんですが、これをコマのアップにしたり、次々コマを移動していくように設定できる(らしいです、これ設定がかなり大変なのでまだやってません)

今まで「電子はめんどくさそうで」と言っていたクリエーターの先生たち。
簡単なツール来ました!
もうあとは原稿があれば、さくっと出来ます。
2000年以前に出された単行本は、作者が自由に電子書籍を出すことができます。
(出版社が電子書籍の版権を契約書に入れ始めたのは2007年頃と言われているので、正しくはそれ以前の作品)
作者が「電子で出しますよ」と言ったら止めることはできません。
すでに電子書籍として公開されているものは無理ですが、まだ電子化されていない作品を持っている人は、これを使って電子の本を出版してみるのはどうでしょう。
単行本化されていない読み切りを集めてみる。ページ数が1巻に満たなかったものを格安にしてみる、1話だけ売ってみる。などなど可能性は広がっています。
自分の本を自分で値段をつけて公開する。
すぐに何冊売れたのか見えるのも新鮮な喜びです。
既存のルートでは発売できなかった作品を届けることができ、読者はすぐにそれを読むことができます。
さあ、すばらしい読書体験を作り出しましょう。
今すぐ。

ってアップルの広告かっ。
ああ、やりますやります。といいながらいろんな仕事が後回しになってます。
申し訳ありません。
アシスタントを雇って回せばいいのかもしれないけど、何年も一人でやることに慣れちゃってるから、一から教えてながら育てていって、ということが面倒なんですよ。うーむ。

ひとつずつこなしていくよ。がんばるよ。
1,イーブックジャパンの雑誌、新連載カラー12ページ+表紙
2,月刊誌の新連載、第一回分32ページ
3,パチンコアプリ用イラスト (遅れれてすいません)
4,某雑誌の新企画 (面白いんだけど、もう受けられそうにない)
5,ゲットナビ誌の連載、2ページ
6,マックファン誌の連載、2ページ(昨日買ったiMacの話かな)

7,KDPで旧作品をアップ。(オールナイトライブなど)
8,30枚サイン、マンガ郵送

くらいかな...。7以外は今月いっぱいでやらないと。
それに新しく買った家族のiMacの調整、息子のAndroidのチェック、自分のWindowsマシンの調整など、パソコン周りの雑用も山積みだー。自分用にMacBook Proを買って、娘にAIRをあげる計画も進行中。
来月はイベントでまた喋ったりします。

カラー原稿なので、コミスタではなく「クリップスタジオ」を使ってみようと、色々いじったんだけど、こんなに時間のないときにやれるものではなかった。
暇な時って、楽しみながらツール弄れるからいいんだけど、残り時間が逼迫している時に、新しいアプリに切り替えるのは無理だね。
売れっ子の先生たちが「クリスタ」全然使えない。って言っている意味がわかった(笑)
こんなにツールの場所が違ったら、リズムが狂って仕事にならないもんなあ。ということで2時間ほどでコミスタに戻しました。
明日は朝から息子の入学式で遠くまで電車に乗って行く。片道1時間半くらいかかる学校に毎日通うのはかわいそうだが、しょうがないかサッカーのためだからな。

よし、今日は仕事したなー! 寝てもいいかなー。
あにめたまえ!天声の巫女 0.75巻
100円です。100円で0.75巻。
といっても短くはなく、相当なページ数があるようです。
ようです。というのはウェブサイトで読ませていただいたので、KDP版は確認してないのです。
1話から4話までと、5話の冒頭部分が入っているそうです(本人ウェブサイトより)
 
雑誌で連載していたものが、連載中止となり、自力でAmazonから出した。ということで、事の経緯はこちらで見られます。
作家と編集の意見が食い違って、雑誌連載が終わっても、KDPがあれば本にして読者に委ねる。ということが可能になったわけです。
それは予想された方向でありますが、実際に出ると「おお」と思うものですなあ。
描きおろしで1巻にするのに、あと何ページ必要か考えると、100円の売値では原稿料にまったく足りない(1万部売れても35万円)ので、これをきっかけに別の雑誌に移れれば、という狙いですよね?
この本がかなりの数字を出せば、2巻以降を600円とか800円にすることで、完全書き下ろしが成立するかもしれません。
すべては読者しだいですね。最も数字が気になる本なので、見守っていきたいと思います。

それはともかく、漫画家の方だけじゃなく編集者の意見も聞いてみたいと思ってしまいました。編集者もブログや編集後記で意見を書いてくれないかなあ。

このところ更新が止まっていたKDPプロ漫画家ですが、新たに1名追加されました。
鈴木フルーツ先生。
芳文社「この町のハテ」連載。集英社アオハル掲載。という実績です。
「えろげ屋のむすめさん」というタイトルもすごいけど、帯が「自分のアレ見て描け!」ですからね(笑)
これで18禁じゃないんだー。このあたりAmazonは懐が深いですね。
なお、KDP漫画家情報は、ほとんどきんどるどうでしょうさんからいただいております。
毎回ありがとうございます。


「ダイレクト文藝マガジン」の表紙も描いている、というので、それも張ってみました。
これKDPの雑誌なんですって。
代表者がいれば、個人出版であるKDPでも雑誌にすることができるんですね。知らなかった。

電子書籍で1千万円

| コメント(2)
きたー!
シティバンクを恐る恐るのぞいてみたところ、3月末日に入金がありました!
2,894,831円
間に合ったW-8BEN! ギリギリでした。先月はカードが一瞬止まりましたからねw
慌てていろんなところを切り崩して払いましたが、お父さんもうこれ以上どこにも蓄えないよ? とヨメに言われてました。
漫画家は逆さまに振って何も出てこなくなってからが勝負だ。と、とり・みき先生も言っておりましたが、最後に絞りでた汁が当たりました。そういう話かな?

しかしKDPが売れなかったら今頃何をしていたんだろう。
去年、ダンナの仕事がなくて。と近所の奥さんに話したら「え? ハローワークにいかないの? のんびりジョギングしてるのを見てるけど」と何人かに言われたそうです。のんびりしていたわけじゃないけど、はたからはそう見えますわね。
ハローワークに行ってもマンガの仕事ないしねえ。
認可前の薬を打って10日で何十万円もらえる仕事には申し込んでました。病院で寝ているだけで収入になるんで。
ネタにもなるかなーと。
健康は大事ですな。

今月の分は今まで真っ赤だった分の補填に当てまして、来月から色々支払いをしていきます。
双葉社とか、寄付とか。

さて、今月のKDP本の売れ行きはどうなっているんでしょう。
ぼちぼち売れております。
そろそろ数字を出すのが危ない領域ですが(笑)
毎週の売上が下げ止まった感じがあります。
15万円/週 くらいで安定してます。
これをどう考えるか、というところで、ツイッターのフォロワーのグラフを見てみましょう。
20130401.pngもうすぐフォロワー2万人に届きそうです。
これね、今年の1月からのグラフなんですが、その前も1年くらいずっと同じ傾きなんですよ。
リツイートが多いつぶやきをしても何もツイートしなくてもあまり変化がなく、毎日15人ずつくらい増える。
驚くほど安定している。
ツイッターを始める人が今もどんどん増えているので、その分母の影響が大きいんじゃないかと見てます。

Kindleも新しいハードを買ったり、iPhone、iPadのアプリを入れてくれる人が右上がりに増えていくことで、安定した売上グラフになるんじゃないか。と思うわけです。
Kindleで面白い作品増えてます。と紹介していくことで、ハードが売れれば結果的に自分の作品も売れていく。
さあ、作家のみなさんアマゾン始めましょう。といっているのはまあそういう目論見だからですね(笑)
「限界集落(ギリギリ)温泉第一巻」も、みんなに行き渡ったようでも、新しいお客さんがKindleに流れ込んでくれば、一定の傾きで売れてくれるんじゃないか。そうであって欲しいなあ。
それが毎週10万円くらい、月40万円くらいの安定収入になってくれれば十分です。
すると、今年の年末あたりに、1千万円に届くわけです。
わー、電子書籍で1千万円!
すごいですよ。去年なんか誰もそんなこと思わなかった。
電子で売れることで、別の仕事が入って忙しくなる。というところに来ました。
そのうちに次の作品が紙の本で出て、電子でも売れる。という循環に持って行きたいです。

紙で600円の本を5万部くらい売れても300万円くらいですが、電子で自分で出して5万部いけば、本の売値を7割にして売っても1300万円くらいになります。
電子で食べるハードルは(紙に比べて)ずっと低いです。
コンテンツホルダーは強いですよ。
電子書籍には金とドルがうまってまっせ!
作家も読者も電子にじわじわと移動してくれればいいなあ。

えーと、限界集落温泉、面白いんで読んでみてね(はーと)

このアーカイブについて

このページには、2013年4月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.5.0